2017/01/14

2017/1/14:バルコラベーロ号大敗!

◆横浜→京都→横浜:はれ時々ゆき:7808歩

 5時30分起床。今週末は、北の大地で高梨沙羅ちゃんのジャンプでも見て、滝本の湯にでもつかろうかと計画していた時期もあったのだけれど、愛馬バルコラベーロ号が中京か京都で出走予定ということで西へ向かう案に変更。中京競馬場は新しくなってからまだ行ったことないので楽しみだし、山本屋の味噌煮込みうどんでもいただいて暖まって、と思っていたのだけれど、出走は土曜の京都、しかも鞍上も浜中になってしまった。さらに、この冬一番の寒気が南下して、名古屋や京都は積雪の予報。家でおとなしくして、グリーンチャンネルで競馬見て、BS-1でジャンプでも見ていた方がよさそうなのは明らかなのだけれど、今年は正月休みもおとなしくしていたし、体の方がなんか遠征を求めている感じがある。熟考の結果、6時21分発のみなとみらい線で出発。
 6時の時点で、関ヶ原はすでに8cmの積雪で、中京競馬は発売延期、新幹線も名古屋ー新大阪間徐行で12分の遅れ見込みとのことだけれど、京都競馬は一応開催の予定ということで、のぞみ201号にて西へ向かう。

Dsc_0682

 穏やかな冬晴れが、豊橋あたりからにわかに怪しくなって、空は灰色になり、名古屋の手前から雪が舞い、屋根が白くなり、関ヶ原付近は真っ白。徐行の遅れも拡大して、18分遅れで京都駅到着。近鉄から京阪に乗り継いで淀へ。京都市内に入ってからは冬晴れ。ただし、山の切れ目から灰色の雪雲が平野部への進入をうかがっている感はあって油断はできない。久しぶりの淀駅は高架になっていて競馬場直結。ネット予約のB指定席へ。さすがに場内はガラガラだ。

Dsc_0699

Dsc_0704

 さて、バルコラベーロ号、3R、3歳未勝利、ダート1400m。1頭強そうなのがいるが、そろそろ勝ち上がってもらわないと困る。まずまずのスタートから、好位につけて欲しかったが、逃げる形になってしまい、いかにもペースも早そう。案の定、直線入口で早々に失速して大敗。あまりにもあんまりである。

Dsc_0711

Dsc_0708

Dsc_0712

 土曜の京都競馬なんか参戦しても途中から退屈でヒマを持て余す予感はしていたのだけれど、案の定、ヒマである。吉野家の牛丼をいただいて撤収。盛大に雪が降ったら雪の金閣寺でも見て帰ろうと思っていたけれど、そこまでは降ってないし、鉄道博物館に寄る元気もない。結局、京阪〜近鉄で来た道を引き返し、エクスプレス予約のポイントを使って、ひかり号グリーン車で早々に帰宅。相撲とブラタモリでも見て早々に就寝するしかないようだ。

Dsc_0713

Dsc_0714

Dsc_0718


| | コメント (0)

2017/01/09

2017/1/9:白井さんトークショー

◆横浜・東京:あめのちはれ:9849歩

 正月休みが明けてすぐ3連休。こんなところで連休するくらいなら正月休みをもう1日延ばせばいいんじゃないか、新成人だって正月の方がふるさとへ帰省しやすいんじゃないか?とか思うのだけれど、小生としてはバースデー連休になる。昨年は、トラブル発生で中島みゆき断念という最悪の誕生日だったけれど、46歳最後の日は、散髪をすませて、スカイスパでリフレクソロジー、誕生日当日は、Yo子さん、Yo君とランドマークで鉄板焼きをいただき順調な滑り出し。
 連休最終日は、kecoさんのプロデュースということで、上野東京ラインで上京。上野公園内の韻松亭さんにてバースデーランチ。創業140年、横山大観がオーナーだったこともあるという老舗は、雰囲気もよく、もちろん料理も美味しい。桜の樹に囲まれていて、春は予約をとるのも大変なようだ。

