2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/6/26:しまかぜに乗車♪

◆三宮→難波→鳥羽→伊良湖岬→田原→豊橋→横浜:くもり:7231歩

 何度か目が覚めて、7時起床。まだ雨は降ってないけれど、近畿地方もついに梅雨入り。朝食はパスして、9時すぎにチェックアウトして、阪神電車で大阪難波へ。近鉄へ直通するので便利。

 本日は、久しぶりのしまかぜ乗車。地下ホームにギリギリに入線してきて、あわただしく10時40分出発。ネット予約で先頭1号車のひとりがけを確保できた。

Image1_20190626170701

Image2_20190626170701

Image3_20190626170701

 前回は、カフェに行く時間がなかったので、今回はさっそく3号車のカフェへ。2階席は眺めもよく、おしゃれなカウンター席の雰囲気もいい。地ビアに松阪牛カレー。なかなかの美味。食後のコーヒーまでゆっくりいただく。定期列車の食堂車がほぼ絶滅した中で、実に貴重な存在ですばらしい。

Image4_20190626170701

Image5_20190626170701

 外観のデザインもカフェもすばらしいのだけれど、なんといっても一番すばらしいのは座席。前回乗ったときも、このまま横浜まで連れてって!って思ったんだけれど、ホント、この列車のシートは快適だよ。設備よりも何よりも座り心地、寝心地が最高だよね。

Image6_20190626170701

 Image7_20190626170701

 もっともっと、ずっとずっと乗っていたいけど、12時31分に鳥羽に到着。ここからは、船で伊良湖岬へ渡る。中学の将棋部の合宿で自分がプランを立てたとき以来だから36年ぶりかな?ガラガラのフェリーで55分で伊良湖岬へ。

Image8_20190626170701

Image9_20190626170701

Image10_20190626170701

Image11_20190626170701

Image12_20190626170701

 見どころもあるのかもしれないけれど、すぐに接続するバスで先を急ぐ。そういえば、伊良湖って、湖はどこにあるんだ???と思ったら、湖は当て字で、どこにもないんだね。全然知らなかったよ。

Image13_20190626170701

Image14_20190626170701

Image15_20190626170701

 バスも豊橋行きなんだけれど、せっかくなので、三河田原駅からは、豊橋鉄道。先日のえちぜん鉄道に続いて、ここでもローカル私鉄ががむばっている。前半はガラガラだったけれど、最後はけっこうなにぎわいになって、新豊橋到着。

Image16_20190626170701

Image17_20190626170701

 豊橋からは、昨日に続いて、ポイントでグリーン車。あと10ポイントあれば、ひかり号に乗れて、30分以上早く帰れるのだけれど、残念ながらこだま号で。のんびり各駅に停まりつつ、ビアとお弁当をいただき、それでも19時すぎには帰宅。

Image18_20190626170701

Image19_20190626170701

Img_9309

 

2019/6/25:おおさか東線初乗り

◆横浜→東京→京都→新大阪→放出→新大阪→三宮:はれ:14577歩

 6時半起床。野菜ジュース、鮭、玉子、漬物、味噌汁、納豆、玄米、コーヒー。

 9時前に出発。横須賀線で上京。新橋から銀座線で虎ノ門。霞が関ビルに参戦するのは、15年ぶりくらいかしらん。

Image1_20190625195201

 本日は、アイ・アールジャパンさんの株主総会。一昨年くらいからちょこちょこ売り買いして、ソコソコ儲けさしてもらっているのだけれど、何の会社なのか今イチよくわかっていないし、社長さんも見てみたいということで総会に出席。小さな会議室に3、40人の参加ということで、先日のコマツとはちがって距離が近いよ。

Image4_20190625195201

 業績報告に続いて、質疑。4,5人が質問して、社長さんは、けっこう熱く語ってくれた。よくわからないけど、まだ伸びしろもありそうだし、社長さんも誠実だし、引き続き応援したいね。

 45分くらいで終了して、東京駅へ出て、のぞみ号で西へ。昨年の最後の方の出張でたまったエクスプレス予約のポイントが6月末失効ということで、急遽遠征に。グリーン車に乗れるとはいっても、普通車分の料金は負担するわけだから、踊らされている感は否めないのだけれど、1600ポイントはちょっと持ったいない気がしてねぇ。

