2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 1997年7月 | トップページ | 1997年10月 »

【復刻版】新潟3歳S観戦記(1997/8/31)

 今年の夏もいよいよ終わりである。楽しいことも、楽しくないことも、いろいろあった訳だが、フィナーレを飾るべく、我々は「あさひ1号」で日本海をめざす。1時間40分あまりで、新潟駅に到着し、駅レンタカーにて、競馬場へ。
 GWの地方開催以来の新潟競馬場。1Rに間に合ってしまったが、例によって、ヒマを持て余すことになる。一昨年の猛暑ほどではないが、やはり蒸し暑く、口取りを意識してスーツを着用している身にはこたえる。
 2頭の無事を祈り、馬頭観音にお参りし、場内のVTRにて、11年前のクールハートの新潟3歳Sを見る。先行して5馬身突き放す強い勝ち方。セントグレイスも母にあやかりたいものである。
 イタリア軒にて、おいしいカレーをいただき、6Rの新馬で、ケイツーパフィが2着に突っ込み、好配当をゲット。その後、食指の動くレースがなく、冷房の効いたソファーで、しばし休憩していると、いきなり、ミスピーチ嬢とミス飯坂温泉嬢が登場した。福島開催を待ちきれないのだろうか。格はわからないが、個人的には、ミス飯坂温泉嬢がよかった。
 さて、ようやくメイン11R、新潟3歳Sのパドック。芦毛、408キロの馬体は、やはりこのメムバーでは、目立たないが、状態は、悪くなさそう。おなじみのO調教師が、サングラス姿で登場したのには、驚いた。高崎のタマファイターは、発汗が目立ち、やはり中1週がこたえているか。
 レースは、1枠からまずまずのダッシュで、2番手につけたセントグレイスだが、3コーナーあたりから、ズルズル後退。なんとシンガリ負け!やはり前走の勝利は、恵まれたものだったか・・・
 そして、続く最終12R。叩き3戦目であり、チャンスと思われたユニオンヒルまでが、VTRを見るかのように、ズルズル後退!シンガリ負け!これでは、どうしようもない。とき号にて、早々にて、帰京となる。

19970831


【復刻版】'97北海道ツアー(札幌記念ほか:1997/8/13-18)

◆8月13日(水)

 恒例の夏休み北海道遠征。今年は、少し趣を変え、東北新幹線での出発である。旅の相棒のうっしーことO氏から、おなじみの千疋屋のシャーベットをいただき、新兵器の「ジェニオ」でネットサーフィンを楽しんでいると、あっという間に仙台駅へ到着した。仙石線に乗換え、宮城球場へ。ファイターズ対マリーンズ戦が行われるのである。初の地方球場遠征、早くも夏休み気分が、高まってくる。
 あまりにオンボロな宮城球場、試合は、地元の仙台育英出身の金村が健闘、5回まで0対0でテンポよく進む。今夜の北斗星は、23時32分の発車なので、もう少しゆっくり楽しみたい、と思っていたら、試合は動き出し、トンプソンのホームランでマリーンズ先制するも、ウィルソン、井出、片岡のアーチ攻勢で、ファイターズ逆転し、快勝。島崎の復調ぶりも心強い。
 市内に戻り、お好み焼き屋で乾杯。大変幸先のよいスタートとなった。予定通り、北斗星5号に乗車、ロビーカーで、しばし歓談。映画が上映されていたが、「ティン・カップ」の後、山野浩一氏の日高紀行が始まったのには、驚いた。気分はますます盛り上がるが、これは、明日の朝のプログラムだったらしく、すぐに終了してしまう。我々も早めに就寝。

19970813

◆8月14日(木)

 前夜のビールのせいか、寝台車にしては、久々にぐっすり眠れた。食堂車にて、朝食。残念ながら和定食は、売り切れ。洋定食をいただくが、登別駅停車の衝撃で、コーヒーがこぼれてしまう。とか何とかいっても、列車の旅は楽しいものだ。
 10時50分に、札幌到着。これから5日間、我々の足となるレンタカーを確保、ホンダのLogoとかいう小さい緑の色のクルマである。O氏は、すすきのタウン情報を購入もすませる。本来なら、岩見沢のばんえいにでも向かうところだが、今年は、これまた趣を変えて、そのまま宿泊地の登別をめざす。
 登別といえば、もちろん滝本イン。第一滝本館の大浴場が使えるおなじみの宿である。しかし、今回は時間があるので、どこか1ケ所観光できる。時代村は、4年前に痛い目に遭っており、O氏10年来の悲願であるクマ牧場参戦も検討されたが、結局、マリンパークへ。水族館、イルカショーを見学する。小雨が降ってきて、かなり寒い。どうやら、北海道は異常低温の最中のようである。早々に退散して、滝本インへ。早くも入浴。マンネリだが仕方がないのだ。
 マンネリといえば、滝本インの夕食バイキング。今年も一品も違わず、おなじみのおかずが並んだ。ここまでくれば、大したものだ。
 夕食後、再度の入浴。エアホッケー、ラーメン、かき氷。どこまでもマンネリな登別の夜は更けていくのであった。

◆8月15日(金)

