2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/10/12:台風来たる。

◆横浜:雨:59歩:横浜の最大瞬間風速=43.8m/s

 8時起床。もちろん朝から雨。東北新幹線は動いてるようだから、行こうと思えば行けたよなぁ・・・とあきらめきれない思いもあるけれど、台風19号は着々と接近。静岡~関東上陸は不可避な情勢。

 暴風域ギリギリの京都競馬が開催。賛否分かれるところだろうけど、とりあえずグリーンチャンネルくらいしか見るものがないのもたしか。馬券は買わないけどね。芝2000mの2歳戦は、2分8秒4。ロンシャンもびっくりだ。

 ディアナの経理処理など済ませるとやることもない。風も強まってきて、海も視界不良だけれど、よく見ると、何やら巡視船が等間隔にいて、監視しているようだ。

Img_1582

 横浜市からは、おなじみの避難警報でスマホが盛大に鳴る。まぁ、こういうときは、高層マンションはある程度安心感があるけれど、さすがに管理業務もコンシェルジュも10時半終了。前回植木が盛大に倒れた正面玄関は14時から出入り禁止で各棟のサブエントランスのみ利用可とのこと。バルコニーを少し片付けて、指示にしたがって、換気システムのスイッチとやらをオフにする。

20191012-132313

Img_1583

 ひまっこなので、ハイボールをいただきながら、Nゲージなど動かしてから昼寝。

Img_1585

 夕方から、風雨いよいよ強まって、マンションも風で揺れた?と思ったら、なんと地震。。。横浜は震度3で我が家はほとんど体感なしだったけれど、来日しているガイジンさんなんかはびっくりしちゃうだろうね。おもてなしどころか大変な試練だよね。。。

20191012-174215

20191012-171624

20191012-183720

 19時頃に強い勢力のまま伊豆半島上陸。箱根の雨量はとんでもないことになっているし、各地の河川の水位も上がっているようで、まだ気づいていないだけで、あちこちでかなり被害がでているにちがいない。それにしても、ダムの放流を判断する仕事っていうのは辛い仕事だねぇ。。。

 21時頃が、もっとも接近したようで、なんと横浜で968.3hPa。資生堂のレトルトカレーとビア。ばんえい競馬に参戦するも小敗。。。

20191012-193530

Img_1591

 

2019/10/11:釜石断念。。。

◆横浜・川崎:くもり時々あめ:4854歩

 台風接近で、週末のイベント中止や交通機関の計画運休の情報が続々と入ってくる。ラグビーも明日の2試合は無念の中止。あらかじめ決めていたルールとはいえ、大学野球だって、翌日に順延されるんだから、4年に一度のワールドカップが荒天中止・引き分けというのは辛いよね。結果論だけど、各会場1日だけでも予備日を作っておくべきだったんだろうね。。。

 で、問題は日曜の釜石。1年半前からチケットをとって、1年前には、現地スタジアムで試合も見て、さらにホテルも早々にとって(一時はたくさん確保してずいぶん迷惑かけました)、シャトルバスもとって、1ヶ月前には新幹線をとって。。。

 当初のプランは、一ノ関から気仙沼へ入って、BRTで陸前高田へ。奇跡の一本松近くにオープンしたばかりの祈念公園を見学して前泊。翌日は三陸鉄道で鵜住居へ出て、ラグビー観戦という我ながらよくできたものだったのだけれど、さすがにこれは厳しそうなので、直前に変更。釜石のホテルにキャンセルが出たようなので、朝イチの新幹線で花巻経由釜石入りして、駅前のホテルにひきこもって翌日まで台風通過を待ってからシャトルバスでスタジアム入りというプランに。

 しかしながら、台風の進路予測は大きくは変わらず、強い勢力のまま土曜夜に関東直撃から東北への予報。日曜朝には、太平洋側へ抜けるけど、釜石はけっこう近い。

20191011-210657

 そして今日発表されたJR東日本の計画運休では、東北新幹線も釜石線も土曜は午前中まで。予定では、釜石着11:59の釜石線だから、計算上はギリギリセーフという見込みなんだけれど、う~ん、さすがにねぇ。。。ヘンなところで閉じ込められる可能性もあるし、試合の開催も微妙だし、台風が過ぎても傷跡は大きいだろうから、帰りはシャトルバスとはいえ、帰って来られるかどうかもわからないし・・・

20191011-210611

 日曜も午後になれば、台風一過の青空の下で、復興の象徴となるスタジアムですばらしい試合ができそうな気もするし、そうなって欲しいんだけれど、遠征となるとリスクが大きすぎるよねぇ。。。太平洋側は雨量も多くなるようで、岩手にも被害はでそうだし、よそ者が余計な迷惑かけるわけにもいかないし、なんかあったら、言い訳できないものねぇ。。。う~ん。。。無念。。。断念。。。ちょうど同じ頃に、2年前から計画していたやまちゃんさんも断念とのこと。無念。。。