Image2_20190625195201

 ビアと峠の釜めしをいただき、京都で下車。暑い。西日本はまだ梅雨入りしていないんだけど、これは、もう夏本番だよ。

Image3_20190625195201

 嵯峨野線(山陰線)でひと駅。3月のダイヤ改正で誕生した梅小路京都西駅へ。そう、京都鉄道博物館の最寄り駅である。ホント、目の前でこれは便利だわ。

Image6_20190625195201

Image5_20190625195201

 久しぶりの京都鉄道博物館。平日ということで、ゆったり見られる。車両はもちろん、ジオラマや運転台、マルスなど。ナンノさんのポスターもなつかしいね。国鉄とスポーツなんていう企画展示もあったよ。

Image7_20190625195201

Image16_20190625195301

Image8_20190625195201

Image9_20190625195201

Image11_20190625195301

Image12_20190625195301

Image13_20190625195301

Image14_20190625195301

Image15_20190625195301

Image10_20190625195201

 京都駅へ戻って、新快速で新大阪。もうひとつの目的は、3月のダイヤ改正で新規開業したおおさか東線の初乗り。ダイヤ乱れで15分遅れて、緑色の201系が登場。201系に乗れるのもここくらいかな。東海道線に沿ってまず東へ進んでから、オーバークロスして、南へ。元々大阪は得意ではないけれど、このあたりまったくわからないエリア。鴫野から放出へは、学園都市線と二重戸籍区間で、方向別複々線で並走。放出で未乗区間終わり。JR全線完乗に復帰。

Image17_20190625195301

Image18_20190625195301

Image21_20190625195301

Image22_20190625195301

Image20_20190625195301

 本来なら、学園都市線~東西線で尼崎へ抜けたいのだけれど、接触事故で運転見合わせとのことで、新大阪へ戻って、再び新快速で三宮へ。

 1年ぶりのステーキランド。ビア。ステーキセットはウエルダンで。ガーリックライス。変わらぬ味に満足。

Image24_20190625195301

Image25_20190625195301

 まだ明るいけれど、本日のお宿の相鉄フレッサインへチェックイン。オープンしたばかりということもあってか、5300JPYはリーズナブル。ぶらぶら美術館の江の浦測候所アンコールを見て早めに就寝。

 

2019/6/24:東証小反発

◆横浜:あめのちくもり:1772歩

 7時起床。遠征明けの月曜日に何もしなくてよいのが隠居の特権。通勤時間帯の雨ともなれば、なおさらだ。野菜ジュース、ヨーグルト、メロンパン、コーヒー。地震。けっこう揺れた。

 東京マーケットワイド。今日も閑散・薄商い・小動き。PRTIMESを買い戻したほかは様子見。ソーメン、昼ビア。

 夕方からは、ラジコ。夜は、BS-TBSで「酒場放浪記」。

「知れば知るほど 行司・呼出・床山」を読んで早々に就寝。

 

2019/6/23:永平寺から恐竜博物館へ

◆金沢→芦原温泉→永平寺→勝山→福井→米原→横浜:くもり時々はれ:9397歩

 7時起床。ロイネットの朝食は、やるき茶屋さんでがっかり。8時48分発のしらさぎ号で出発。

 芦原温泉で下車して、永平寺行のバス。1時間もローカル路線バスに乗るのは久しぶりだ。乗客は6人。途中、現存12天守のひとつ丸岡城を通る。ここで2人下車。それ以外はほぼ乗降なく、1時間あまりで永平寺着。バスで来るのは数人だけれど、観光バスや自家用車での来場は多く、門前のターミナルはけっこうなにぎわいだ。

Image1_20190625054701

Image2_20190625054701

 たしか中学2年の修学旅行以来だから36年ぶりの永平寺。大部屋で座禅を組んだ記憶しかないけれど、広い敷地内の様々な建物が連結していて、法事やお務めと平行して一般客が回れるように見学コースがうまく作られている。出口付近には、3分だけ座禅してみませんか?のコーナーがあって、一瞬迷ったけど断念。多くの修行僧がいて、かなりストイックな生活を送っているようだ。朝食はおかゆだけとか、入浴は4と9の日だけとか。。。そして、スギの木の大きくて太いこと。観光客でも厳かな気分になるよね。

Image3_20190625054701

Image4_20190625054701

Image5_20190625054701

 俗界に戻って、ごま豆腐ソフトでもいただこうかと思ったら、予定より一本前のバスがちょうどやってきたので、断念してあわただしく飛び乗って、永平寺口に戻り、今度は、えちぜん鉄道で勝山へ。ひなびたローカル私鉄をイメージしていたら、けっこう新しい車両で、列車も30分に1本あって、けっこう乗っていて、車掌さんもいる。なかなかがんばっているようでよかった。

Image7_20190625054701

 終点の勝山からバスで恐竜博物館へ。ここでもバスは数人だったけれど、到着した博物館周辺はすごい人だよ。博物館を中心に、一体が恐竜をテーマにした公園になっていて、家族連れもたくさん。

