« 11/20:奈良 | トップページ | 11/22:あのころの未来 »

2005/11/21

11/21:サラブレッドと女系天皇

◆横浜・東京:はれ

 マイルCS大敗、愛馬シンガリで、今日からしっかり働くつもりであったが、18時に退社。ロイヤルホストにてビールとヒレステーキ膳をいただき帰宅。時間があるので、女系天皇問題について。
 ここに来て、ようやく女系天皇反対の声がぼちぼち聞こえるようになってきた。三笠宮殿下、鳩山由紀夫氏、平沼赳夫氏といったところである。良くも悪くも戦後民主主義の象徴のひとつと思える男女平等。女系天皇反対を唱えるのは、勇気がいることであるが、小生も、現時点では、女系天皇容認は、時期尚早ではないかと思う。
 そもそも国民の何割くらいが、女性天皇と女系天皇の違いを正しく認識しているのだろうか?愛子様はよいが、愛子様の子供は、男だろうが女だろうが女系天皇である。それならば、明治天皇やもっと上までさかのぼってでも、どこかの天皇の弟から分家した旧皇族の男子に後を継がすべきというのが男系天皇の考え方である。百人一首でおなじみの持統天皇らは、男系女子の女性天皇であった。
 パ・リーグのプレーオフ導入に賛成しておきながら、2位のチームが優勝すると後から文句をいう人、比例代表選挙の重複立候補に反対しておきながら、太蔵議員が当選して初めて比例単独候補を集める難しさに気づく人。意味がわからずに賛成して、後から制度の抱える真の意味に気づく人が多いこの国で、女系天皇を認めてから、後でしまったと思ってももう手遅れである。
 一番わかりやすいのは、自分から見てまったく許しがたい人物や生理的にうけつけない人物を愛子様のダンナに想像してみることであろう。小生、実は、黒田さんは、それに近いのだけれど、たとえば、ナベツネとか、根来氏とか長州小力とかでもよい。その子供を自分が天皇と認められるかどうかということである。もちろん、皇太子のお相手を民間から迎える場面でも同じことはあるのだけれど、”お嫁さん候補”と”お婿さん候補”を比較した場合、男性の方が、自立している可能性が高く、民間人としてある種の色がついている可能性が高いのではないか。それは、例えば、読売だったり、メリルリンチだったり、自民党だったりするかもしれない。そういうことが何代か続いたときも、今の天皇と同じような感覚を持てるだろうか?
 まぁ、そうは言っても、ここに書いたようなことは、男尊女卑の考え方がないとはいえない。2600年続いたといっても、怪しいところもあるかもしれない。Y染色体といっても意味はないかもしれない。しかし、来年法案を提出するほど、国民の理解が深まっているとは思えない。悪法なら廃止すればよいが、こればかりは、後から後悔してももう間にあわない。天皇制廃止ならそれはそれで立派な主張であるが、天皇制存続を支持していると思われる9割以上の人は、もう少し真剣に考えた方がよいように思う。
 ところで、今、世界で競馬をしているすべてのサラブレッドは、父、父の父、父の父の父とたどっていくと、すべて3頭の祖先にたどりつく。初めから3頭しかいなかったわけではなく、その他の父系はわずか200年ですべて滅びてしまったのである。その3頭のうちの1頭、名馬「風の王」でおなじみのゴドルフィンアラビアンの系統は、絶滅寸前。日本では、トーヨーリファール、ホッカイルソーあたりの子供が奇跡的に活躍しない限り終了してしまう。

|

« 11/20:奈良 | トップページ | 11/22:あのころの未来 »

コメント

私は女系天皇賛成派です。男系天皇にこだわることによって将来にわたって尊敬できる天皇が続く社会よりも、「お嫁さん候補」と「お婿さん候補」を比較したときに、自立している可能性が変わらない社会を望みます。

投稿: イッキマン | 2005/11/23 00:09

証言:
近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた大陰謀で成立した
 -大室寅之祐の弟の玄孫地家[Jike]やすまさ氏が証言した!

現代天皇家も虚構である
昭和天皇裕仁は大室寅之祐の息子、大正天皇はリベラリスト大隈重信の息子だった
天皇家の血統は久しい以前に途絶えている
天皇は保守と革新の対立で国民統合の象徴ではない
現行憲法第1条も自民党改憲案第1条も虚偽、虚構である
天皇家は全員カトリック信者で、心はアメリカ人だと米国では見られている
宇宙管理界の1981年決定で 天皇家は民間人化する運命にある
天皇制廃止。
「先制核ハルマゲドン」の米世界戦略に日本を組み込む、売国的な自民党改憲案とその道具天皇制をまかり通すな!

必見: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/24.html
さらに、大室寅之祐=明治天皇の弟の玄孫地家[ジケ]やすまさ氏の証言の一部を要約すると:

昭和天皇裕仁は大正天皇の息子ではなくて、海賊某の息子地家作蔵の息子大室寅之祐(すり替え東京明治天皇)の息子である。つまり海賊某の子孫である。
現天皇明仁は裕仁の息子ではなくて、徳川斉昭の息子中川宮朝彦の息子東久邇稔彦の息子三笠宮崇仁の息子である。つまり徳川の子孫である。
皇太子浩宮は天皇明仁と美智子の息子ではなくて、前記大室寅之祐(すり替え東京明治天皇)の弟大室庄吉の息子大室儀作の息子大室近祐の息子徳川恒孝の息子である。つまり海賊某の子孫である。
敬宮愛子は、橋本龍太郎の第二夫人の娘和子の娘で、皇太子浩宮と雅子の内密の養子である(雅子の鬱病はそのせい)。つまり庶民の子である。
橋龍は橋本卯太郎と前記大室庄吉の娘大室ヨネとの息子橋本龍伍の長男である。


投稿: 前田 進 | 2005/12/02 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/7254214

この記事へのトラックバック一覧です: 11/21:サラブレッドと女系天皇:

» 皇室典範を考える会声明 [悪の教典楽天市場店]
 本日は「皇室典範を考える会」声明のご紹介。 世の中には「女系天皇が容認された」と早とちりしている人が多いが、国会に法案が提出され、可決されて初めて決定されるのであって、小泉総理大臣の私的諮問機関に過ぎない「皇室典範に関する有識者会議」には何の決定権も...... [続きを読む]

受信: 2005/11/22 08:10

» 皇室典範改悪を疑問に思っている人々 [日々雑感]
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言っている..... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 22:48

« 11/20:奈良 | トップページ | 11/22:あのころの未来 »