2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/8/6:STARS展に参戦♪

◆東京・横浜:はれ:7409歩:東京都心の最高気温=33.1度

 連日の猛暑。麻布十番の駅から、けやき坂を上るだけで汗だくになってしまうけれど、なんとか六本木ヒルズへ。本日は、森美術館のSTARS展に参戦。事前予約で朝イチ10時の回。30分毎におそらく定員150人くらいのところ、3~40人くらいしか売れていないようなので、行列もなくエレベーターも独占して、53階へ到着。冷房が効きすぎて寒い。

Image7_20200813151301

Image1_20200813151301

 トリエンナーレのような現代モノはよくわからないけれど、こちらは、草間彌生、李禹煥、宮島達男、村上隆、奈良美智、杉本博司ということで、小生でも6人中5人は知っている(^^)くらいだから安心。場内も一部屋に多くて数人ということで、密にならずゆったり。一部作品をのぞき撮影可もうれしい。みなさんそれぞれ楽しめたけれど、特に李禹煥さんの部屋の雰囲気がなかなかよかった。事前予約も面倒だし、まだまだ美術館へ行く人も少ないようだけれど、先日のナショナル・ギャラリー展といい、これだけゆったり楽しめるのはある意味貴重だね。

Image2_20200813151301

Image10_20200813151301

Image8_20200813151301

Image9_20200813151301

Image5_20200813151301

Image6_20200813151301

 せっかく麻布十番へ来たので、久しぶりに更科堀井へ。近いところに更科が3軒あるけれど、個人的には、ここが一番お気に入り。11時半開店で、お客さんもそれなりに入ってきたけれど、中央のカウンターも席を減らしてくれていて、落ち着いて食べられる。ハーフビア、鳥焼き、変わりそば(レモン切)。旨い♪

Image_20200813151401

Image4_20200813151301

Image12_20200813151401

 

2020/8/3:エア旅・エア散歩

◆横浜:はれ:6284歩:横浜の最高気温=32.4度

 7時に起床すると、今日も大谷くんは、もう降板している。あまりにもあんまり。

 本日は、スリバチ本片手に、谷の真打ち「下末吉」を歩こうと思って、出発したのだけれど、あちぃので、断念して帰宅。冷房をかけてひきこもる。

 仕方がないので、購入してまだ観ていなかった、「只見線」のBlu-rayでエア旅。先日のスーパー宗谷のときは、実際の出発時刻に合わせたのだけれど、今回は、会津若松発5:59なので、リアルタイムは断念して、4時間遅れくらいで堪能。前回と同じく運転席固定カメラなので、トンネルに入れば真っ暗だし、虫が張り付いたりするのもご愛嬌。運転士さんの「制限、45」などの声もはっきり。

Image3_20200811121101

Image2_20200811121101

Image1_20200811121101

 只見線に乗ったのは、本格的に乗りつぶしを始めた頃だかえら、もう15年も前なんだねぇ。あと4年前にも会社のCSR活動みたいので、森を見に来たんだよね。豪雨で一部区間普通になってからもう10年近いと思うけれど、復旧工事は続いているようなので、また乗りに来たいものだね。

Image6_20200811121101

 夕方、多少涼しくなったところで、近所を少し歩いて、プロントで風香るハイボール、タコのカルパッチョ、エビのアヒージョ、ボロネーゼ。店内は、ほとんど無人だから安心なんだけれど、数少ない行きつけだからつぶれないで欲しいよね。

 帰宅すると、注文しておいた「東京人」9月号が到着。特集は、「江戸東京空想エア散歩」。地図好きの人たちがいろいろと寄稿して、江戸、東京のなつかしい地図多数。実に読み応えあるよ。そして、次号の特集は、「暗渠散歩」というのだから、まったくもってすばらしい。

Image_20200811121101

Image5_20200811121101

 しめくくりは、BS日テレで、最近はまっている、「友近・礼二の妄想トレイン」。これもコロナ禍ならではの旅しない旅番組なんだけれど、マニアックな妄想旅が楽しい。今日は、のぞみ→しおかぜで松山へ行って、坊っちゃん列車に道後温泉。坊ちゃん列車がターンテーブルなしで、自力で転回しているとは知らなかったよ。

