« 4/10:美女と乗馬 | トップページ | 4/12:次の総理はこの人 »

2005/04/11

4/11:追い越し禁止

◆横浜・東京:あめ

 乗馬の翌日は、毎回、猛烈な筋肉痛に見舞われる。足の付け根の内側とか、腕の付け根とか、普段ほとんど使わないところが痛くなる。怖いから、力んでヘンなところに力が入っているのであろう。
 22時まで残業では、あまり書くこともないのだが、うし様のようにスランプというわけではない。
 というわけで、エスカレーターの追い越しについて。東京は、右側追い越しであるが、大阪は、左側追い越しであるのは、有名である。追い越し車線が左側の欧米(イギリスをのぞく)から、大阪がまずそのまま取り入れてしまったのではないか?というのが、小生の説であるが、それはまぁよいとして、では、名古屋は?というと、これまでは、右側追い越しが正解であった。
 ところが、名古屋市営地下鉄では、追い越し禁止を前面に打ち出すことになったという。あまりにもあんまりである。これまでも、JRなどに、右側追い越しか、左側追い越しかを聞くと、追い越しはおすすめしない、という答えが返ってきていたようだが、正式に追い越し禁止を提案してきたのは、今回が初めてであろう。追い越し途中で、突き飛ばされるなどの事故が増えたからというのだが、誠に遺憾である。
 そもそも日本のエスカレーターは遅すぎるのであるが、ここへきて、ようやく、急がない人はどちらかの端へよけるというのが、マナーとして定着してきたのに、追い越し禁止では、堂々と逆側に立つおばさんを認めることになってしまう。小生だって、東京駅の横須賀線地下ホームなど深いところでは、よほど急いでいる時以外は、左に立ってじっとしているが、右から追い越されて危険を感じたことはない。年に数件、荒っぽい若者におばあさんが突き飛ばされたのかどうか知らないが、事故が起きたからといって、追い越し禁止とは、回転ドアもそうだが、あまりにも事なかれ主義にすぎるのではないか?
 ところで、今日のアクセスは、85件でだいたいいつも通りであったが、うち27件が何らかの検索ワードでヒットしてきたようで、これまでより非常に多い。モントレエーデルオフ、朝食、香港が各3件。ニュー葆里湛、サダハル、権八、ペンギン、詰んでるのに穴熊、など実に様々である。こういうのを見ていると、勇気づけられて、スランプになっている場合ではないと感じる。

|

« 4/10:美女と乗馬 | トップページ | 4/12:次の総理はこの人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/3665711

この記事へのトラックバック一覧です: 4/11:追い越し禁止:

« 4/10:美女と乗馬 | トップページ | 4/12:次の総理はこの人 »