20191011-210526

 えきねっとのチケットは、台風影響で無手数料払い戻しだっていうんだけれど、ネットで処理するとダメで、発券してみどりの窓口へ並べって・・・当然大行列だよ。320円のために30分も1時間も並びたくないよ。。。ホント、JRのシステムはダメだ。。。

20191011-154053

 帰宅して、あれもこれもキャンセル・・・それにしても無念だねぇ。。。あーあ。

 杉谷の記者会見で少し元気をもらって、早々に就寝。。。

Img_1575

Img_1581

 

2019/10/10:めざましクラシックスinヨコハマ♪

◆横浜・川崎:はれのちくもり夜一時あめ:8443歩

 10時から久々にディアナでお当番。たまった事務処理をしているうちにお客様も来てくれて、ちょこっと売れたところで、13時にTさんと交代。本日はお休みのはずだったのだけれど、急きょ日吉へ。

 いったん帰宅して、本日はみなとみらいホール。おなじみのめざましクラシックスinヨコハマ。ほぼ毎年参戦しているこのコンサートも、なんと今年で20回目らしい。そして、遺憾なことに今年で終了してしまうという。めざクラ自体が終わるわけではないので、スポンサーの神奈川県石油商業組合さんの事情かと思われるけれど、徒歩5分の地元でめざクラが楽しめなくなるのは大変残念である。

Img_1564

Img_1562

 そんな最終回は、集大成ということで、豪華なラインナップ。音楽史メドレーは、「四季」~「第九」~メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲~チャイコフスキーは眠れる森の美女~そしてラプソディー・イン・ブルーと名曲が続き、一部の後半は、モーツァルト・メドレーで、こちらもおなじみの曲をたっぷり。ホント、こういうおなじみの曲をおいしいところだけ楽しめるのは、めざクラならではで、小生のようなにわかクラシックファンには実にありがたいよね。

 後半は、ラヴェルのボレロ。弦楽器だけではつまらないということで、おなじみのめざクラアンサンブルの面々が三線だのウクレレだの本職以外の楽器に挑戦して、これもまた楽しかった。

 スペシャルゲストは、クリスタル・ケイさんで、よく知らなかったけど、歌上手いし、スタイルいいし、地元も横浜、それもすぐ近くなのね。

 最後は、文明堂のカステラでおなじみの天国と地獄、さらにアンコールはこれまたおなじみの「雷鳴と稲妻」で、最終回にふさわしい充実のラインナップを最後まで堪能して、久々にプロントで一献して帰宅。

Img_1563

Img_1565

 

2019/10/9:日吉キャンパス散歩

◆横浜・川崎:はれ:15790歩

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ブルーベリー、メロン、トースト、コーヒー。

 朝の散歩。なんか自衛艦みたいのが来ている。週末にかけてイベントが予定されていたようだけれど、台風で中止とか。すでにけっこう風が強くて、波もあるようだ。

Image1_20191011175001

Image2_20191011175001

Image3_20191011175001

 東証反落を確認して、日吉へ。お昼をはさんでゆっくり。今日は、温灸の先生が来てくれて、リラックスできたようでよかった。いろいろオプションが充実していてありがたい。

Image4_20191011175001

 台風接近とはいえ、今日のところは雲ひとつない真っ青な空。せっかくなので、日吉駅前の並木を歩いて、キャンパスを散策。何やらにぎわっていると思ったら、競技場で塾高運動会が開催されていて驚く。

Image5_20191011175001

Image6_20191011175001

Image7_20191011175001

 同窓会だの三田会だのに縁がないので、25年ぶりくらいだけれど、意外と変わってないね。正面の記念館は何やら改装中だけれど、重厚な高校の校舎はもちろん、生協や学食も基本はそのままかな。新しい建物はいくつか建っているけれど、メインの校舎も同じような感じ。大学のキャンパスは、部外者がウロウロしてもそんなに不審に思われないからいいよね。

Image8_20191011175001

Image9_20191011175001

Image10_20191011175001

Image11_20191011175101

Image12_20191011175101

Image13_20191011175101

Image14_20191011175101

Image15_20191011175101

 帰宅して、台風の進路予測をにらみながら、時刻表、えきねっと、楽天トラベルと格闘して、週末の日程をいじくってみたけれど、いかんせん開催されるかどうかも微妙だよねぇ。。。

 

2019/10/8:東証反発。

◆横浜・川崎:くもり時々はれ:10528歩:横浜の最高気温=28.0度

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ハムエッグ、たくわん、納豆、玄米。

 また半袖に逆戻り。千疋屋総本店のりんごジュースを持って、9時前のみなとみらい線で日吉へ。

Img_1531

 早めに帰宅して、東京マーケットワイド。東証反発。リートに続いて、このところインフラファンドが好調で含み益は拡大。ただ、基本的には高利回りの配当狙いだから、なかなか利益確定する気にならないよねぇ。

 15時前に、母から紹介されたSさんが到着。実家にロールカーテンをつけるときにお世話になったとのことで、拙宅も5年以上壊れたままになっていたロールカーテンを作り直すことに。リビングは東向きで、隠居してからは、朝家にいる時間が長いから、さすがにまぶしいのよね。