Image7_20200811121101

Image4_20200811121101

Img_5798

 エア旅、エア散歩で楽しんだ1日。でも、やっぱり乗りたい、歩きたい、温泉入りたい♪

2020/8/1:大地(Social Distancing Version)【Streaming+】

◆横浜:くもり時々はれ:3531歩:横浜の最高気温=30.0度

 8月になって、関東甲信越待望の梅雨明け。もっとも、梅雨明け直後らしいギラギラした太陽はなく、気温もほどほどといったところ。

Img_5787

Img_5786

 292のバスでディアナへ顔を出して、事務処理を済ませて、帰りは101のバスで桜木町へ出て、一蘭をいただく。

Img_5784

 17時から、三谷さんの新作「大地」を配信で。PARCO劇場のチケットを苦労してゲットしたのだけれど、いったん払い戻しになってしまって、座席を減らしての再販売ということで現地は断念。先日の柏木さんのコンサートで配信も意外と楽しめることがわかったので、今日も部屋を暗くして、スマホの電源は切って、iPadをスタンドにセットして、ヘッドホンをつけて。柏木さんのコンサートとちがって、今日はライヴオンリーで、1週間以内の再生とかもできないので、おトイレも済ませて集中。PARCO劇場の入口の映像から始まって、ドアを開けて、さぁ、いよいよ開演♪

20200801b

 いやぁ、おもしろかった。旧ソ連?風の国家で収容所に入れられた俳優たち、といういかにもコロナ禍を意識したように思えるストーリーなんだけど、俳優間の距離はとるように変更こそしたものの、シナリオ自体は昨年に考えていたというから不思議。(本人も先見の明に驚いたとか)

 小さな画面なんだけど、気がつくと豪華キャスト陣の演技に引き込まれる。配信向けに、25分の休憩中には、大泉さんや山本さんと三谷さんの特別対談なんかもあって、終演は20時だからたっぷりと堪能。楽しかった♪

20200801z

 

2020/7/30:泉岳寺~Takanawa Gateway Fest

◆東京:くもり時々はれ:8853歩

 9時半すぎ、そろそろ出かけようとしたところで、いじっていたiPhoneが盛大に鳴り出してビビる。緊急地震速報。まったく揺れず。空振り。まぁ、仕方ない。

 今日も涼しいので、街を歩く。10時すぎに出発。清正公から天神坂を上がって、東海大高輪台のあたり、二本榎通りというのかな。ここから、細い坂道を降りていくと、井戸があったりして、行き止まりかと思ったらまだ先があって、今度こそ、行き止まりかと思ったら、また先が。これはすごい路地。で、突然、開けたところが、泉岳寺の山門。

Image16_20200806144501

Image_20200806144501

Image3_20200806144501

Image17_20200806144501

Image7_20200806144501

Image4_20200806144501

Image2_20200806144501

 泉岳寺も数え切れないくらい近くを通っているけど、実は初参戦。拝観無料なので、お賽銭を少し多めに入れて本堂にお参りすると、その横に、四十七士の墓がある。こちらは、入口でお線香を200JPYで売っていて、強制ではないのだろうけど、購入せざるを得ない雰囲気。すると、太い束になったお線香が渡される。そうか、四十七士のお墓それぞれにお参りするためなのね。申し訳ないけど、一部割愛して退場。

Image14_20200806144501

Image15_20200806144501

Image18_20200806144501

 国道へ出たところが、高輪ゲートウェイ駅、と言いたいところなのだけれど、駅前広場がまだ整備中で改札まではけっこう遠い。その、整備中の広場で今月から始まったのが、Takanawa Gateway Fest。なんだかよくわからないけれど、事前予約(直前まで可)で11時の回に入場。消毒と検温。

Image9_20200806144501

Image8_20200806144501

Image5_20200806144501

Image12_20200806144501

 閑散とした場内には、いわゆる企業ブースというか、未来体験パビリオンみたいのがあるようだけれど(別途個別予約要)、よくわからないので、フードマーケットさんに参戦して、先日テレビのニュース番組で紹介されていた富山の「eat3.4」さんの紅白かき揚げ天丼さんをいただく。テークアウト不可とのことで、場内でいただくけれど、広い休憩エリアは、ほぼ無人なので、0密。なかなかの味で、1200JPYなら、このテのイベントとしては、リーズナブルといえよう。

Image13_20200806144501

Image1_20200806144501

Image10_20200806144501

Image11_20200806144501

 東証続落、勢10敗、アフター5スター賞トライアル大敗も、ファイターズは快勝で3連勝♪

Image00_20200806144601

 

 

2020/7/27:横浜トリエンナーレに参戦

◆横浜・東京:はれ:8709歩

 うまい具合に5時頃に目が覚めたのだけれど、眠いので、二度寝して6時すぎに起床したら、もう大谷くんは降板している。1死もとれず5失点とは、あまりにもあんまりだ・・・

 横浜美術館で開催中の横浜トリエンナーレへ参戦。入場時間指定の予約制だけれど、4連休明けの月曜日の朝イチの回ということで、ガラガラ。サーモグラフィーのチェックを受けて、スマホチケットで入場。

