2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 【復刻版】初風S観戦記&PAT奮戦記(中山ほか:1995/9/16-17) | トップページ | 【復刻版】夢の対決!南部杯観戦記(水沢:1995/10/10) »

【復刻版】セントライト記念&サラC1観戦記(中山&大井:1995/9/24)

 タヤスツヨシの思わぬ敗退で、俄然混戦模様の菊花賞戦線、シグナルライトも、無事にセントライト記念に駒をすすめてきた。11時にO氏を拾い、船橋法典駅前の焼肉「安楽亭」で前祝いを済まし、13時すぎに競馬場へ到着。
 10Rをパスして、パドックへ。テキが妙に固い。いつものように冗談をいうでもなく、話かけづらい雰囲気。下馬評は悪いが、期するものがあるようだ。太めが伝えられた馬体も-10キロで、初めて500キロを切ってきた。あまり期待していなかったが、ひょっとすると、という気にはなってきた。単勝1000円と、軽く総流し。
 レースは、予想通り、スローペース、横山典の好判断で、4~5番手と早めの競馬。3コーナーでさらに上がっていき、4コーナーでは、先頭のサンデーウェルに並びかける。ユーフォリアの前走みたいな感じで、あとは前をかわすだけで、後ろからは何もこない。これはもらった!
「それ!」
「行け、行け!」
(バン、バンと机を叩く音)
 ここで、コップの水をひっくり返し、ズボンがずぶ濡れに、幸いコップは割れずに床にころがったが、気をとられているうちに、内のサンデーが差し返して1馬身のリード。
「行け、行け!」
気を取りなおして、あらためて机を叩くが、1/2身差の2着。3着以下は3馬身差で、菊の権利も確保したし、まずはめでたいが、絶好の勝ちパターンを逃した感も否めない。青葉賞に続いて、またしてもサンデーサイレンス産駒が立ちふさがった。
 勝ったサンデーウェルの森師に会ってくるという敵だか味方だかよくわからない酒氏は見捨てて、帰宅の途に。決め手不足を淀の3000mでカバーできるかどうかはわからないが、大目標に向けて、秋の競馬も忙しくなりそうな気配である。

19950924

さて、この帰り道、思わぬ方向へ車は向かっていくことに・・・

 中山の帰りは、湾岸道路。環状線の渋滞を避け、大井で降りるのもいつも通り。しかし・・・
「どうします?」
「あんたが、どうしてもっていうなら?」
「そっちこそ、どうしてもっていうなら」
「じゃあ、かるく行きますか」
 車は、品川方面へ向かわず、そのまま直進。3分後には、ナイター照明が輝く大井競馬場へ到着した。長い競馬歴でも、史上初のダブルヘッダーへと
突入である。
 土、日は客が入らないという不思議な競馬場だけあって、指定席が余っていた。4コーナー寄りに席を確保し、検討開始。まだ6レースに間に合う。
「うーん」
「あいかわらず、検討できないね」
7レースのサラC1(6、7組)から参戦。外回りということで、追い込みのカネヨシセンプーにかけるが、例によって3着止まり。これは!という手応えの馬が必ず最後に止まってしまう。ただし、押え馬券が的中。
 8レースもサラC1(6、7組)戦。森下騎乗のキクノリズムから狙うがこれも3着止まり。
 そろそろ特別かなと9レースを見ると、「サラ4歳特選(341.5万~380.0万・4組)」とある。なんだか疲れてきた。
「どうします?」
「帰りますか」
 長年遠征を共にしているだけあって、このへんの呼吸は絶妙である。結局、メインのブルーライト賞を待たずに、退場となり、観戦記のタイトルも間抜
けなものになった。初のダブルヘッダーだが、やっぱり「疲れるだけ」というのが正直な感想である。

« 【復刻版】初風S観戦記&PAT奮戦記(中山ほか:1995/9/16-17) | トップページ | 【復刻版】夢の対決!南部杯観戦記(水沢:1995/10/10) »

競馬」カテゴリの記事

【復刻版】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【復刻版】初風S観戦記&PAT奮戦記(中山ほか:1995/9/16-17) | トップページ | 【復刻版】夢の対決!南部杯観戦記(水沢:1995/10/10) »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録