 Sさんは、なんと82歳ということで、知り合いからたのまれた分くらいしかもうやってないとのことだけれど、テキパキと寸法を測って、見本を確認して、無事に下見終了。

Img_1532

 夕食の用意がめんどうくさくなったので、16時すぎにスカイスパへ。先月で終了するはずのメンズデーが先月故障のため延長されたとのことで、最後のメンズデー。汗を流して、ビアとおつまみをいただいてととのったところで帰宅して早々に就寝。

Img_1533

Img_1534

 

 

2019/10/7:YOKOHAMA OKTOBERFEST 2019に参戦♪

◆横浜・川崎:はれのちくもり夜あめ:9478歩

 7時起床。野菜ジュース、明太子、あさりの佃煮、鮭フレーク、たくわん、生玉子、玄米。久々に長袖のシャツ。千疋屋総本店のみかんジュースを持って日吉へ。

Image1_20191007190301

 母と交代して、馬車道まで戻って、赤レンガ倉庫のオクトーバーフェスト。高い高いといいながら結局、毎年参戦してしまう。

Image5_20191007190301

Image2_20191007190301

Image6_20191007190301

 月曜の昼間ということで、さすがにお席はすぐに確保できるけれど、それなりにはにぎわっている。桃のエール、ローストビーフ、ドイツの茶色っぽいビア、海老のアヒージョなどいただいて早めに帰宅して、BSでサモア戦の復習をして、早々に就寝。

Image4_20191007190301

Image3_20191007190301

Image7_20191007190301

Image8_20191007190301

 

 

2019/10/6:凱旋門賞小勝。

◆横浜:くもり時々あめ:10263歩:横浜の最高気温=23.8度

 8時起床。ヨーグルト、明太子、あさりの佃煮、たくわん、豚汁、玉子、納豆、玄米、コーヒー。

 本日は日吉はお休みで、午前中はだらだら。最高気温23.8度といっても、未明のもので、日中は21-22度前後。一気に涼しくなった。

 お昼すぎに、散歩がてらファンゾーンへ。昨日は7000人くらい入ったらしいけれど、今日はさすがにゆったり。ハイネケンを飲んで、串カツなどいただいて、ハカでも見たら帰ろうかと思っていると、なんと、きっぱりるいさんが来浜するという。ふらっと出てきたので、ひげも剃ってないのだけれど、ごあいさつをしないで帰るわけにはいかないではないか!

Image1_20191007084601

Image2_20191007084601

Image3_20191007084601

Image4_20191007084601

 ナミビアが9-10と健闘して盛り上がって、2杯目のビアで酔っ払ってきたところに、るいさん一家到着。花火オフ休止中の昨今、先週のイッキマン一家といい、ラグビーのおかげでごぶさたしている方々と再会できるとはすばらしいことである。アイルランド問題、にわかだけど子供の頃からなじみはあった問題、審判が「ジェントルマン!」と言っているけれど、女子のときは、「レイディース!」というのか問題など検討して解散。

Image5_20191007084601

 さて、いよいよ凱旋門賞。ここ数年、だいたい現地で観戦していたので、自宅でグリーンチャンネル中継を見るのも久しぶりである。本来なら、現地で合流して、ロンシャンを案内する予定だったM嬢からメールが来て、同行のYa嬢が、パリに到着早々、スマホをスられたと聞いて驚く。ベルトラなんかも使いこなしてて、旅慣れてるようにみえたんだけどねぇ。。。でもまぁ、とりあえず、無事にロンシャンには参戦できてイケメンスタッフから馬券も買えたとのことで何よりだ。

Img_0287

Img_0289

 調整に不安のあった昨年とちがって、今年のエネイブルは3連覇に向けて死角がないようにみえるけれど、同一重賞3連覇というのはなかなか難しい気もするので、3連複中心に、外国上位馬を手広く。ジャパン、マジカルのオブライエン勢を中心に今年のメムバーは、頭数こそ少ないけれど、かなり強力だ。

 レースは、満を持して抜け出したエネイブルをヴァルトガイストが差し切って優勝。安定勢力で力はあるけれど、今さらエネイブルを逆転するとはびっくり。ソットサス、ジャパン、マジカルと欧州実力馬5頭が上位を独占。△◎▲で3連複的中で馬券は小勝。

Image6_20191007084601

Image7_20191007084601

 日本馬はまったくいいところなく大敗。キセキはドロドロの菊花賞に勝っていて、ブラストワンピースはハービンジャー産駒、フィーエルマンもディープ産駒ながら、3200mの天皇賞を勝っていて、欧州2400mへの適性は比較的ありそうに思ったのだけれどねぇ。。。スピードシンボリから50年、今年も日本競馬の悲願はおあずけ。まぁ、小生がいないときに達成されなくてよかった。早く来年の無料航空券を押さえよっと。

 

«2019/10/5:多摩川花火大会

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録