Image10_20200805081901

Image11_20200805081901

 展示内容は、正直、あいかわらずよくわからないのだけれど、まぁ、近所だから散歩がてらの気分転換にはいいかなというところ。撮影OKで、インスタ映えはするしね。何人か追い抜いてしまうと、ソーシャルディタンスどころか、大きな展示室をほとんど独占。むしろ係員の方が多いくらいなんだけど、黙って部屋の隅に座っててくれればいいのに、話しかけてきたりするんだよね。もちろんマスクはしているけど、せっかく、お客さん同士も距離とってるのに、わざわざ近づいてこないでほしいよね。

Image_20200805081901

Image7_20200805081901

Image14_20200805081901

Image6_20200805081901

Image8_20200805081901

Image12_20200805081901

Image3_20200805081901

 今年は、プロット48という別会場もあって、これは、移転したアンパンマンミュージアムの跡地なのかな。

Image2_20200805081901

Image5_20200805081901

Image4_20200805081901

Image15_20200805081901

Image13_20200805081901

Image16_20200805081901

 オリックスの株主優待の前沢牛が到着したので、じうじうと焼いて美味しくいただく。株価が低迷しているので、せめて優待くらい満喫しないとね。。。

Image9_20200805081901

 

 

2020/7/26:町中華オフ

◆横浜:くもり時々雨一時晴れ:866歩

 1日4本の292のバスでディアナへ顔をだして、軽く打ち合わせを済ませたところで、うしという方が来浜。保土ヶ谷バイパスを北上して、二俣川へ。あいかわらずややこしい合流だ。

 5年に一度、免許の更新のときしか来ない、二俣川だけれど、駅近くに、お知り合いが経営するおすすめの町中華があるとのことで、応援も兼ねて「大龍飯店」さんに参戦。ちょうど晴れてきて、梅雨明けを思わせる夏空。

Img_5702

 200JPYとリーズナブルなビア(小)で喉を潤してから、町中華らしい、美味しい肉野菜炒め、美味しい餃子、美味しいよだれ鶏などを堪能。こういうお店が近所に欲しいよねぇ。12時をすぎる頃には、地元の方が続々とやってくるけれど、店内はけっこう広くて、お一人様はカウンターなので、それほど密な感じでもない。

Img_5704

 繁殖牝馬を持つのだけは・・・問題、先着順なのに北の大地に届かないのはいかがなものか問題、組合馬主はいかにも揉めそうだ問題、ガスの乾燥機のパワーは別格だ問題、ノアノハコブネの音無師が成功するとは予想できなかった問題などこのご時世の諸般事情について検討して、アクリル板越しでもいいから口取りはしたいぞ、阿炎だけはどうしようもないぞ、眠れてるなら、朝からプールに入れば全て解決するぞという結論をいただいて、お店を出ると、いきなり雨。

Img_5705

 帰宅してからも晴れたり、曇ったり、まだ盛大に降ったり、夜は光ったりで、梅雨明けはまだ先になりそう。アイビスサマーダッシュ中敗。勢6敗。

 

2020/7/25:スリバチナイト10~明日に向かって凹め。

◆東京・横浜:くもりのちあめ:4230歩

 本来なら五輪2日目。馬事公苑で馬術に参戦するはずだった日。仕方がないので、崎陽軒の「N700Sデビュー記念弁当」の第2回予約に参戦する。

 10時打ち、それも今どき電話のみということで、10時きっかりからリダイヤルを続けるもまったくつながらず。11時になっても12時になってもつながらず、バカバカしくなって断念。そうこうしているうちに、秋山がヒット、筒香がホームラン、大谷くんもヒット。MLB中継が始まると、また少しだけ日常が戻ってくるね。

 横浜へ戻って、夜は、スリバチ学会のトークイベント、「スリバチナイト10~明日に向かって凹め」の有料ネット配信に参戦。渋谷の会場では、1ドリンク付3000JPYのところ、ツイキャスとやらの配信は2000JPY。

20200725x

 最初は、皆川会長が、武蔵野台地のたくさんのスリバチを例に「町のくぼみは海へのプロローグ」など、おなじみのポエムとともに解説してくれて、次は、スリバチ本にも執筆していた、大山さんの日本橋論、さらに、休憩を挟んで、石川副会長が、会の活動の歴史をいろいろと解説してくれる。五輪に関連して、スリバチとスタジアムの話のおもしろかった。

 最後は、日大の中村さんという学生が、暗渠再生の卒業制作を披露。これもとてもユニークで楽しい。

 先日のコンサートのネット配信とはまた雰囲気はちがうけれど、現場にいるような感覚でこの配信もけっこう楽しめたし、また歩きに行きたくなるねぇ。

 

«2020/7/24:TOKYO FM 開局50周年「アイ・ラブ・ユー~僕はきみのラジオ~」

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録