2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/5/24:tck参戦。

◆横浜・東京:はれ:11240歩

 6時起床。野菜ジュース、鮭、玉子、漬物、納豆、玄米。

 午前中は、東京マーケットワイドを見ながらゴロゴロ。少し買い足し。少し読書。昼ハイボール。冷房試運転。

 雲ひとつない快晴で、東京都心は真夏日。所沢は遠いので、15時すぎからtckへ参戦する。

Img_8490

 到着すると、3Rの2歳戦。前開催の新馬の1着から7着がそのままでてきて、そこへ船橋の馬が1頭加わって8頭立てというレース。新馬勝ちの馬の楽勝かと思うと、そんなことはなくて、そもそも新馬3着の馬が1番人気で、実際に圧勝。船橋の馬が2着で、新馬勝ちの馬は3着だからわからないものだ。

 一応指定をとったけれど、屋外の日陰でビアが気持ちいい。金曜日だからなのか、会社帰りの人が来るにはまだ早い時間なのに、明るいうちからけっこうにぎわっているのもいい。本来は買わないC2やC3をついつい購入してしまう。

Img_8493

Img_8494

Img_8507

 涼しい夜風を受けながら、8Rのおうし座特別まで堪能して、早めに撤収。小敗。もっとも、所沢は大敗だったっぽいから正解だね。

Img_8502

 21時から、BSプレミアムで新日本風土記『競馬場のある街』。川崎、帯広、園田、高知、水沢etc。井上オークスさんから吉田アナ、雑賀師まで。なかなかよかったね。

 

 

 

2019/5/23:シウマイBARに参戦

◆横浜:はれ:8639歩

 7時起床。野菜ジュース、フルーツ、ヨーグルト、プリン。

 今日も爽やかに晴れて初夏の陽気。朝食は、軽めにして、11時前に家を出て、横浜駅東口のアソビルへ。郵便局の別館をKITTEのように盛大に再開発するのではなくて、内部をリノベーションして、様々なテナントが入っている。うんこミュージアムが有名だけれど、その他にも、フットサルのコートとか、ワークショップの会場とかいろいろあるようだ。通り抜けるとみなみ東口から直接みなとみらい方向へ出られるようになったので、個人的にもありがたい。

Image1_34

Image2_34

 1階のシウマイBARへ参戦。崎陽軒のシウマイBARは東京駅にもあって人気と聞いていたのだけれど、11時の開店直後ということもあって、空いている。

Image7_32

 レジで先に注文してから、お席でいただく。ハイボールとシウマイ5種盛り合わせ、焼焼売、筍煮。筍煮は、シウマイ弁当でおなじみのやつ。300JPYの価値があるのか?と言われると困るけれど、まぁ、一応ね。シウマイ5種盛り合わせと焼焼売は、アツアツのがいただける。

Image3_33

Image6_35

Image4_35

 正直、行列したり、はるばる遠くから参戦する価値はないと思うけれど、地元でふらっと飲むには悪くないよ。

Image5_35

 東証反落。あいかわらずリートの好調に助けられているけれど、買いそびれていた銘柄を一部購入。

 昨日の野菜の残りを炒めて、北の大地からいただいた塩ラーメンに入れていただく。相撲中継が終わってから、1時間ほど散歩して、tck中継を見てたら、めずらしくファイターズが盛大。GAORAではむほーを確認して、ラジコでファイターズDEナイトまで堪能してから就寝。

Img_8487

Img_8488

 

2019/5/22:今どきプログラミング事情

◆横浜:はれ:8657歩

 6時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、目玉焼き、シャウエッセン、トースト、オニオンスープ、コーヒー。

 今どきの小学校では、プログラミングを教えているらしいというのは、めいっこからも聞いていたのだけれど、先日の日経か何かで、Scratchなる言語が紹介されていた。どれどれおじさんにも見せてごらんということで、入門書を買って試してみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プログラミング教育対応 Scratchで楽しむプログラミングの教科書 [ 北村 愛実 ]
価格:1922円(税込、送料無料) (2019/5/22時点)

