2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 6/8:サムライ・ブルー | トップページ | 6/10:●パラグアイ 0-1 イングランド »

6/9:山へ柴刈り

◆横浜・川崎・東京:あめのちくもり

 いよいよW杯開幕!と思ったが、日本時間では、明日1時のキックオフのようである。ということで、今日は別の話題。
 先日、芝田さんという方とお話をしたとき、よく名前を「柴田」に間違えられると怒っていた。
「おじいさんは、山へシバカリにのシバにされるんですよ。」
「え。。。(それで正しいのでは???)」
「違いますよ。山へシバカリのシバは、芝生のシバじゃないですよ。だって、山ですよ。」
「そうか。そうだったんですか。。。」
 桃太郎を初めて聞いてから30年以上経って、初めて知りました。これって、常識なのかしらん。でも、幼稚園の子どものボキャブラリーの中に、”柴”っていう字はないですよね?
 芝田さんが柴田さんに間違えられるのは、小生あたりの世代は、なんといっても、柴田、高田、張本、王だからである。遺憾ながら、当時は、まだ読売ファンでしたから。こういうのは、馬鹿にできないもので、先日、仕事の打ち合わせでも、千葉県の本埜村という地名が出てきたときに、
「モトノのノって、どういう字?」
「キ2つと土かな。」
「松本、河埜、篠塚、原、の河埜の”埜”ですね?」
 と、N君。なるほど実にわかりやすい。しかし、
「河埜は、柴田、高田、張本、王・・・で、8番ショートのような気がするけど。。。」
「いや、河埜は2番ですよ。」
 世代間格差。こんなサイトがあったので、確認すると、小生の記憶は76-77年、N君の記憶は、83-84年。7つ下の後輩だから、ある意味ぴったりである。

« 6/8:サムライ・ブルー | トップページ | 6/10:●パラグアイ 0-1 イングランド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/9:山へ柴刈り:

« 6/8:サムライ・ブルー | トップページ | 6/10:●パラグアイ 0-1 イングランド »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録