« 8/7:落としどころ | トップページ | 8/10:都ホテル »

2005/08/08

8/8:美女とフルーツと解散

d050808a

◆横浜・東京:はれ

 いよいよ決戦の日。さすがに日頃は政治の話題があまり出ない職場でも、みな気になっている。こういうのは、加藤の乱以来久々である。あのときの印象が強く、今日も本当に解散するのか、今ひとつ信用できなかったのだが、大差否決、島村農相罷免、即日解散。お見事というしかない。ここまで徹底的にやったのは、吉田茂以来であろう。
 早々に帰宅して、じっくりとテレビを見るべきところであるが、美女5名といっしょにフルーツの千疋屋さんに参戦する。日本一予約が難しいとも言われているうわさのフルーツバイキングである。
 開始早々、みなお目当てのフルーツ獲得に殺到する。小生は、ゆっくりいただく。
「温泉ホテルのヴァイキングとちがって、千疋屋さんだから、すぐに補充されるから、ゆっくりで大丈夫だよ。」
 と言っていただのが、なんと夕張メロンさんが、早々に品切れになり、補充されないまま、幸水と交代してしまった。あまりにもあんまりである。
 F嬢2号は、ドリアンに挑戦した他、アボガドをトロだといってわさび醤油で喜んでいるが、小生は、子供が喜ぶような単純なフルーツが好きなので、パッションフルーツとトゲトゲのついたライチみたいなのに挑戦したものの、もっぱら桃とか、パイナップルとか、グレープフルーツ、メロン、キーウィなどをたっぷりといただく。
 うしという方来る。しかし、政局混迷の中、そうそうと帰宅された。直後に「解散」とのメールが届く。
 パイナップルハヤシとショートケーキまでついて、3150円は、あまりにもお得である。飲み役揃いなのだが、誰もアルコールを飲もうとせずたっぷりといただき満足する。
 21時には解散。早々に帰宅すれば「ニュース10」には間にあうと思っていたのだが、東海道線が新橋で終了。あまりにもあんまりである。京急で帰宅。こういうときは、ニュースを頭から見たいので、筑紫哲也氏でやむを得ないかと思っていると、世界陸上である。話にならない。
 ニュース10の続きの各党討論。おもしろくもおかしくもない。こうやってあらためて見ていると、小泉氏だけが、スジを通しきったので、他の党は、訴えるべきものがない。分裂の漁夫の利があるはずの民主党の選挙は、かなり戦いにくいものになりそうな感じがしてくる。川端幹事長では話にならない。
 森喜朗君、派閥会長辞意撤回。さすがである。もはや、エンターテイメントとして欠かすことのできない存在である。民主党で対抗できるとすれば、羽田孜君が、省エネルックで徹底的にやるしかないような気がする。

|

« 8/7:落としどころ | トップページ | 8/10:都ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/5371371

この記事へのトラックバック一覧です: 8/8:美女とフルーツと解散:

« 8/7:落としどころ | トップページ | 8/10:都ホテル »