Image12_20190625054701

Image13_20190625054701

Image11_20190625054701

 子どもたちの声にぎやかなレストハウスで、昨日に引き続きチープなランチをいただいてから、博物館へ入場。巨大な恐竜模型がたくさんあるので、ドーム型に天井を高く取って、地下へ降りて見るスタイル。建物もなかなかよくできている。恐竜だけでなく、地球の歴史についての展示や解説も多く、なかなか勉強になるよ。さらに上級者向けには、実際に近くの発掘現場までバスで行っていろいろ体験するツアーもある。

Image10_20190625054701

Image9_20190625054701

Image8_20190625054701

 行きとほぼ同じメムバーのバスで勝山駅へ戻り、えち鉄カフェで応援がてらコーヒーをいただき、帰りは福井駅まで約1時間。まずまずの乗車率がうれしい。過去の遠征など振り返りつつ、今後の遠征計画の検討。遠征に行くと、また新しく行きたいところがみつかるんだよね。一乗谷の朝倉遺跡も最近ブレークしてるみたいだよ。

Image14_20190625054701

 新幹線準備で立派にはなったものの、やや寂しい福井駅、おみやげもこれといったものはなく、おとなしくしらさぎ号へ。日曜夕方ということでけっこうな乗車率で、米原の乗り換え改札は大混雑。売り切れ直前のお弁当をゲットして、ひかり号でビア。

Image15_20190625054701

 

 

2019/6/22:花嫁のれんで行く和倉温泉とBCリーグ

◆横浜→金沢→七尾→和倉温泉→金沢:くもりのち時々あめ:15162歩

 4時50分起床。朝風呂。6時18分の横須賀線グリーン車で出発。東京駅地下の改札でkecoさんと合流して1ヶ月ぶりの遠征は、かがやき号で出発。

Image1_20190624134401

 2時間半で金沢。ホント、便利になったものだね。在来線ホームへ転戦して、最初のおめあては、花嫁のれん1号。最近はやりの観光列車、「和と美のおもてなし」をコンセプトということで、内装は金ピカ。旧型気動車の厚化粧という感もあるけれど、水戸岡さんではないのでマンネリ感もなく、悪くない。土曜日ということで2両の車内は満席だ。

Image3_20190624134401

Image2_20190624134401

Image4_20190624134401

Image5_20190624134401

 オプションでお食事券を購入したので、スイーツ。夕方の便だと日本酒とおつまみセットとか楽しめるんだけどね。午前便ということで、パティシエの辻口さんプロデュースのケーキとコーヒー。おみやげのお菓子も。

Image6_20190624134401

 途中の羽咋では、駅の砂の像が。そういえば、この辺に、砂の上を走れる道路があるんだったよねぇ。行ってみたいけど、レンタカーで盛大にやっても大丈夫なのかしらん。

Image7_20190624134401

 終点のひとつ手前の七尾で降りる。駅前は寂しいけれど、かつてはけっこう栄えていた雰囲気を感じさせる。花嫁のれん館へ行く途中の道も、何やら由緒有りげな感じのお店が並ぶ。城址が公園になっていたけれど、前田利家が若い頃に作って、ここを本拠地にしていた時代もあったんだね。ホント、知らないことがたくさんあるよ。

Image8_20190624134401

Image9_20190624134401

 花嫁のれん館をあわただしく見学してから、1日数本の路線バスをゲット和倉温泉へ。今回は、路線バスの乗り継ぎが多くて、旅番組みたいなプランだよ。

Image10_20190624134401

Image11_20190624134501

Image12_20190624134501

Image13_20190624134501

 和倉温泉・総湯さんで入浴。露天風呂もあって、きれいな施設だけど、一般銭湯と同じ扱いのようで、440JPYとお安い。お湯はしょっぱいんだね。

Image14_20190624134501

 帰りはバスがないので、25分くらい歩いて、和倉温泉駅へ。駅前の昭和なビジネスホテルの1階の昭和な喫茶店でランチのうどんをあわただしくいただいて駅へ急ぐと、折返しのサンダーバードが遅延。我らの能登かがり火号も15分くらいの遅れでの出発。

Image16_20190624134501

 金沢駅に戻ってきて、久しぶりのロイネットさんにチェックインして、再び駅へ。夜の部は、久しぶりのBCリーグ。武田勝さん率いる石川ミリオンスターズvs二岡監督率いる富山サンダーバーズの一戦、後期の開幕戦でもある。