Dsc_0673

Dsc_0674

 デザートまで堪能して、東宝カレンダー他1点のプレゼントをいただいて、上野の杜散策。あちこちの美術館でさまざまな展覧会がよりどりみどりで迷ったのだけれど、終了も近いので、国立西洋美術館のクラーナハ展へ。小生、パリ郊外のコルビジェの家をわざわざ見に行ったりもしたのだけれど、世界遺産になったこの建物に入るのも実は初めてだ。
 クラーナハ展ももちろんいいのだけれど、ここは常設展示も充実している。館内は広いし、モネだけで一部屋できるほど。これで常設展示だけなら430円なのだから、もっと早く来るべきだったよねぇ。オルセーは5回くらい行ってるのにね。

Dsc_0676

 おいしいお料理でおなかもいっぱいだし、広い美術館を歩いて足も張ってきたけれど、本日のメインイベントは実はこれから。常磐線で北千住へ。子供のころ、日比谷線沿線に住んでいたので、なじみ深い地名だけれど、駅前に降りるのは初めてかもしれない。駅前のアーケードやそこから一本入った商店街もにぎやかで、ゆっくり街歩きも楽しそうなのだけれど、その商店街が終わりかけたところに突然そびえたつ高層タワーが本日の目的地。東京芸術センターなる第3セクターっぽい建物の最上階、天空ホールにて、「白井一幸トークライヴ」が行われる。ファイターズのかつての名二塁手であり、3塁ベースコーチとして日本一に貢献した白井コーチのトークショーである。

Dsc_0677

Dsc_0680

 トークショーといっても、球団非公式行事で、高校の野球部同級のプロデュースということで、こじんまりとしていて、手作り感がある。一応司会者みたいな女性がいるのだけれど、アナウンサーとかではなくて、フリーのライターということで、しゃべりが怪しいうえに、野球の取材をしているというわりには、ファイターズのこともたいして詳しくなくて、白井さんに突っ込まれる始末。まぁ、そんなことも含めて、ゆるい感じで進むのだけれど、白井さんの話術は大したもので、時折まじめな話を織り交ぜつつも笑いの絶えない進行。作戦コーチといってもサードベースコーチにいたら作戦は立てられないぞ問題、レアードの寿司屋問題、1番ピッチャー大谷問題、千賀お化けフォーク問題、箱でたのむのは白井さんだけだ問題、キャンプ中はストレスもないし若手の成長を妄想できるので幸せだ問題をはじめ、ここに書けないような話もあって、盛りだくさんで楽しくあっという間の2時間。参加者は、東京時代のファンから、北の大地から参戦している女性ファンもあり、大学野球の選手や、コーチングを勉強している人なども混じっていて、質疑応答は、けっこうまじめな質問が多かった。
 大谷くんのサインボール12個をはじめとした豪華賞品が当たる抽選会もあったのだけれど、例によって我らは何も当たらず。それでも、とても楽しめた充実のトークライブでバースデー連休のしめくくり。今日は新人自主トレも始まったとのことで、球春到来まであと少し♪

Img_7227

Img_7228
(写真撮影OKがでました)

| | コメント (0)

2017/01/03

2017/1/3:ハヤト君来浜

◆横浜:はれ

 正月休み最終日。最後までおだやかな冬晴れのぽかぽか陽気が続いた。午前中はゴロゴロ。川崎競馬報知オールスターCの投票を済ませて、みなとみらいホールへ。毎年恒例のウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団のウィンナワルツ・ニューイヤー・コンサートに参戦。開演前に獅子舞が盛大なのもおなじみだ。毎年プログラムは多少変わるが、美しき青きドナウ〜ラデツキー行進曲で〆は変わらないので安心だ。

