« 5/12:ヒトゲノムさんオフ | トップページ | 5/14:母の日 »

2006/05/13

5/13:宮崎空港線・日南線・吉都線

◆横浜→宮崎→志布志→都城→吉松→隼人→鹿児島→隼人:くもり時々あめ

D060513aD060513bD060513c
D060513dD060513eD060513f

 4時50分起床。入浴。6時4分発のバスでYCATから出発。湾岸線事故のため、横羽線経由だがこちらも渋滞。旅たちの気分が盛り上がってこない。しかも、久々の第2ターミナルは、遺憾ながら103番ゲートからバスで出発。
 ANA601便、隣がいないので熟睡して、宮崎入り。この空港は初めてだと思うが、まぁどうということはない。ただし、JRが乗り入れているのが便利。南宮崎へ出るだけで1線区踏破。
 47都道府県をかなり早い時期の制覇した小生であるが、もっともご縁のない県はおそらく宮崎県。観光らしい観光もしたことがないし、宿泊したこともない。ということで、日南線をいったん青島で下車して、散策。恥ずかしながら、青島が”島”であることも知らなかった。まぁ、もっともほとんどつながっているようにも見える。橋で渡って、神社へお参り。
 再び日南線で南下して終点の志布志へ。ここから先は廃止されてしまっているので戻るしかないのだが、それもつまらないので、バスで都城へ抜けることになっている。しかし、バス停がない。徒歩4分というのを間違えて逆の方向に歩いてしまったようである。このバスを逃すとすべてが破綻する。もはやタクシーで追いかけるしかないかとかなり焦ったが、走ってどうにか間にあって一安心。お客さんは、小生のみ。かつて廃止された鉄道の路線をたどるバスなので、「○○駅跡」という停留所がやたら多いのが寂しい。最後の30分くらいで、ようやく数名のお客さんが乗ってきて、都城へ。
 ここで乗り継ぎ時間が45分ほどあるので、宮崎県たぶん第3の都市の都城駅前で、遅めのお昼をいただこうと思っていたのだが、あまりにも何もないので驚く。駅構内のうどん屋で肉うどんをいただくしか選択肢がなかった。
 15時46分発の吉都線。日南線は海沿いだったが、こちらは、内陸部の地味な路線である。寝不足なので、うとうとしながら1時間半で吉松着。
 ここから隼人へは、2年前、九州新幹線開業のときに乗ったことがある。当時何もなかったように記憶している吉松駅前だが、徒歩30秒のところに吉松駅前温泉さんがオープンしている。源泉かけ流しで、なかなか清潔で250円とはすばらしい。さっそく一風呂浴びて、湯上りコーナーのテレビで相撲を観戦。
 隼人着19時13分。徒歩10分で久々のホテル京セラへ。

 ○新たに乗りつくした路線:宮崎空港線、日南線、吉都線
 ○新たに乗りつくした距離:151.9キロ。
 ○今までに乗りつくした距離:16261.7キロ。
 ○まだ乗りつくしていない距離:3574.3キロ。
 ○乗りつくした路線の割合:81.98%(△0.77)
 ○会社別:JR九州 96.5%(△7.2)

|

« 5/12:ヒトゲノムさんオフ | トップページ | 5/14:母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/10054334

この記事へのトラックバック一覧です: 5/13:宮崎空港線・日南線・吉都線:

« 5/12:ヒトゲノムさんオフ | トップページ | 5/14:母の日 »