« 3/20:日本選手権競輪 | トップページ | 3/23:日記 »

2005/03/21

3/21:トゥインクル開幕

d050321a◆横浜・東京:はれ

 6時30分起床。ロイヤルホストにて、オムレツとベーコンをいただき、そのまま父の墓参へ。戻ってきて、お昼寝。
 14時30分起床。大塚家具へ行く。オフのたびに懸案となるダイニングテーブルを検討するが、まったく欲しいものがない。これだけ大きいショールームで欲しい物が置いてないのだから、ある意味大したものである。唯一気になったのは、バーカウンターだが、値段を見ると、63万円である。話にならない。
 サテライト横浜にて、日本選手権競輪決勝。GIホルダー7人の5分戦ということで、どこからでも狙えるので、武田-後閑の1番人気でも10倍以上の好配当。4つのラインを一通り購入するが、村上-内林のラインが本線。うまく先行したかに見えたが、伏見が粘って、地元のベテランの鈴木が差して8-3。押さえだが、41.4倍つくので、一応プラスになった。
 京浜東北線で大井町へ向かい、TCK(東京シティ競馬)に転戦する。トゥインクルレースが開幕する。さすがにまだ寒いので、指定席を確保してある。9Rしし座特別、4頭のボックスで3連単が的中。しかも人気の4が2着になったので、これは大万馬券かと思い、直線は、かなり力が入ったが、意外と人気で、104倍しかつかなかったのでちょっとがっかり。メインレースでだいぶ吐き出してしまったが、わずかとはいえ、競輪に続き、TCKもプラスなら大したものである。ちなみに、うしという方は、今日もpricelessだったようである。開幕日のTCK、一応イベントなども行われているが、売り上げはともかく、祝日なのだから、もう少し活気が欲しい気もする。これ以上、売り上げ減、賞金減が続くと、馬主としては、非常に厳しくなってくる。そういう意味では、近くの席で、100万円の帯を切っていたおばさんなどには徹底的にやってもらう必要がある。
 牛車さんで2週連続の焼肉をいただき解散。なんだかんだいっても、TCKが開幕すると、そろそろ冬が終わり、春が来たという感じがしてくる。以前は弥生賞あたりで感じていた感覚である。今年のTCKのキャッチフレーズは、「NO GUTS NO GLORY」。やはり、小笠原なくして勝利なしということのようである。今週末は、いよいよファイターズも開幕だ。

|

« 3/20:日本選手権競輪 | トップページ | 3/23:日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/3385724

この記事へのトラックバック一覧です: 3/21:トゥインクル開幕:

« 3/20:日本選手権競輪 | トップページ | 3/23:日記 »