« 8/25:シャモニー(2) | トップページ | 8/27:パリジャンの休日 »

2005/08/26

8/26:アヌシー

◆シャモニー→アヌシー→パリ:はれ時々くもり

e050826ae050826be050826d
e050826ee050826fe050826g


 6時15分起床。7時朝食。昨日と同じメニュー。朝食後、部屋でゆっくりできるのがうれしいのは、海外旅行でも同じ。
 朝は冷え込んで、霧が出ている。街を散歩。カジノのコインが余っているのだが、開店は12時ということで、7ユーロ分のコインが無駄になる。
 今日は移動日。10時38分の列車で出発。サン・ジェルヴェで乗り換えて、アヌシーへ。一昨日のルートを逆にたどる。片道くらいは飛行機を使えば効率がよいのだろうが、海外の国内線を使いこなすのは、難しそうな感じがするし、3万円で1等4日乗り放題のフランスレイルパスがお得でもある。
 13時すぎにアヌシー着。パリ行きにそのまま乗り換えずに街を散策。手荷物預かりがないのが残念だが、2年前に来ているので、勝手はわかっている。旧市街を10分ほど歩いて湖畔へ。あいかわらず美しい。公園でしばらくぼんやり休憩してから、旧市街のカフェで昼食。
 ビールとハンバーガーのつもりだったのだが、クレープに目玉焼きが乗ったのが出てきて驚く。カフェといってもクレープ屋だったようで、目玉焼きの下には、たしかにハンバーグがあったし、案外悪くない組み合わせだったのでよしとする。
 15時23分のTGVでパリへ。行きと比べて、旧型車両のようで、1等でもAC電源がないが、お客さんはけっこう乗っている。シャンベリーからは後ろ向きでパリへ。フランス国鉄の車両は、座り心地は悪くないのだが、座席が回転しないので、昔の0系新幹線の3人がけのように、半分の人は常に後ろ向きである。
 定刻通りにパリ・リヨン駅に到着。RERで2駅でアーベル。今夜の宿は、サン・ラザール駅近くのクイーン・マリーさんである。ドーヴィルへの列車は、サン・ラザール駅から出るし、オペラ座、プランタンも近く、便利。ヨーロッパスタイルのプチホテルだが、設備も整っていて、清潔で快適。ネット対応しているようだが、1日25ユーロ(3500円)はあまりにも高いので、ダイヤルアップにて接続。特にガイドブックに掲載されているわけではないのだが、日本人が多いようである。
 すでにけっこう遅い時間であり、徒歩30秒のところに、日本料理屋「SHIKOKU」が発見されたので入場。このテの店は、日本語が通じるかと思うと、案外、中国系の経営であることが多い。サッポロビールと定食。鮭のお吸い物と春巻きとやき鳥5本とライス(長粒米)というストレンジな内容。お客も、あやしげな手つきで穴子寿司をつまむビジネスマンがいるかと思えば、日本酒のお銚子でゆっくりやっている労働者風の黒人さんがいて、かなりストレンジ。

|

« 8/25:シャモニー(2) | トップページ | 8/27:パリジャンの休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/5655630

この記事へのトラックバック一覧です: 8/26:アヌシー:

« 8/25:シャモニー(2) | トップページ | 8/27:パリジャンの休日 »