« 2/11:時代 | トップページ | 2/13:ノーマルヒル »

2006/02/12

2/12:モーグル

◆横浜:はれ

 昨夜は、22時から複合の距離。マンニネンが敗れる波乱。なんだかんだいっても、ジャムプ首位の選手は、周囲の計算以上にがむばって残ることが多いように思う。23時からモーグル予選。上村愛子の演技を確認していったん就寝。
 ヨーロッパの時差は、現地が昼間なら、日本では夜更かしですむのだが、冬季五輪は、ナイター競技も多いため、この場合は、深夜になってしまう。となると、日曜未明くらいしか見ることがなかなかできない。
 2時30分起床。ジャムプノーマルヒル予選。2番スタートのハラダマサヒコは、もう飛び終わっているはずと思うが、順位に名前がない。なんと失格だという。あまりにもあんまりである。本当に世の中、何が起こるかわかったものではない。今回は、参加することに意義がある状況だったとはいえ、リレハンメルの悲劇から、長野での栄光、そして、最後は、失格。衝撃的である。ラージヒルの出番はおそらくないであろうから、これで終了である。日本勢は、葛西が好調のよう。明日の未明に早起きするかどうか悩ましいところ。
 3時からモーグル女子。この競技はあまり好きではないのだが、上村愛子は、今回、メダルを何とかとらせてあげたい選手のひとり。美女であるのはもちろんだが、ちょっと似合わない低い声もカッコイイ。スタート地点の表情もよい。
 第2エアの3Dとかいうのも見事に決まったが、得点は期待ほど伸びず5位。負けたから言うのではないけれど、どうもこの競技はわかりにくい。エアの技がみんな違うのだから、タイムを計っても仕方ないような気がする。どうしても計るなら、エアとエアの間の部分を計るべきではないか?
 ターンの採点も、5人のジャッジがいるものの、基準がはっきりしないので、かなり差がある。優勝したハイルは、たしかに断然すばらしかったけど、ゴール寸前で小さなミスがあったのは、コーチの表情からもわかる。それでもターン点が1位というのが怪しい。3位の選手など、エアに大技を使わず、とにかく一気に滑って、タイムを稼いだようにも見える。ソルトレイクのときも、1位の選手はすごかったが、後は、素人には差がわからなかった。好タイムで一気に滑った3位の里谷よりも、6位の上村の方が完成度が高いように見えてしまった。
 上村としては、持てる力を出し切った満足感はあると思うが、やはり、採点競技では、他の競技と比べると、ちょっと釈然としないものが残ってしまうように思う。
 4時就寝。
 8時起床。
 久々に乗りつぶしも検討していたのだが、寒いし、体調も今ひとつなので断念。ロイヤルホストは、昨日以上の混雑なので、これも断念。
 NHK杯・羽生-谷川戦を見ながらブログ執筆。
 何が起こるかわからない世の中だが、きさらぎ賞だけは、事件が起きないで欲しいもの。

|

« 2/11:時代 | トップページ | 2/13:ノーマルヒル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/8619238

この記事へのトラックバック一覧です: 2/12:モーグル:

» 2月12日(日) トリノオリンピック開幕 [Darkest before the dawn.]
【晴れ】  母の62歳の誕生日。加えてモテ、そしてカンコの愛娘・キョーコちゃんの誕生日。皆さんおめでとうございます。  母は最大の関心事、そして心配事だった「末娘の結婚」が決まり、ホッと一息というところ。肝心の本人は、式場探しより新居探しを「気分ノリノリ」で先にスタートさせているもんだから、経験者としては「順番が違うのでは」とひとくさり。また、「レストランウェディング」をしたいそうで、これもまた経験者としては「ウェディングコーディネーターがいるレストランでやるべし。自分たちでやろうとす...... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 13:55

« 2/11:時代 | トップページ | 2/13:ノーマルヒル »