2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) | トップページ | コメ・環境・日本の針路~エドモン・ダンテスさんとの対論~(1997/10/9〜10/28) »

【復刻版】新潟3歳S観戦記(1997/8/31)

 今年の夏もいよいよ終わりである。楽しいことも、楽しくないことも、いろいろあった訳だが、フィナーレを飾るべく、我々は「あさひ1号」で日本海をめざす。1時間40分あまりで、新潟駅に到着し、駅レンタカーにて、競馬場へ。
 GWの地方開催以来の新潟競馬場。1Rに間に合ってしまったが、例によって、ヒマを持て余すことになる。一昨年の猛暑ほどではないが、やはり蒸し暑く、口取りを意識してスーツを着用している身にはこたえる。
 2頭の無事を祈り、馬頭観音にお参りし、場内のVTRにて、11年前のクールハートの新潟3歳Sを見る。先行して5馬身突き放す強い勝ち方。セントグレイスも母にあやかりたいものである。
 イタリア軒にて、おいしいカレーをいただき、6Rの新馬で、ケイツーパフィが2着に突っ込み、好配当をゲット。その後、食指の動くレースがなく、冷房の効いたソファーで、しばし休憩していると、いきなり、ミスピーチ嬢とミス飯坂温泉嬢が登場した。福島開催を待ちきれないのだろうか。格はわからないが、個人的には、ミス飯坂温泉嬢がよかった。
 さて、ようやくメイン11R、新潟3歳Sのパドック。芦毛、408キロの馬体は、やはりこのメムバーでは、目立たないが、状態は、悪くなさそう。おなじみのO調教師が、サングラス姿で登場したのには、驚いた。高崎のタマファイターは、発汗が目立ち、やはり中1週がこたえているか。
 レースは、1枠からまずまずのダッシュで、2番手につけたセントグレイスだが、3コーナーあたりから、ズルズル後退。なんとシンガリ負け!やはり前走の勝利は、恵まれたものだったか・・・
 そして、続く最終12R。叩き3戦目であり、チャンスと思われたユニオンヒルまでが、VTRを見るかのように、ズルズル後退!シンガリ負け!これでは、どうしようもない。とき号にて、早々にて、帰京となる。

19970831


« 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) | トップページ | コメ・環境・日本の針路~エドモン・ダンテスさんとの対論~(1997/10/9〜10/28) »

競馬」カテゴリの記事

旅・中部」カテゴリの記事

【復刻版】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18) | トップページ | コメ・環境・日本の針路~エドモン・ダンテスさんとの対論~(1997/10/9〜10/28) »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録