楽天で購入

 

 昔だったら、OSのバージョンを確認して、まずCD-ROMからインストールしてとかなるんだろうけど、そもそもネット上にアカウントを作るだけですぐに使えるらしい。ということで、Macでもまったく問題なし。練習問題の素材もネットからダウンロードするだけ。便利な時代だね。

 で、さっそくやってみたけれど、これ、なかなかよくできてるね。ひとつひとつのオブジェクトは、スプライトと言うみたいで、それを選択して、それぞれにスクリプトを作成する。各国語対応していて、様々なスクリプトが用意されているし、とりあえずすぐに実行できるのもいいよ。BASICで育ったので、どうもオブジェクト指向になじめなかったんだけれど、子供の頃にこれをかじっておくのは悪くないね。昔だったら、サンプルをベースにあれこれカスタマイズしてオリジナルのゲームでも作るところだけれど、そこまでの元気はないので、ペンギンの画像だけ替えて、お茶を濁しておく。

20190522a

20190522c

20190522b

20190522d

 東証、少し買い戻し。回鍋肉をじうじうと炒めて、tck中継を見て、21時からは、鉄オタ選手権を見て、就寝のよてひ。

 

 

2019/5/21:大雨

◆横浜:あめ:6152歩

 7時起床。野菜ジュース、フルーツミックス、ヨーグルト、豚汁、鮭フレーク、しじみの佃煮、たくわん、玄米。

 大雨警報の中、ディアナへ。油断して歩いて行ったら、風もどんどん強くなって、愛用していたsuicaペンギンの傘が破壊。あまりにもあんまり。午後のお当番の予定のみっちゃんさんも間違えて朝から来たので、2人でお当番するけれど、風雨強く、学校は休みになったところもあるようで、お客さんは誰も来ないよ。

20190521

 みっちゃんに後を任せて、13時に撤収。帰りはバスと電車にする。MARK ISでお買い物して早々に引きこもり。東京マーケットワイドを見ながら遅めの昼食。ハイボール。昼寝。夜は、事務処理。ファイターズ大敗。ついに借金。早々に就寝。

 

 

2019/5/20:生田緑地ばら苑に参戦♪

◆横浜・川崎:くもり時々あめ:10065歩

 なんだか今日も体育会系の夢を見て、ぐったりしたところで6時起床。朝風呂。野菜ジュース、ヨーグルト、玉子、鮭、しじみの佃煮、たくわん、味噌汁、納豆、玄米、コーヒー。

 東京マーケットワイド。東証反発。個人的には、あいかわらず好調のリートにだいぶ助けられている。

 雨が降り出す前にということで、10時15分のみなとみらい線急行で出発。武蔵小杉で南武線に乗り換えて、宿河原へ。降りるのは初めてかな。府中街道を渡って、山の方へ歩いて、藤子・F・不二雄ミュージアムの前を通ってから、坂を登ると、突然盛大なバラ園が登場。

Image1_33

Image2_33

Image3_32

 生田緑地・ばら苑。向ヶ丘遊園の跡地内にあって、向ヶ丘遊園の閉園後も、ばら苑のみは川崎市が引き継いで、春と秋だけ無料で一般公開しているという。適度な広さの苑内に、様々な種類のバラが盛大。かつては東洋一といわれたとのことだけれど、たしかにそれだけのことはある。深大寺よりはコンパクトで見やすいし、横浜のローズガーデンよりは広くて値段も安い。3週間しか公開しないから、見頃をずらすことも必要ないので、多くの種類がほぼ一斉にピークを迎えるのがいい。よくわからないけれど、殿堂入りしている貴重なバラもたくさんあるみたい。急な斜面を苦労して登る価値は十分にあるよ。しかも入園無料で募金箱だけだよ。