 未明、O氏ののいびきで目が覚める。今年も、ブリーズライト(鼻に貼るやつ)の効果なし。入浴後、日高路をめざす。「こんなモノいらない」の代表格ともいうべき日高自動車道(苫小牧-浦河)の工事が着々と進んでいる。恩恵を受けてしまう日も遠くなさそう。
 静内ウェリントンHで、昼食をとりながら、プランを練る。O氏の2歳馬(アフリート*オンリーワンダンス)と、小生の2歳馬(アフリート*プライ)を比べる予定だったが、小生の2歳馬がいるG牧場には、見学を断られてしまった。ユニオンの会員への対応の良さには、定評があっただけに、誠に遺憾。
 アロースタッドで、ラムタラ見学を試みるが、馬房から顔を出してくれず。あきらめて、O氏の愛馬見学につきあうことにする。ラフィアンの応対はとても感じがよかった。2歳馬はまだこれからという感じ、3歳馬は、暴れて怖い。まともに調教できない、というのもうなずける。そして、マイネオリーブは、スターオブコジーンの仔を連れていて、お腹には、ペンタイアを受胎しているとのこと。O氏は、大いに堪能されたようである。
 いよいよ寒くなってきた。クルマはさらに南下して、浦河へ。昨年も書いたが、町並みが整っていって、とても美しい。ウェリントンHもこちらの方がきれいだ。ただし、街に食べるところは少なく、ホテルにてお食事。ファイターズの勝利を確認して、就寝。これで待望の3位。

◆8月16日(土)

 早起きして、7時30分出発。国道235号を北上して、札幌をめざす。10時すぐに競馬場に到着すると、まだ指定席が購入できた。気温は20度前後で、とてもさわやかだ。
 前夜検討も不足しているし、7Rあたりから、軽く参戦。メイン11RHBC杯のオースミジェットの単が勝負となったが、惜しくも2着で、結局、ノーフォーラ。O氏はかなり熱く買っていたが、こちらもノーフォーラ。
 明日に備え、早々に退散することとし、ワシントンHにチェックインを済ませると、おなじみのサッポロのビール園へ向かう。まだ明るいので、外の庭園で、ジンギスカンをいただく。あんなものどこが美味いんだ、という声もよく聞くし、もっともでもあるが、やはり札幌に来たら、これを食べない訳にはいかない。昼の競馬場のそばがまずかったかともあって、お腹をすかせていたので、小食の小生も、けっこう健闘した。食べ役O氏は、今回は飲み役不在ということもあり、3杯目のビールに挑んだが、このあたりから、フラフラになり、ジンギスカンのタレを1着しかない長ズボンにぶちまけてしまった。
 とりあえず、みんな楽しそうだが、特に、外人さんの2組が意気投合したらしく、写真など撮りあって盛り上がっているが、最後に、
「サムイ、カエロ」
 といって、帰っていったのには、驚いた。たしかに、陽がかげってくると、寒い。
 その後、すすきの交差点まで戻り、恒例の解散。O氏がどこへ行ったかは、誰も知らない。

◆8月17日(日)

 いよいよ札幌記念である。念入りな前夜検討を行ったが、どうもひらめくものがなかった。無難にジェニュインからという結論。
 4Rで昨日から、はじめての的中。6Rでは、休み明けのハセノヒカリから勝負して、快勝。ここまでは、順調だったが、その後がいけない。太めに買いだした特別戦でことごとく敗退。札幌記念もエアグルーヴが圧勝し、ジェニュインは4着。遠征気分も手伝って厚く買っており、なんと3万円のマイナスである。
 そして、最終12R。前夜検討で唯一自信を持てた、ニーニャデガルチに望みを託す。単勝5000円。好スタートからハナを切ったが、ダート1000m戦が実に長く感じられた。見事逃げ切り!損は全部取り返した。O氏もプラス、そして、ファイターズ5連勝!最高の気分で、今回の旅のメインイベントともいえる定山渓ビューホテルへ向かう。
 パンフレットやCMで噂には聞いていたが、定山渓ビューホテル・新館グレイトビューは想像をはるかに超えるバカっぽさで、我々を十分満足させてくれた。豪華な部屋で一休みすると、展望大浴場、本館大浴場でたて続けに入浴。さらに、レストラン「グランシャリオ」で豪華バイキングをいただいた後は、いよいよ水の王国「ラグーン」である。
 波のプールにまず度肝を抜かれた我々だが、さらにスプラッシュリバー、マウンテンウォータースライダーが待ち受けていた。こんなに怖いとは思わなかった。もうくたくたですぅ。

◆8月18日(月)
 
 未明、O氏のイビキで目が覚める。朝風呂を済ませ、2度寝しようとするが、またしてもイビキ。仕方ないので、また入浴。
 いよいよ旅も最後である。すすきのにて、再び解散。大通公園で、ジャガイモをいただく。
 昼食は、O氏の念願である、ラーメン「純連」(すみれ)。新横浜ラーメン博物館にも入っているというので、少し不安になったが、油の乗ったスープと固めの麺はたいへん美味しかった。大行列もなっとくである。
 最後は、これまた恒例のノーザンホースパークでのパターゴルフでしめくくる予定だったが、冷たい雨が振りだして、中止。途中、千歳の街道沿いに、「ミルク通り」なるソフトクリーム屋を発見、無類のソフトクリーム好きであるO氏の希望で、参戦するもこれはハズレであった。


« 1997年7月 | トップページ | 1997年10月 »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録