Img_7207

Img_7213

 終演後、MARK ISへ急いで、来浜していたサイスさんとハヤトくんと合流。源ちゃんで軽く夕食を済ませて、我が家へ。盛大になったNゲージレイアウトをハヤトくんに堪能してもらおうという企画。おなじみの広島市電ハノーヴァー以外は、E4系Maxとき、E5系はやぶさ、E6系こまち、E7系かがやきとやはり子供は新幹線がお気に入りのよう。3系統同時走行可能な複雑なレイアウトをすぐに理解したうえに、混み合ったレイアウト上でも脱線させたり転倒させたりしないのはさすがで、ハンドル型のコントローラーもすぐにマスター。
 後半は、部屋を暗くして、ヒカリエ号など我が家の室内灯つき車両を堪能してもらって、お年玉代わりに拙宅で引退していた旧型カシオペア号をプレゼントして解散。
 報知オールスターCは中敗。明日からお仕事。

Img_7216

Img_7218


| | コメント (0)

2017/01/02

2017/1/2:帯広記念大勝!(ドンジャラ大勝!)

◆横浜・川崎:はれ:6488歩

 たしか7時くらいに起床。今日もだらだらとすごしたので、これを書いている3日の朝にはもうちゃんと思い出せない。きりたんぽの残りを温めて、お餅を入れてお雑煮っぽくして、ブラタモリ見たり、ばんえいのネット中継見たり、ごろごろ読書したり、入浴したり。
 ばんえい帯広記念の投票を済ませて、15時すぎにみなとみらい線急行で出発して、例年通りたまプラーザの妹夫婦の家に集合。いつもは地下鉄であざみ野経由だけれど、うまく大井町線の急行をゲットできると自由が丘経由の方が早いようだ。さっそくビア。ローストビーフ、赤ワイン。
 
 Img_7198
(2日は家族集合)

 恒例の百人一首。とうとう今年は、小生対母・妹・義弟・めいっこの1vs4の対戦ということになって、読み上げは、ニンテンドーDSが担当。。これがなかなかいい勝負で、残り20枚で打ち切ったところ、40−40の同点。

Img_7200
(4人相手はさすがにしんどい)

 お誕生日が近いので、プレゼントのカバンをいただき、みんなでケーキを食べて、今度は、ドンジャラ対決。何しろ年1回なのでルールの確認に手間どるし、9色あるので、間違えやすい。それでも途中からコツをつかんで大勝!

Img_7202
(もうすぐ誕生日)

Img_7205
(ドンジャラ大勝!)

 たまプラーザ駅まで送ってもらい、帰りはあざみ野から始発の地下鉄に座って帰宅。車中で帯広記念を映像で確認。第2障害では後方だったキタノタイショウがものすごい脚で2着に突っ込んできて、馬連、3連複的中!快勝♪

| | コメント (0)

2017/01/01

2017/1/1:川崎競馬小勝!

◆横浜:はれ:4778歩

 何度か目が覚めたので初日の出を見に行こうと思えば行けたのだけれど断念。1年のうち10ヶ月くらいはバルコニーから日の出が見られるのだけれど、この時期だけは、近くの臨港パークまで行かないと見えないのだ。二度寝三度寝して7時すぎに起床。スーパーで買っておいたおせちをつみながらワインをちびちびと。今日もおだやかな冬晴れ、日向はぽかぽか。おだやかな首都圏の正月。

Img_7184

 体がなまりそうなので、20分ほど歩いて伊勢山皇大神宮へ。紅葉坂の下あたりから行列していて30分ほど並んでいるが、なんことはない、最後の入口のところでは反対側からも横入り可能な作りで、ちょっといただけないが、まぁ正月早々めくじらは立てないことにする。
 おみくじは「吉」。子どもの頃から、吉は下から2番目だと思っていたのだけれど、実は2番目とか、末吉よりは上で下から3番目とか、いろいろな説があるようだ。「広い心で温かく人間関係を広げましょう。」と書いてあるかと思えば、「この際、よい人とわるい人との区別をはっきりさせて、情にほだされるな」と続くのだからなかなか難解である。

