« 8/3:スーパーあずさ | トップページ | 8/5:安全と効率 »

2005/08/04

8/4:夏の話題

◆横浜・東京:はれ

 夏真っ盛り。外出してそのまま直帰。今日、気になったニュースをいくつか。

・フライング1発失格は提案取り下げ

 たしか、今の陸上競技は、最初に誰かがフライングをすると、次は、誰がフライングしても失格になる。これって、どう考えてもおかしいと思うのだが。。。同じ人が2回フライングしたら失格でないとヘン。これでは、最初のフライングは、やり得である。表題のように一発失格は、ひとつの方向だと思うが、却下されたようである。
 さらに言うと、ピストルと同時のスタートは失格で、0.1秒くらい後でないとダメらしい。人間が反応できる時間の限界というのがあるので、それより短い時間でスタートした人は、「ヤマをかけた」と判断するのだという。ものすごい反応のよい選手が登場しても認められないということになる。100メートルを9.5秒とかで走る人が出たら、「ドーピングに決まっているから失格」というのと同じになってしまう。ルールが単純なのが陸上競技の魅力であり、ちょっと寂しい感じもする。

・明徳義塾の高知大会優勝を取り消し

 高校野球に興味はないが、高野連もかつてのように何でもかんでも部員の不祥事を連帯責任に問うことはなく、今回は、隠蔽したことを重く見ているという。それはまぁいい。小生がひっかかるのは、決勝で負けた高知高校を優勝として、甲子園への出場を認めたというところ。一応、事前に規定があったようではあるが、本来、トーナメントというのは、最小の試合数で効率的にチャンピオンを選ぶしくみであり、優勝には、一定の価値があるが、2位にはほとんど価値がない。すべてのチームが1回しか負けていないわけで、明徳に1回戦で負けたチームと決勝で負けた高知高校の差は、組み合わせの差だけである。高知県代表なし、甲子園1回戦不戦敗という選択肢もあったのではないか?

・架空評論家が映画宣伝!集団訴訟で和解金

 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが、架空の映画評論家にちょうちん記事を書かせて訴えられて、1億6500万円の和解金を支払うという。今の世の中、そんなに悪いことなのだろうか?日経TRENDYのPR特集みたいなものではないのか?競馬評論家なんて、実在しない人(というか、ひとり二役とか)がけっこういるらしいし。

・佐々木セコイぞ…引退報道はヤラセだった!!

 ひとつ前のニュースの仲間。昨日のニッカンの一面は、なかなか1軍昇格を認めない球団に対して、地元ラスト登板を実現させたい佐々木サイドがリークしたものだという。まぁ、この記事が本当だという証拠もないけれど、なんとなく本当っぽく思える時点で、すでに格好悪い。キングカズとは違いすぎるようである。

|

« 8/3:スーパーあずさ | トップページ | 8/5:安全と効率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/5312150

この記事へのトラックバック一覧です: 8/4:夏の話題:

« 8/3:スーパーあずさ | トップページ | 8/5:安全と効率 »