 しかるに、駅前は、アルビレックス新潟ユニの方ばかりが目立つ。ツェーゲン金沢とのJ2公式戦があるようで、臨時バスもたくさん出ているようなのだけれど、我らの金沢市民球場へは、金沢プール行きの路線バスが1時間に1本あるのみで、乗客も我らを含めてわずか4人だよ。。。

 立派なプールの横にまずまずきれいな市民球場。「前の試合が延びた」とのことで、開門が大幅に遅れているみたいなんだけれど、前の試合って、なんだ?まさかナイター当日に草野球には貸してないよねぇ?仕方ないから選手も車の影で着替えたりとかローカル感満載だ。

Image17_20190624134501

 17:20にようやく開門。スタンドの椅子も悪くないけれど、いかんせんガラガラ。なんと入場者は390人・・・今日は、地元に縁のあるスーツケースのACEさんがスポンサーで社長の挨拶もあったけれど、あまりに空いていてがっかりしているようだ。応援団も富山の方が多いくらいだよ。

Image19_20190624134501

Image18_20190624134501

Image20_20190624134501  

◇2019/6/22 ○石川 3-1 富山(金沢)

 石川・内田、富山・ラミレスの先発、といっても全然わからないけれど、後期開幕戦ということで、一応はエース対決なのではないか?投手戦模様で始まる。二岡監督は、走る野球のようで、数少ないランナーを思い切って走らせてくるのだけれど、石川の捕手がなかなかの強肩でこれを何度も刺す。

Image22_20190624134501

 そうこうしているうちに雨。幸い一部屋根があるので、そこへ避難するけれど、さらに雨足強まりついに中断。もっとも、レーダーの予報通り、すぐに通過したので、15分くらいで無事に再開。

Image23_20190624134501

 投手のテンポがよく、打たせた内野ゴロをバックがしっかり守り、なかなかいい試合。正直、NPBの2軍の試合に比べても、投手や守備は遜色ないような気がするんだけど、やっぱり違うのは、打球かな。飛ばないんだよね。ヒットも逆方向が多いしね。

Image24_20190624134501

 試合は、ラミレスが疲れてきたところを石川が攻めて、変わったファイターズOBの乾兼任コーチからも1点を奪って、石川ミリオンスターズの勝利。

Image27_20190624134501

 北信越各県に1チームずつあってのリーグ戦、地方都市の夏の夜の娯楽としては悪くないと思うんだけどね。もっともっとにぎわって欲しいものだねぇ。

 

 

2019/6/21:大貧民快勝♪

◆横浜・川崎:くもり時々はれ:6735歩

 8時まで熟睡。これはめずらしい。久々のはむほーでよく眠れたようだ。

 昨日書いたように、さっそくJTBの五輪パックがスタートしたようだけれど、大さん橋のクルーズ船に2泊して、競技見るだけで、一般室で20万、スイートで70万とかだよ。。。ボロ儲けだよね。。。

 だったら、船のスイートより広い拙宅のNゲージルームに2泊して、ハマスタで野球を見て50万でどうかね。JAPANユニくらいレンタルするよ。。。

Img_9138

Img_9139

 NY続伸ということで、今日あたり少し売って、夏場の買付余力を確保しておきたかったのだけれど、考えることはみな同じなのか、東証は反落で売れず。2915円で指値しておいた三菱商事は、2914.5円まで上昇して力尽きる。一方で、長い間くすぶっていた金ETFが上がりだしたよ。

 15時すぎに出発して、桜木町経由でたまプラーザへ。妹宅に再び参戦して、めいっこの算数テスト対策の続き。先日紹介したような悪問はあきらめて、中級の応用くらいまではなんとか対応できるようになってきたかな。ちなみに、社会のテストは、縄文時代から鎌倉幕府成立くらいまであるらしくて、妹が作った模擬問題を見せてもらったけど、全然わからないのがいっぱいあったよ。。。小生の頃の1学期なんて、大化の改新くらいで終わっちゃったんだけどねぇ。。。

Img_9143

 ふるさと納税のお肉を届けたので、義弟も加わってすき焼き。食後に、大貧民5番勝負。最終回、貧民からの逆転勝ちで快勝♪

Img_9144

Img_9145

 

 

2019/6/20:五輪当選!(ハマスタ快勝)

◆横浜:くもり時々はれ:10099歩

 昨晩、0時前にアスコットのプリンスオブウェールズS。いいことした後だし、馬券でも当たらないかしらんと思ったけど大敗。でも、来年は、アスコット開催、行ってみたいね。ドレスコード厳しそうだけど。