Img_7187

Img_7189

Img_7190

20170101

 早々に帰宅して、amazonさんから届いた「財界さっぽろ」を読みながらゴロゴロ。ファイターズ大特集78ページの新年号ということで、ずっしりと重い。
 午後は川崎競馬で打ち初め。SPAT4で投票して、tvkのサブチャンネルで観戦だから便利なものだ。MCも鈴木梢さんとはすばらしい。そして、惜しいところで安めになったとはいえ、初日の出特別、迎春盃ともに的中で小勝!新年早々縁起がよい。
 おだやかな1日。この後は、eテレでウィーン・フィル ニューイヤーコンサートでも見て早々に就寝しよう。

Img_7195

| | コメント (0)

2016/12/31

2016/12/31:カントリーウォーク号大敗!(みなとみらいホールジルヴェスターコンサート♪)

◆横浜・東京:はれ

 7時起床。ご飯を炊いて朝食をたっぷりいただきながら朝ビア。バルコニーの植え替え。昼寝。朝風呂。 ここ数年、大晦日は高知競馬の高知県知事賞参戦が定番になっていたのだけれど、今日はカントリーウォーク号、いよいよ引退レースということでtckに。指定席がブックフルだったけど、馬主席をゲットできた。ラーメン&餃子祭りとやらを開催しているので、浜松餃子とビア。今日も東京の年末らしい穏やかな冬晴れ。

Img_7161

Img_7162

 さて、いよいよ7RのサラC1。相手は弱化しているけれど、いかんせんお疲れムードが漂い覇気が感じられない。最後なので応援の単複と馬連総流し。
 レースは、まずまずの位置につけていい感じで直線に入ってくるも伸びず。終了。5年71戦6勝、終始は赤字だけれど、本当に楽しませてくれた。感謝感謝である。

Img_7169

Img_7173

Img_7174

Img_7175

 せっかくL-WING4階席をいただいたので、師走の西日を浴びながらそのまま残って今年最後の勝負。8、9Rを大敗して厳しくなってきたところで、カントリーウォーク号引退撤回のニュースが飛び込んできた。前走に引き続き、真島騎手が、このクラスは勝てると進言したとのこと。あんまり勝てそうな気はしないけれど、もう少し楽しませてくれるならありがたいことではある。
 東京2歳優駿牝馬当たり損、11R大敗、得意の高知県知事賞もいかにも飛びそうな初距離の1番が2着に残ってしまい大敗。最終レースのおおとり賞も見せ場なく大敗。大敗に次ぐ大敗で昨日のKEIRINグランプリの儲けをだいぶ吐き出してしまったが、今年は、シャンティの大勝があるので、人生2度目か3度目の年間プラスは余裕で達成だ。

Img_7177

 立会川へ戻って京急に乗ると、平和島くらいまでは順調だったのにそこからスローダウン。上大岡行きなんてめずらしいな?と思ったら、上大岡から先は人身事故で運転とりやめ中ということで、前がどんどん詰まって一駅ごとにノロノロとしか進まなくなった。京急川崎で乗り捨ててJRで帰宅。
 入浴して態勢を立て直して、みなとみらいホールへ。以前は定番だったけっれど、最近は遠征やら聖子ちゃんカウントダウンやらに浮気していたので4年ぶりの参戦。直前の購入でもまずまずの良席が確保できた。
 今年も池辺晋一郎先生のヨコハマ・ファンファーレで幕開け。司会は、おなじみの朝岡アナ。徳永二男さんや漆原姉妹も健在だ。前半のクラッピング・ミュージックというのもおもしろかった。
 指揮はもちろん飯森範親さん。今年は、シベリウスの「フィンランディア」でカウントダウンをピタリと決めて、「私、失敗しないので」とどこかで聞いたことのあるセリフ。
 コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」よりウイーンの音楽時計で2017年の幕開け〜美しき青きドナウとラデツキー行進曲。おだやかで楽しい年になりますように。
 
20161231

Img_7180

| | コメント (0)

2016/12/30

2016/12/30:ホルニッセ号能力試験合格!(KEIRINグランプリ2016大勝!)

