« 2/26:美女と河豚 | トップページ | 3/1:寝台特急「ライブドア」 »

2005/02/27

2/27:美女と鰻

ANA超割で行く福岡・美女と河豚と鰻の旅

◆福岡→柳川→福岡→横浜:はれ

 8時起床。9時朝食ヴァイキング集合。深夜までエンジョイしたと思われる会員の方々だが、小生の強い希望により、朝食ヴァイキングには、全員集合していただく。多少は復活したので、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、サラダ、ベーコン、明太子、ご飯、味噌汁、フルーツ、コーヒーと1時間かけてゆっくりといただく。
 依然としてうしという方の日程が不明である。福岡2泊は考えにくいので、鹿児島あたりへの転戦が予想されるが、福岡から鹿児島へはANAが飛んでいない。まぁ、しかし、いきなり鉢合わせする心配はなさそうなので、タクシーで西鉄福岡駅へ向かう。
 西鉄特急で柳川へ。水の都が好きな小生は、ベネツィアはもちろん、ブルージュや、サンアントニオ、ヒートホーンなど、世界各地の運河の街を散策しているが、日本の誇る柳川は、初めてである。あまりの寒さに断念しそうな勢いもあったが、こたつ舟が運行中ということで、参戦が実現した。
 ヴェテランの船頭さんの案内を聞きながら、1時間かけてゆっくりと下る。昨日に比べれば、天気もおだやかで、なかなかよい気分である。ふぐの翌日は、美女に囲まれてのんびりと川下りとは、なかなかぜいたくな遠征である。雛人形の産地でもあるらしく、各地に飾りつけがされているのも風情がある。
 柳川といえば、うなぎでもあるらしい。この他にも、北原白秋とか、古賀政雄、松岡修造などでもおなじみであるようだ。
 うなぎのせいろ蒸しといえば、創業300年の本吉屋さんが有名なようであるが、あいにくブックフルのため、民芸調の六騎さんにていただき、いよいよ旅も終わりである。西鉄特急にて天神へ戻り、福岡空港へ。おみやげを購入すれば、あとは、ANA264便にて帰京するだけである。
 ここで、なんとうしという方は、沖縄へ転戦していることが判明した。オープン戦という選択肢があったことをうっかりしていた。しかし、沖縄とは、わかりあえないと思っていた氏が、ネーネーズを満喫されていたとは意外であり、かつ喜ばしいことである。食わず嫌いは、小生ばかりとは言えないようである。おそらく今頃は、伊丹あたりで乗り継いでいるのであろう。
 この週末は、るいさんも、みなとみらいへ参戦、イッキマンさんは、あゆのライブを満喫、ぐんぐんさんは、宮里藍仕様のドライヴァー購入など、みなそれぞれにエンジョイされたようである。やはり、週末が充実してこそ、日々の仕事もがんばれるというものである。しかし、あなたは、別に日々がんばってないじゃないかと言われれば、そんな気がしなくもない。






柳川市

|

« 2/26:美女と河豚 | トップページ | 3/1:寝台特急「ライブドア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/3104194

この記事へのトラックバック一覧です: 2/27:美女と鰻:

» 2月27日(日)沖縄→那覇→伊丹→羽田 [うし]
 ホテルグランメールの朝は結構、熟睡できた。朝食は、一応ヴァイキングなのだが10 [続きを読む]

受信: 2005/02/27 22:39

« 2/26:美女と河豚 | トップページ | 3/1:寝台特急「ライブドア」 »