2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 【復刻版】長野五輪観戦記・ノルディック複合・個人・クロスカントリー(1998/2/14) | トップページ | 【復刻版】'99サンライズ出雲で行く益田競馬・別府温泉の旅(1999/3/20-22) »

【復刻版】長野五輪観戦記・ジャンプ・ラージヒル(K=120)(1998/2/15)

 3度目の白馬。これまで好天に恵まれてきたが、今日は雪。そして、気まぐれな風。1本目の中盤に絶好の風。ランク下位の選手がK点近くまで連発。これなら、岡部がやってくれるはず。
「130m」
 やった。札幌でないるさんも喜んでいることだろう。
 
 そして、2回目。初めから絶好の向かい風。トーマが128m。昨年までなら、さすがトーマ、となるところだが、今では、これなら、トップは、130mの争い、と思うだけだ。とにかく、この風が、止まないことを祈り続ける。あいかわらず、場内は、弁士風の語り。「弱冠**歳、**の期待の星」などと繰り返し、場内から失笑を買う。とにかく、風が止まないうちに、早く。時折、大ジャンプも見られるが、風さえ吹いたままなら、絶対に大丈夫なのだ。

 25番スタート、原田。風はむしろさらによくなった感じ。行ける。大歓声の中スタート。高く力強い踏み切り。来た。
「うおぉぉぉぉーーーー」
 すごい歓声が待ち受ける。しかし、まだまだ来る。来た来た来た。
「うわぁぁぁぁーーーー」
 ついに出た!スーパー大ジャンプ。場内が揺れるような凄まじい歓声。足が震える。距離不明。得点不明。場内騒然。よくわからないが、やってくれたのだ。いつのまにか、試合は続行しているが、もう誰もあそこまで飛べるはずないのだ。

 ふたたび大歓声。船木スタート。我にかえり、チアホーンを鳴らすが、興奮していて、うまく鳴らせない。独特の鋭い前傾。今日の位置だと、前から見る感じで飛型の美しさは、半分しかわからないが、鋭い角度で、こちらへ向かって飛んでくる。来た。誰も飛べるはずのない、原田の地点のわずか手前まで、来た。20点満点5人。トップ。もう大丈夫。誰も来ない。

 船木金メダル。おめでとう!4位からの逆転は、見事。そして、ジュリー会議、原田はどうしたのか?現場にいると、わからない。まさか着地後転倒していたのでは?しかし、スーパージャンプには、ちがいない。歴史に残るあのジャンプを見せてくれれば、何も言うことはないのだ。
 そして、3位に名前が登場。銅メダル。おめでとう。この場に立ち会えて本当によかった。ありがとう!

19980215a

◆ジャンプ・ラージヒル(K=120)
--------------------------------------
1位:船木(日本)
2位:ソイニネン(フィンランド)
3位:原田(日本)
--------------------------------------
6位:岡部(日本)
47位:斉藤(日本)
(2回目に進めず)
--------------------------------------

« 【復刻版】長野五輪観戦記・ノルディック複合・個人・クロスカントリー(1998/2/14) | トップページ | 【復刻版】'99サンライズ出雲で行く益田競馬・別府温泉の旅(1999/3/20-22) »

スポーツ」カテゴリの記事

五輪」カテゴリの記事

旅・中部」カテゴリの記事

【復刻版】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【復刻版】長野五輪観戦記・ノルディック複合・個人・クロスカントリー(1998/2/14) | トップページ | 【復刻版】'99サンライズ出雲で行く益田競馬・別府温泉の旅(1999/3/20-22) »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録