◆横浜・東京:はれ

 今日から5日間の正月休みだけれど、普段と同じ5時半すぎに起床して、京急にて上京。本日は、愛馬ホルニッセ号の能力試験ということで、開門前の大井競馬場に参戦。関係者通路から入場。寒い。
 能力試験の見学は初めて。芸風がよくわからないが、一応本馬場入場風に登場してから、向こう正面のスタート地点へ向かうようだ。ところが、第2組の時間になっても我がホルニッセ号がなかなか登場しない。能力試験出走取り消しではシャレにならないと思い始めた頃に無事に登場。社台のS氏曰く、帽子を間違えたとのこと。ちなみにS氏は仕事だからわかるけれど、夫人も早朝から参戦している。さすがとしかいいようがない。

Dsc_0659

Dsc_0662

 試験は800m。どうやら出遅れた模様。外を回してジワジワ伸びてきてゴール。4着くらいか。能力試験くらいぶっちぎって欲しかった気がするけれど、まぁとりあえず合格したようで何より。笹川騎手曰く、砂を嫌がった、鼻を鳴らしていたとのことで、まだまだ幼い感じだし、牝馬とはいえ、ダートで戦うには小柄なのも気がかりではある。

Dsc_0667

Dsc_0670

 立会川の松屋で朝食と朝ビア。横浜駅のドトールで時間をつぶして、サカタのタネガーデンセンターでパンジー、ビオラなど購入して帰宅。昼寝。東証大納会。くまモンが鐘を鳴らして今年の取引は終了。なんとか5年連続上昇は達成したようだ。

Img_7153

 KEIRINグランプリ。だいたいラインとは無関係に決まることが多いので実力者同士の組み合わせでも筋違いならけっこうつくことがある。平原、武田、村上、新田、浅井の3連単ボックスと、3着だけ入れ替えた組み合わせも追加。レースは、村上が平原をしのぎ切って、直線武田の猛追を振り切り優勝。2着武田、3着浅井で見事に的中!しかも意外について415.6倍!大勝利!

Img_7156

 夜は、新横浜にて男子会が開催。ビアと焼酎をいただきながら、ムツゴロウさん健在問題、プロ花火師問題、バルセロナ移住問題、栗山町移住問題、中古ポルシェ問題など検討して、ゆずとバームクーヘンをおみやげにいただき22時すぎに帰宅。

| | コメント (0)

2016/12/29

2016/12/29:東京大賞典大敗!

◆横浜・東京:はれ

 日曜日の有馬記念は、ディアナの納会で酔っ払っている間に見逃したが、大敗。昨日が会社の納会で、今日は午前中だけ出社して、静かなオフィスで事務処理など。
 毎年29日は午後休と決めているのは、もちろんtckに参戦するためなのだけれど、今年は、明日がホルニッセ号の能力試験、明後日がカントリーウォーク号の引退レースとなっている。さすがに3日連続tckに行くのもばからしいし、今回の東京大賞典は、メムバーも冴えない。日本橋でストロベリーパフェでもいただこうかとうしという方に声をかけるが、相手にしてもらえないので、早々に帰浜して、そごうの資生堂パーラーでビアとビーフカレーをいただき帰宅。
 食指の動かない東京大賞典だけれど、年末の日記といえば、有馬記念大敗〜東京大賞典大敗〜KEIRINグランプリ大敗と決まっているので、参戦しないわけにはいかない。サウンドトゥルーから固めの3連単を少々買い、部屋の掃除や洗濯などしながらMXTV待機。
 16:30発走。軽視したアポロケンタッキーが勝って、案の定大敗。早々に寝ようと思ったら、布団カバーが洗濯中。仕方がないので、ワインをちびちび飲みながら、Nゲージの整備。待望の東急ヒカリエ号が入線♪

