« 2/5:鍋パーティー | トップページ | 2/8:いろいろ »

2006/02/07

2/7:シミュレート

◆横浜→水戸→東京→横浜:くもり

d060207a

 1時就寝。雪が激しい。基本的に雪は大好きなのだが、今日の出張は、遅れるわけにはいかないので心配である。目覚ましも2個。余裕をもって5時10分起床。東海道線、横須賀線のダイヤは、多少乱れていたが、問題はなかった。
 上野駅構内は、ショップが充実している。大事な打ち合わせの前は、お腹が痛くならないように、食事は控えめにするのだが、朝食をしっかり食べたい気分にさせられてしまい、鮭と納豆の定食。
 7時30分の「フレッシュひたち」で出発。11時25分の「スーパーひたち」で戻る。2週間前から続いている厳しい状況も、少し明るさが見えてきている。
 昼すぎに帰社。最高気温16度のはずなのに、一向に暖かくなってこない。朝寒いのを我慢してでも、コートを着ないで外出しようかと思ったのだが、やめておいてよかった。しかし、翌日の予報が、ここまではずれるのもめずらしい。横浜では、夕方になって、10度を超えたようだが、都心は、最後まで平年より低い8度くらいで終わってしまったようである。
 23時まで残業して帰社。疲れているが、紀子様ご懐妊と聞いては、ブログを休むわけにはいかない。
 パ・リーグのプレーオフにしても、小選挙区重複立候補にしても、クセにあるルールを作るとき、それに対して意見を述べるときは、もっとも極端なケースを事前に想定してから意見すべき、と以前から主張してきた。皇室典範問題にしても、皇太子と雅子様が離婚して、再婚して男子が生まれるなどというケースも考えておくべきで、マスコミは、離婚した場合の制度の確認などをしておくべきと思っていたが、もうひとつ、紀子さまご懐妊というオプションがあるとは、小生もシミュレートしきれなかった。ちなみに、離婚しても、現時点では、愛子様は、皇室を離脱できず、雅子様が親権を持つということはできないらしいことは、週刊文春に書かれていた。さすがは、文春である。
 佳子さま誕生から11年経っており、いったんは、もう終了するつもりだったと思われるのだが、やはり、何か強い意志が働いているのかもしれないし、紀宮様の結婚以降、時代は、秋篠宮ということなのかもしれない。小生、秋篠宮様よりは、皇太子を応援している。しかし、愛子様のご子息が女系天皇になるよりは、秋篠宮の長男への皇位継承を支持することには、迷いはない。あとは、これをきっかけに平沼赳夫君の奮起を待つのみである。

|

« 2/5:鍋パーティー | トップページ | 2/8:いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/8558168

この記事へのトラックバック一覧です: 2/7:シミュレート:

« 2/5:鍋パーティー | トップページ | 2/8:いろいろ »