Image1_20190621095501

 5時に目が覚めると、五輪チケットの結果が発表済みとのことで、空いてそうなうちにアクセス。いいことした後だし、当たらないかしんらと思ったけど、競泳、体操など人気競技はことごとく外れ。ひそかに楽しみにしていた修善寺のサイクルスポーツセンターの自転車(パシュート)もダメ。めいっこを連れて行くつもりだった2020チケットも全部ダメ。おもわず、「五輪大敗!」とつぶやいてしまったけれど、けっこう全滅の人が多くて、何枚かでも当たったのは、けっこう恵まれてる方みたいだ。まぁ、平日のマイナー種目をいろいろ入れたからね。人気競技中心に追加した妹の分は全滅だし。

20190620-50414

20190620-51247

 当選は、馬術、野球、カヌー、アーチェリー、ホッケー。「女子ホッケー 準決勝 大井ホッケー場」とか、正直、そんなの申し込んだっけ?、あんた本当にそれ見たいの?っていう感じだけど、まぁ、せっかくだからね。

20190620-51222

 スポンサー枠とか海外枠もあって、そもそも一般抽選の割合がかなり少ないんじゃないかと思うんだよね。明日からJTBでパック商品の抽選申し込みが始まるらしいけど、ラグビーのワールドカップでも、一般抽選後に、JTBのパック商品とかが出てきて、正直、これが、かなりのぼったくりなんだよ。往復の新幹線とかもつけないで、釜石の試合とホテルだけなのに、何万円もプレミアムがついてたり。そんなの旅行商品でもなんでもないし、ネットの転売規制ばっかり問題にするけど、じゃあ、大手旅行会社なら許されるのかっていう感じがするよね。。。ホテルなんかも盛大に抑えちゃうんだろうしさ。JTBにやりたい放題やらせるなら、個人の転売を自由にした方が最終的には、よっぽど適正価格に落ち着くんじゃないの。ガイジンさんだって、オークションサイトの方がかえって買いやすいかもしれないよ。

 今日も夕方から浜スタ。せっかくなので、中華街へ寄って、食べ歩き。北京ダックとかふかひれスープも250円でお持ち帰りとかできるのね。山口瞳さんの「酔いどれ紀行」でおなじみの更生堂薬局もあったよ。

Image2_20190621095501

Image4_20190621095501

Image3_20190621095501

◇2019/6/20:○F 8-4 B(横浜)

 首位にたったと思ったら、一転して4連敗中のファイターズ。交流戦中は、パのライバル球団が負けないので、ちょっと負けるとあっという間に差がついてしまう。

Image6_20190621095501

Image5_20190621095501

 ベイ先発は、以前、鎌ヶ谷で見た阪口。北海高校出身でイキのいい球を投げていたけど、今日は、初回から打線がつながって先制。ラミレス監督の逆鱗にふれたのか、1回で交代。

 しかしながら、ファイターズ先発の上原は、今日もぴりっとしない。初回にあっさり3点とられてひっくり返されて、石井くんのホームランで追いついたものの、3回には、筒香の豪快なアーチでまた勝ち越されて、4回途中で早くも玉井くんに交代。

 玉井、浦野、井口と安定した投球でつなぐのだけれど、ファイターズもベイ2番手の国吉から三振の山。おなじみの新幹線が外野フェンスを走るやつが何度も登場。。。さらに、ベイがヒットを打つと、伊豆クレイルが走るよ。。。

Image7_20190621095501

Image8_20190621095501

 6回、清宮くんホームランで同点。昨日までの流れから、同点じゃなくて早くひっくり返したいと思ったら、7回、スギノールが!!!

 とはいえ、勝ち越したら勝ち越したで、胃が痛くなる勝ちパターンの逃げ切り。宮西がピンチをしのいで、問題は8回のロドリゲス。先頭打者にボテボテの内野安打って、いかにも連敗中のチームがひっくり返されるパターンだと思ったら、ランナー飛び出して、ラッキーな併殺。やれやれと思ったら、なんでもないゴロを石井くんがエラー。。。それでもなんとかしのいだ。。。

 9回、その石井くんの2ベースから、中島タイムリー、大田選手2ランでダメを押して、ようやく一安心。石川くんも4点差の今日は打たれそうな雰囲気がなかった。はむほー!!

Image10_20190621095501

 勝てば浜の夜風が涼しい季節。ユニ着たままゆっくり歩いて帰るのがいいんだ。浜スタではずっと連敗中だったんだね。次は2,3年後だろうから勝ってよかったよ♪

Image11_20190621095501

Image12_20190621095501

Image13_20190621095501

 

«2019/6/19:隠居も少しは役に立った日。

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録