« 12/29:営業終了 | トップページ | 12/31:5周年 »

2005/12/30

12/30:落車

◆横浜:はれ

 7時30分起床。ロイヤルホストにて和朝食。オレンジジュースを3杯。日経は、薄くて読むところが少ない。ニッカンで、KEIRINグランプリを検討。
 固定資産税、お墓の管理費、NHKの受信料などを払う。NHKの受信料については、小生が以前から主張していたスクランブル化が見送られそうな感じになっている。技術的には簡単なのに、なぜやらないのか?
 しかし、よく考えてみると、定時ニュースと災害時の臨時報道以外をすべてスクランブル化すると仮定した場合、国民の何%くらいが費用を払って契約するだろうか?朝の連ドラや大河ドラマの神通力も薄れた今、実はほとんどの人が払わないのではないかという気がしてきた。その結果、民放のくだらないバラエティしか見なくなり、国民の知的水準は、ますます低下。一方、NHKも、ごく一部の人の払う契約料だけでは、今までのようなお金のかかったドキュメンタリーなどは、作れなくなってしまう。悪貨が良貨を駆逐することになる。かといって、今のように、各家庭を訪問する徴収員の人件費の無駄や、払わなくても見られる不公平感を残したままもいただけない。となると、結局、税金で運営するしかないということになってしまう。あるいは、スクランブル化して契約料+税金か。
 KEIRINグランプリ2005。心情的には、神山に勝たせたいし、武田-神山-後閑とラインも充実しているが、条件がそろいすぎて、かえってダメそうな感じがある。小嶋-加藤のラインは押さえにして、伏見-佐藤のラインと佐藤を頭で手広く。結果次第では、Mac緊急購入、やよいさんのダンナが予約したシャープの携帯端末の購入、あるいはNゲージのレイアウト化など、いろいろと皮算用していたのだが、結果は、なんと落車。あまりにもあんまりである。カジノ、有馬記念、東京大賞典と徹底的にやられている。もはや、明日のTCKにすべてを託すしかない。しかし、この時期は、毎年同じようなことを書いているような気がする。
 ここまで書いたところで、念のため、昨年の12月30日の日記を読む。曰く、

「この時期になると、毎年同じようなことを書いている気もするが、もはや明日のTCKにすべてを託すしかないようである。」

 あまりにもあんまりである。

|

« 12/29:営業終了 | トップページ | 12/31:5周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/7909784

この記事へのトラックバック一覧です: 12/30:落車:

« 12/29:営業終了 | トップページ | 12/31:5周年 »