2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 【復刻版】エッセイ(1997/2/24〜1997/7/1) | トップページ | 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) »

【復刻版】小倉競馬遠征日記(小倉:1997/7/18-20)

◆7/18(金)

 定時え早々に退社。崎養軒のしょうが焼弁当、ビール、夕刊各紙を揃え、東海道下りホームに。会社帰りにそのまま乗り込む寝台特急というのが、なぜか好きだ。同行のT氏には気の毒だが、そんな訳で、寝台特急「あさかぜ」で旅は始まる。
 無事に下段寝台で合流。弁当を食べ、しばし雑談し、明日のメインの検討をすると、早くもヒマになる。ロビーカーは占領されているし、おつまみも購入できない。昔とちがって、停車時間の長い駅もなく、売店に走る楽しみもない。早々に就寝とする。

◆7/19(土)

 広島あたりで、「おはよう放送」。ここで起きては、先が長いので、二度寝をして、そろそろかと思い、起き上がると、まだ岩国あたり。朝食を購入すべく、ロビーカーに行くと、
「お弁当は売り切れました。」
 と言っている販売係が最後の一個を食べている。
 どうにか9:55に下関到着。ローカル電車で、関門トンネルをくぐり小倉へ。懐かしいの氏が、愛車プジョーでお迎えである。
 土曜ということもあって、競馬場は空いている。前半は快適だったが、午後から、直射日光が差し込み、やはり暑い。なしくずしに、連敗を続ける、最悪の展開だったが、メイン11Rで、熊沢のピュアハートがいっぱいに粘り、損を取り返す。やれやれである。
 なんと、の氏は仕事がある、ということで、いったんホテルにチェックイン。シングル5300円というだけあって、久々にやばいホテルに泊まってしまった。相棒のO氏であれば、ドタキャンしたであろう。T氏には気の毒であった。
 仕事を終えたの氏に再度迎えに来てもらい、夜は、焼き肉。ダイエー戦のテレビ中継が行われているが、途中経過によれば、ファイターズ苦戦。西崎はどうしたのだろう。その後、ゲーム&ボウリング大会。の氏は、ドレミファグランプリで圧倒的な強さ。ボウリングは、T氏が好スコア。レベルが高い。卓球もあったが、却下されてしまい残念。

◆7/20(日)

 今日も暑い。このメムバーでの真夏の遠征といえば、2年前の中京が思い出されるが、今回も似たような雰囲気になってきた。ぐったりしてくる。朝から、アイスやかき氷ばかり。
 じっと我慢して、9R湯布院特別が勝負。たたき3戦目、単騎逃げ有望のセントパークの単、本命武豊マイネルマースへの馬連で勝負。幸の大逃げがまんまとはまり、快勝!これで負けて帰る心配はなくなった。
 儲けを倍増させるべく、函館と小倉のメインで勝負するが、UHB杯のレインボークイーンは、本田の不可解な騎乗、直線前がつまる。一方、メイン北九州記念のエイシンサンサンは、武豊ダンディコマンドの積極策の前に逃げを封じられ、よくがんばるも、4着精一杯。大勝利とはならなかった。
 もう1泊して福岡の友人と再会するT氏とも別れ、帰路は単身「ひかり号」グリーン車である。九州何とか切符のおかげで、1000円程度の追加でグリーン車に乗れる。ただし、「のぞみ」はダメなので、6時間のロングラン。日本で一番快適な、100系2階席も、さすがに名古屋を過ぎてからは、退屈した。

« 【復刻版】エッセイ(1997/2/24〜1997/7/1) | トップページ | 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) »

競馬」カテゴリの記事

旅・九州」カテゴリの記事

【復刻版】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【復刻版】エッセイ(1997/2/24〜1997/7/1) | トップページ | 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録