Image6_34

Image5_34

Image4_34

Image7_31

Image8_28

Image9_26

Image10_23

 帰りは、反対側の斜面へ降りると、向ヶ丘遊園からたまプラーザ行きの路線バスがあって、これに乗ると妹宅が近い。五輪のチケット購入を妹ととも手分けするということで電話認証もあるので、急遽参戦。ばら苑も妹の推奨だ。

Image11_21

 めいっこの算数問題、リレーの選手問題、JTやドコモの塩漬け問題など検討しつつ、あれやこれやとまたチケットを追加して申し込み。まぁ、今回は人気種目中心だから、どうせ当たらないと思うんだけど。万一の時は、カンパリさんにお願いしよう。

20190520a

20190520b

 

 

 

2019/5/19:おれんじ食堂を堪能♪

◆熊本→八代→川内→熊本→横浜:くもり時々あめ:8235歩

 3時半まで熟睡して、その後はあまり眠れず。朝食は、地下のレストランで和定食。オレンジジュース、サラダ、鮭、ひじき、たくわん、味噌汁、納豆、コーヒーだから自宅と同じようなメニューだ。
 市電で熊本駅へ出て、JRで新八代へ。本日は、おれんじ食堂へ待望の初参戦。並行在来線分離の肥薩おれんじ鉄道が誇るレストラン列車で、昨今ではずいぶんライバルも増えたけれど、パイオニア的存在だ。

Image1_32

Image3_31

 2両編成の青い車両は、8割方埋まって、10時8分に新八代を出発。2往復する中でも、メインとなる2号のランチコースは、フレンチの鉄人・坂井シェフの監修でフルコースを堪能する趣向だ。
 座席は海側が向かい合わせの2人席、山側は海の方へ向けた並びのお席。一応海側を確保したけれど、山側のお席もけっこう快適そうだ。古い気動車を改造しているので、窓の位置がお席と微妙に合わないのは残念。

Image5_33

Image6_33

 お食事にはまだ早いので、サービスのちくわなどいただきながら、車窓を眺めながらくつろぐ。今日もあいにくの空模様なのだけれど、海の向こうには、天草の島々、さらには雲仙は普賢岳も見えて、ボーイさん曰く、普段はこんなにはっきりみえないとのこと。

Image7_30

Image9_25

Image8_27

 長時間停車する3駅では、沿線のお土産品の試食や販売も行われて、コース料理をたのんでいるお客さんは、おみやげがいただける。まず最初の佐敷駅では、甘夏のゼリーをいただく。最近の観光列車でおなじみの沿線関係者のお見送りもにぎやかだ。

Image10_22

Image12_18

 水俣で食材の積み込みが始まって、いよいよコース料理のスタート。西武の52席の至福のように厨房があるわけではないので、バァカウンターのようなところで、積み込んだお料理を盛り付ける。途中の出水でもまた追加で積み込んだようで、スタッフはなかなか大変だ。

Image14_13

 まずは、ワイン。ディアナのTさんからおすすめのオリジナルのワインを注文。当時のTさんのエピソードを伝えると、ボーイさんが覚えていたようでびっくり。たしかに美味しいワインだ。そして、いよいよお料理。

Image15_9

Img_8476

Image17_7

Image18_5

Image19_4

Image20_4

Image21_5

 鉄人といっても、坂井さんは、弱かったイメージがあるし、まぁ監修しているだけで、実際に作っているのは、地元の旅館だろうしということで、過度な期待は・・・と思っていたのだけれど、いや失礼しました。本当に美味しかった。それもソースこってりじゃなくて、素材を生かしてお腹にやさしい感じだし、すばらしかった。さすがは鉄人だよ!

