« 10/29:ドヨウ、ニチヨウ、クルマ、タクサン | トップページ | 10/31:休み明けの月曜日雑感 »

2005/10/30

10/30:小心者の中敗

◆ソウル→横浜:はれ

d051030ad051028fd051030b


 今日も2度寝、3度寝。エアコンが効きすぎて、部屋が乾燥してしまうようだ。9時起床。今日は朝食ヴァインキングをいただくことにする。漢江を見下ろす眺めのよい「The VIEW」にて、オレンジジュース3杯、オムレツ、サラダ、フルーツ、チャーハン、味噌汁、パン、コーヒーと徹底的にいただくが、3500円のお値段ほどのことはなかった。
 12時チェックアウト。いよいよ最後の戦いに挑む。部長譲りのルーレット必勝法を携えて、3度目の挑戦も、ジリ貧。この必勝法は、本命馬の複勝を買い続けるようなものなので、どうしても飽きてきて、一発狙いに走ってしまう。まだまだ修業が足りないようである。
 ブラックジャックに転戦。昨日とおなじメムバーがめだつ。昨日、いろいろ教えてくれた社長さんが、今日もがむばっているが、あまり他人の目を気にしながらやるのは好きではないので、別の卓へ。
 1万W(1100円)のミニマムで賭け続けたのでは、勝ちも負けもないので、今日は、2万Wずつ賭けようと思うが、いきなりダブルでやられると、そのままズルズルと連敗。ディーラーがあまりにも強い。2勝12敗くらいであっという間に20万W(22000円)を失う。大変なことになった。
 小心の零細ギャンブラーが、スタートでつまづくと、取り返すことは難しいので、モチベーションの維持が難しい。1万円追加両替。これがほぼ最後の弾である。さらに水割りを注文する。お酒でも飲まないとやってられない。ここで、単位を落としては、挽回の可能性がなくなるので、引き続き2万Wずつかけるが、一進一退。しかもなかなか水割りが到着しない。水割りが来る前に弾切れで退場というのではあまりにもみっともないので、水割り到着までを第1の目標に何とか踏ん張っていると、ディーラーが小生好みのかわいらしい美人のジュンさんに交代。ややツキが上向いてくる。完全に挽回するのは厳しそうだが、せっかくなので、第2の目標として、美人さんの間だけでもねばろうと水割りを飲みながら、奮闘する。1万Wだけ取り返したところで、ジュンさんが交代したので、撤収。
 ダイサイ(大小)に転戦。日本から来た夫婦が、賭け方を質問しながら恐る恐る参加。封筒から取り出したウオンを大事そうに小に賭けた分を小生が大に賭けて、2回続けてゲットさせていただく。結局、今回、儲かったのは、ダイサイのみである。しかし、この夫婦は、その後、すっかりダイサイをマスターして、じっくりと腰をすえて、ダンナが、大勝していた。リズムが悪くなってくると、ダンナが大にかけて、夫人が小にかけて、夫婦の間でお金を移動させて、時間を稼ぎ、勝負となると、夫婦で一気に攻勢をかける。横で見ていてとても微笑ましかった。
 うしという方は、なかなか健闘しているようであったが、帰りの飛行機の時間が近くなったので、16時すぎに退場。小生の亡き父であれば、あと1時間くらい、ギリギリまで徹底的にやるところであるが、まぁ、浮き沈みの激しい世界で我々が何とか踏ん張っているにも、このへんの小心さのおかげということも言えなくはない。連日、大敗、大敗といっているものの、実際は、中敗程度ということである。ちなみに今日1日は、3万負けてから、半分取り返しで終了。トータルでも3万くらいの負けである。逆両替の際に、ノーコミッションなのも驚くが、近いうちに再訪するのは確実なので、ウォンを残しておく。
 昨日のような渋滞に巻き込まれると今日はシャレにならないので、シャトルバスで地下鉄の駅へ出て、地下鉄で金浦空港へ。1時間以上かかるので、羽田に比べるとかなり遠いが、地下鉄は、150円と安い。
 空港内のファストフードコートで小生は冷麺、うし様は、プルコギで最後の食事。550円の冷麺だが、スープもついて、けっこう美味しい。何を食べてもそれなりに美味しいので本当にありがたい。食という点では、ヨーロッパは、全然ダメである。
 冬のソナタチョコレート詰め合わせを購入して、JAL・SEASONSの非常口座席で帰国。帰りの飛行時間は、わずか1時間35分。あまりにも近い。機内食をキャンセルして、日経とニッカンを読みながら、スーパードライと韓国ノリをつまみ、遠征記を書くとすぐに羽田である。21時15分ランディング、21時25分入国、21時35分のバスで出発。車中の字幕ニュースで、天皇賞秋の大敗を確認。22時15分帰宅。
 初体験の韓国。とにかくお手軽である。カジノの雰囲気もよい。1泊でも十分である。しかも、現在、キャンペーン中のため、無料航空券もエコノミーなら12000マイルだという。国内は、14000マイル必要なので、もっとも少ないマイルで行かれるということである。早急に再訪する必要がある。
 羽田到着とともに、るいさんブログ開設という衝撃的なニュースが飛び込んできた。いかに韓国といえども、ちょっと日本を留守にすると、世の中何が起こるかわかったものではないようだ。

|

« 10/29:ドヨウ、ニチヨウ、クルマ、タクサン | トップページ | 10/31:休み明けの月曜日雑感 »

コメント

どなたか教えて下さい
  
ここで無料予想してるトラックマンって誰なんでしょうか?
今週で閉鎖するらしいけど知ってる方いらっしゃったら誰か教えて下さい
よく当たってるんで,すごく興味があります
 
http://blog.livedoor.jp/race_trackman/
 

投稿: ディープインパクト | 2005/10/30 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/6763895

この記事へのトラックバック一覧です: 10/30:小心者の中敗:

« 10/29:ドヨウ、ニチヨウ、クルマ、タクサン | トップページ | 10/31:休み明けの月曜日雑感 »