Img_7132

| | コメント (0)

2016/12/24

2016/12/24:エノケソ無念

◆長沼→千歳→横浜:はれ

 久しぶりの和室は、なんどか目が覚めたものの、まずまずよく眠れた。この宿、けっこうお客さんがいるはずなのに、周囲の物音が聞こえず実に静かである。7時起床。雪は止んで快晴。これなら無事に帰れそうだ。きれいな銀世界。第4回入浴で露天風呂を満喫。朝食ヴァイキングも美味しくいただく。

Img_7097

 別にやることもないので、神田正輝が老けてしまった問題など検討しながらだらだらとすごし、せっかくめずらしく土曜の朝に北の大地にいるので、FFFFFを見てから出発しようと思ったら、今日は放送していない。
 10時チェックアウト。クルマは雪に埋もれていて、飲みかけのコーヒーは車内で凍っているが、ブラシで雪をはらって、少し温めればなんとか出発できる。朝から晴れたので、除雪も追いついたようで、あいかわらず滑るところはあるが、なんとか無事にレンタカー返却。ホント事故らないでよかった。エグザイルのなんとかさんが、ミュジックステーション出演後に札幌ドームの3代目Jソウルなんとかさんのコンサートに参戦するため、急きょ新幹線で函館入りして、深夜クルマで札幌をめざして大事故になったとのことで、無謀と責めるのは簡単だけれど、先週の小生も、万一のときは、クルマで函館まで出て新幹線で聖子ちゃんディナーショーにというプランも検討していたので気持ちはわかる。

Img_7098

 実は、今日は世田谷で三谷さんの「エノケソ一代記」。最近の三谷さんは、うーんということも多かったのだけれど、これは久々におもしろそうだ。苦労してチケットをゲットしておきながら、栗山町のパレードに参戦した帰りにかけつけるというのはリスキーなのだけれど、なんとか無事に到着できそうだと思ったら、甘かった。。。
 まずレンタカーの営業所から空港までの道路が大渋滞。ここの渋滞は千歳の航空祭のときぐらいしか経験がない。我慢できずにクルマから降りて立ちションする人まででる始末。それでも幸いまだだいぶ時間には余裕がある。
 空港の送迎レーンはごった返していて、特にタクシーの列がすごいことになっている。JRが午前中全面ストップで高速バスもダメそうだ。そして出発エリアもすごいことに。こういう時は食料確保が第一。まずはお弁当を購入。
 なんでも昨日乗れなかった人が6000人夜明かしをして、自衛隊の毛布も動員されたとのこと。どの列が何の列だかわからないくらいにぐちゃぐちゃになっているが、こういう時はスーパーフライヤーズが威力を発揮する。ラウンジ直結の手荷物検査は行列もなくスムーズ。この時点では、まだラウンジにもお席があった。ハイボールをいただき腹ごしらえをすませたのが12時半くらい。我らの飛行機は13時30分。午前中の便は軒並み遅延が出ているが、1時間くらいの遅れなら芝居には十分間に合う。今のところ遅延のお知らせメールも来ていない。やれやれ一安心と思いきや・・・

Img_7099

 運航状況をよく見ると、出発、到着ともに遅延がどんどん拡大している。朝から晴れていて、滑走路の除雪も必要ないはずなのに、到着便はなかなか着陸できず、折り返し便の遅延はどんどん拡大していく。これはいったいなんなんだ?