Image22_4

 デザートまで堪能すると、旅も終盤。最後の長時間停車の薩摩高城では、いわしをいただき、海がみえる駅の裏山まで腹ごなしに散策。

Image24_3

Image23_4

 川内到着13時47分。料理も美味しく、スタッフの対応も気持ちよく、4時間弱の長旅も快適に終了。正直けっこう強気の価格設定だけれど、今日のお料理なら納得。今回の遠征は、我らにしてはめずらしく食が非常に充実だよ。
 川内からは、新幹線でトンボ帰り。さくら号は、熊本までノンストップで、行きは4時間かかったところを30分で戻ってきてしまう。

Image25_2

 本当は、このまま博多まで乗って、福岡空港から帰った方が早いくらいなんだけれど、旅作なので、そうも行かず、またバス1時間かけて熊本空港。各便ダイヤが大幅に乱れていて、我らの便は20分くらいの遅れだからまだマシな方だ。

Image27_2

 21時前に帰宅。そういえば、今日車窓から見えた津奈木町のナントカ岩は、ロープウエーで登れて、途中には展望露天風呂もあるとか。どこかに旅をすると、また行ってみたい場所が増えるよ。

Image13_15

2019/5/18:雨の藤崎台球場参戦

◆横浜→熊本:あめ:10811歩

 5時半起床。6時50分YCAT発のバスで羽田空港第2ターミナル。ラウンジでまい泉をいただき、8時20分発のANAで熊本へ。全席モニタ付の国際線仕様の機材だ。

Image1_31

 かなり久しぶりの熊本空港。九州の空港は、福岡と宮崎以外は、どこも遠くて不便だけれど、その中でもここは特に苦手である。一般道を延々走るし、渋滞することもあって、時間も読めない。

20190518a

 かなり久しぶりの熊本市街。駅と繁華街が離れている街は、一見さんにはわかりづらいけれど、その中でもここは特に苦手である。バスがようやく中心部に近づき、日航熊本が見えてきて、反対側には、デパート、あれ何だっけ?山形屋じゃなくて・・・
 そんな苦手な熊本にはるばるやってきたのは、ファイターズ戦のためなのだけれど、いかんせん天気予報が厳しい。とりあえず交通センターで降りてみると、すでにけっこう降り始めている。

 なかなか来ない満員の市電に乗って、初参戦の藤崎台球場へ。お城の裏山という感じで、外野スタンドに大きな木があったりして、風情はあるのだけれど、内野4800JPYでベンチシートではいかんせん厳しいし、隣の人との境目もよくわからない。通路があまりにも少ないので、席が埋まってしまうとトイレに行くのも絶望的だ。

Image3_30

Image4_32
 雨はしとしと降り続いて、ベース以外はシートで覆えないので、土がもうぐちゃぐちゃだよ。。。

◇2019/5/18:●F 1-2 H(熊本)

 昨年も中止だったという熊本シリーズ、主催者としては何が何でも強行したいところで、グランド整備で10分開始を遅らせ、スポンサーイベントやら、エグザイルの始球式やらもあって、ようやくプレイボール。

Image10_21 

Image6_32
 千賀ー上沢のエース対決。いつ中止になるかわからないので、先制点が欲しいところで、コンちゃんのラッキーな2ベースから、王選手タイムリーで待望の1点。上沢くんは、のらりくらりとしのぐ。雨が強くなってきた中、選手の治療中か何かのときにいきなり西川くんが外野のファンのところへ行って、傘を借りて雨宿りして衝撃を受ける。ネット上ではかなり好評だったようだけれど、これ、雨で中断してた間というわけじゃないんだよね。試合中にちょっとタイムがかかっていただけのタイミングなので、正直、個人的には、う~んという感じ。

Image7_29
 4回裏終わって、ついに雨で中断。もう無理じゃないの・・・飲まず食わず、トイレも行けずで見てる方もたまらないし、何より、選手が全力プレーできる状況じゃないよね。怪我も怖いし、エース対決がヘンなミスで決着してもつまらないし。。。けっこう帰っちゃった人もいたよ。球場の雰囲気も一応堪能したから、ここで中止なら4800JPY返金されるし、全国一のサウナと評判の湯ラックスさんにでも参戦して、濡れた体を温めて・・・

