« 2/28:末期症状4 | トップページ | 3/3:将棋界の一番長い日 »

2006/03/01

3/1:コンビニ考

◆横浜・東京:あめ

d060301a

 昨晩、帰りにコンビニに寄ったときに、「アポロ13」のDVDが1500円で売っていたので、衝動買い。あまり映画は見ない小生だが、これは何回か見た作品。ファミマカード割引の日なので、さらに5%OFFで、1425円。ずいぶんお得である。
 うしという方によれば、コンビニは、上流から下流まですべてをターゲットにしているからすごいとのことだが、上流か中流かはともかくとして、我々の親の世代から上は、あまりコンビニを使っているとは思えない。先日も、お金をおろすのに、銀行がみつからないと騒いでいたので、コンビニを勧めたが、対応できないとのことであった。また、コカコーラもポカリスウェットも飲まないし、おにぎりも買わないと思われる。
 以前も書いたが、物心ついたときに存在したもの、学生時代には存在していたもの、社会人になってから登場したものでは、対応が変わってくる。最後のものについては、仕事で必要にせまられるか、興味のある分野でないと対応が難しい場合がある。小生でいえば、テレビなどは、初めから存在していた。コンビニやファーストフードやパソコンは、学生時代までには、普及していた。携帯電話やインターネットは、社会人になってからに近い。親の世代にとっては、コンビニなどは、かなり遅くまで存在していなかった。
 そんなわけで、六本木ヒルズに住むお金持ちは、コンビニを使うかもしれないが、日本橋三越や千疋屋総本店でお買い物するお金持ちは、コンビニを使わないのではないかと思うのだが、今日、帰りにファミリーマートに寄ると、銀座千疋屋のフルーツヨーグルトが210円で発売されていた。スターバックスのコーヒーがやはり210円で発売されたときもブランドの維持という面でどうなのか話題になったが、銀座千疋屋とは驚きである。いっそ525円くらいで売り出した方がよかったのではないかとも思うし、いずれにしてもターゲットが合ってないとも思う。味の方は、悪くはなかったが、大ヒット商品になりそうな感じはしなかった。
 創業172年の千疋屋総本店と創業112年の銀座千疋屋。戦略の違いなのか、あるいは、そもそも、格が違いすぎるのかは、よくわからない。

|

« 2/28:末期症状4 | トップページ | 3/3:将棋界の一番長い日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/8896871

この記事へのトラックバック一覧です: 3/1:コンビニ考:

» 1月24日(火)アフィリエイト [うし]
 価値観の180度違う人たちとの会議を何時間したって、よい結果は出てこない。たし [続きを読む]

受信: 2006/03/02 12:39

« 2/28:末期症状4 | トップページ | 3/3:将棋界の一番長い日 »