Img_7100

 結局、昨日乗れなかった人が大量にいるので、搭乗手続きも混み合い、キャンセル待ちも多数。さらにJRやバスが乱れているからなかなか空港に来られない人もいる。そういう人を待っているうちにだらだらと出発が遅れ、臨時便を飛ばしてみたものの、駐機場が足りず、ぐるぐる回って引き返す便もあれば、着陸しても駐機場まで地上で1時間待ちなんていう便も出る始末。はっきりいってこれは人災だよね。さらにいけないのが情報提供が混乱することで、遅れるなら遅れると早く発表してくれればいいのに、折り返しの便の到着が読めないからという理由で遅れることすら発表されない。でも13時半の便を予約していて、13時すぎになったら、普通だったらラウンジでなきゃと思うじゃない。でみんなソワソワし始めるけど、何の連絡もなくて、出発予定時間を過ぎる頃に1時間遅れ、1時間後にまた1時間遅れ。小生の13時半の便も最終的に15時半と発表されたけど、搭乗は16時すぎで離陸にいたっては17時半だからね。もうめちゃくちゃ。雪降ってないんだから。
 ラウンジもこういう時こそ笑顔でテキパキとグラスや氷を補充してせめて雰囲気を明るくすべきなんだけれど、係りの人の方がぐったりしているようじゃ話にならない。ホント、昨日の栗山町のパレード実行委員のオペレーションを見習って欲しいよねぇ。
 というわけで、羽田到着は、3時間48分遅れの18時58分。三谷さんのお芝居はまったく間に合わない。チケット代は9800JPY。誠に遺憾だけれど、まぁ、大雪の中、事故も起こさず、無事に帰ってきただけでよしとすることにしよう。メリークリスマス。

Img_7109

20161224a

20161224b

| | コメント (0)

2016/12/23

2016/12/23:栗山町優勝パレード

◆横浜→千歳→栗山→長沼:ゆき

 4時起床。朝風呂。荷造り。夜の関東地方は嵐だったが、雨は止み、気温20度。季節はずれの温かさの中、ももひき、コート、マフラー、耳当ての重装備でYCATから5時15分の始発バスで羽田へ。雪の第1波が落ち着き、天候調査の結果、6時25分のANA987人は条件付きながら北へ向かうことになった。

Img_7072

 道中平穏で8時前には新千歳空港到着。先回りしてニッポンレンタカーさんでヴィッツ号をゲットして、新千歳空港へ戻ると、7時の便のkecoさんも無事に到着。どちらかの便だけが引き返すという最悪の事態はとりあえず回避された。こんなリスクをおかしたのも、先を急いでいるからで、栗山町の栗山監督のひとりパレードが10時から開催されるのだ。337号線で36号線をオーバーパスして東へ。道内の高速は軒並み通行止めだ。

Img_7074

 道はそれなりに除雪されたり圧雪されているのだけれど、轍が凸凹しているうえに固く凍っているので、突然がたがたと揺れながら滑るのでかなりこわい。そして、休日だけれど、高速通行止めのせいもあるのか、対向にトラックがどんどん来る。向うは慣れているだろうけど、こちらがうっかり滑ったら一巻の終わりである。雪道で事故でも、大事な予定ならまだ仕方ないが、栗山監督パレードに急いで事故ではしゃれにならない。時間はあまりないが慎重にならざるをえない。
 夏なら30分くらいのところを1時間くらいかけてなんとか到着。臨時駐車場にクルマを停めて、駅前通りへ。ちょうどあいさつが終わってパレードが始まるところ。人口1万人の町のメインストリートに地元の人がたくさん集まっている。ちょうど雪が強くなってきたが、サンタグッズの地元の子供たちが周りを囲み、監督は栗の樹ファームの愛車のトラックの荷台に乗って、手をふりながらゆっくりゆっくり進む。ファイターズのパレードに比べてゆっくりなので、通りすぎた後も後ろに行けばまた見ることができる。なので新聞やネットに出ていた3000人とか5000人という数はかなり重複がありそうで怪しいけれど、うわさ通りの手作り感満載の心温まるパレードで、応援していたチームが日本一になった喜びをあらためてかみしめる。