Image8_26

Image9_24

 しかるに、15時半頃に雨雲が抜けそうというレーダー予測が的中して、45分くらい中断して、ついに試合再開。。。西川くんがなかなかグランドに出てこなくて、杉谷が出てきたから、えっ?懲罰交代?と思ったら、そんなわけはなくて、杉谷は翔さんと交代。しかし、翔さんは、やる気なくなったのかね・・・

Image11_19
 5回裏、内野安打のランナーが、近藤くんの暴投で生還、その間に2塁に進んでいたバッターランナーがパスボールで3進して犠牲フライで生還というあまりにもあんまりな2失点。最初の内野安打だって、上手いセカンドならアウトにできそうな当たりだったし、上沢くん自責ゼロで無念。コンちゃんの守備は残念ながらどこを守っても本当に見苦しい。。。
 その後は、たまに出たランナーを走らせては、三振ゲッツーとこれまた見苦しい展開で終了。ベンチシート5時間だからヘンに同点に追いつかれても困ったけれど、千賀相手に1-0で勝つチャンスもあっただけにねぇ。。。とても上位を狙えるチームの試合運びではないよねぇ。。。

Image12_17
 退場口があまりにも狭い球場から何とか脱出して、帰りはお城の方を抜けて歩いて、繁華街へ。石垣その他の被害のひどさに驚く。せっかくだから復興予算で野球場もリニューアルと思ったけれど、まだまだやらなくてはいけない作業が相当ありそうだ。。。

Image13_14

Image14_12
 本日のお宿は、東急REIホテル。要するに、東急インでなんだけれど、この週末の熊本、早い時期から手配しても各ホテルけっこう混みあっていて、価格も高かったので、やむを得ない。場所だけは便利だ。

 とりあえず入浴して態勢を立て直す。リュックの中の着替えもけっこう濡れていたけれど、気温がけっこう高いのがせめてもの救いで、19時になっても外は明るいし、半袖余裕だ。

Image15_8
 ホテル周辺が、いわゆる夜の街のようなので、飲食店には事欠かないのだけれど、何しろ、この街は右も左も馬ばかり。20年くらい前、まだペーペーだった頃に、出張でお客様に招かれて、馬が出されて断ったのを思い出す。

Image17_6

Image16_7

Image18_4
 ちょっとよさげな小料理屋の杢魚庵さんを発見したので、恐る恐る入場。旬の刺身から、伊勢エビ、天然物の鰻、あか牛ステーキのウニ添えなど、魅力的なメニューがいろいろ並ぶのだけれど、一部をのぞいてメニューに値段が書いてない。時価ということのようである。我らにはちょっと敷居が高いお店を選んでしまったような気もするけれど、熊本の日本酒をいただくと、さっそく豪華なお通しが並ぶ。小さなトマトは塩トマトといって、熊本の名産らしい。そういえば、以前、F嬢2号の熊本の実家からいただいた小さなトマトが、苦手のはずの小生にも美味しかったのを思い出す。

Image23_3
 さらに、石鯛のお造り、ナスのナントか、ズワイガニクリームコロッケ、さらにすき焼きは、お肉1枚から作ってくれて、どれもこれもかなり美味しい。あまり食に関心のない我らにしては、飛び込みでかなり当たりのお店を見つけたようだ。結局、今日はお昼抜きだし、もう少し食べたいものもあるけれど、お会計が不安なので、セーブしておく。

Image19_3

Image20_3

Image21_4
 消される前に北海道へ行きべきだ問題、全身麻酔はオエッとならないぞ問題、後輩を誘っても中途半端なお店ではこちらが納得できなくなってしまった問題など検討して、緊張のお会計は、10500JPY。熊本としてはかなりの高級店と思われるけれど、この味なら納得、満足である。
 うしという方からは、日本一のサウナ湯ラックスを、F嬢から近くのバァを推薦されたけれど、雨の中の観戦で疲労困憊。早々に就寝する。

Image22_3 

 

 

«2019/5/17:横須賀スタジアムへ参戦♪

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録