Img_7081

Img_7082

 パレードの次は、近くの体育館に場所を移して、撮影会&握手会。これがまた手作り感満載でかつ最高のオペレーションですばらしい。なんでも事前応募の1500人に加え、当日受付の人も含め全員の握手&撮影につきあうということで、早々に申し込んだ我々は12時30分の初回だけれど、当日受付の人は19時すぎの回になるとのこと。体育館には、栗の樹ファームグッズや、地元の名産栗山コロッケ、さらに本日発売の日本一記念栗山監督モデルの長靴などが販売されていて、特に長靴が飛ぶように売れていくのがローカル感満載でいい。
 それにしても1500人以上の撮影&握手をどうやってさばくのだろうかと心配だったのだが、このオペーレーションがまたすばらしい。事前申し込みの人には往復ハガキの返信に整理番号が乗っていて、整理番号順に受付・整列するのは、ライブハウスなどと同じだが、その後が工夫されている。まず撮影場所を3カ所用意して、常に3組ずつ待機させておいて監督が移動することで、入れ替わり時間を短縮。直前の待機場所では、10組程度並んだ状態で、各組毎に撮影担当がつき、事前にカメラを確認。この役目は地元の学生が担当することで、スマホやデジカメにとまどうこともない。そして、開始直前には、みんなでかけ声をかけて心をひとつに。おらが町の監督の撮影を少しでもラクにさせようという意気込みがすごい。そもそもこのパレード自体が、球団非公式の地元有志による企画なのだけれど、よくこれだけのオペレーションができるものである。札幌ドームさんや清水スポーツさんには爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。

Img_7086

Img_7088

 で、我々はというと、なんと先頭になってしまったので、小生のiPod touchだけでなくその後ろでは道新さんの撮影も行われてしまい、あわただしく握手をして退場。栗山監督1年間お疲れさまでした。
 まだ12時半前だけど、もうやることもない。監督も愛用している地元の名店「はらへー太」さんで美味しい広東麺をいただき、せっかくだから栗の樹ファームの様子をのぞいていこうかと思うが、以前来たことがあるのに道に迷ってしまう。雪もいよいよ激しくなってきた。300万円の分譲地購入を真剣に検討したこともあったのだが、冬の生活はとても無理そうと分かってきたところで、早めに宿をめざすことにする。美女とホワイトクリスマスといえば、普通は札幌へ出てホワイトイルミネーションでもというところであるが、我らは、おなじみのながぬま温泉へ。日帰りで2回参戦したけれど、宿泊は初めて。だいぶ雪が強くなってきて運転も難儀になってきて緊張からかお腹も終了気味だが、なんとかたどりついて15時前にチェックインを許される。

Img_7093

 6畳の和室で一息つくが、いかんせん入浴くらいしかすることがない。第1回入浴。雪見の露天というと一見すばらしいのだが、雪がいよいよ激しくなり、長くはいられない。湯上がりラウンジでビアをいただくと、テレビが大雪情報を告げる。札幌の積雪は90センチを越え、12月としては50年ぶり、新千歳空港も午後からほぼ全便欠航となり、JRも混乱して各地で大変なことになっている模様で、とりあえず温泉に入ってヒマを持て余しているのは幸せなことのようだ。
 噂の出島の華をいただいてから第2回入浴。テレビで全日本フィギュアを見ながらお食事は部屋食。栗山町名産の日本酒をいただきながら、羽生をディスりすぎたことは反省している問題、今日はいないから安心して見られるぞ問題、しかしロッテのCMで出てきてしまった問題、しかも赤はまったく似合わないぞ問題、優と書いてシュウと読ませるのはキラキラネームとは別の苦労があるぞ問題、前半の選手のスピンが遅すぎて止まりそうだ問題など検討して、フジテレビのフィギュア中継は塩原アナの失脚とともに生中継中心となって少し見直したという結論に達したところで、第3回入浴をすませ、早々に就寝。

Img_7096

20161223b

| | コメント (0)

«2016/12/22:OKAMURA TAKAKO Special Live 2016 "Christmas Picnic"♪