« 7/18:内外タイムスほか | トップページ | 7/20:ジダンの社会奉仕 »

2006/07/19

7/19:水曜日のすごし方

◆横浜・東京:あめのちくもり

 すごーく当たり前ですが、今週は、月曜日が祭日だったので、すぐに水曜日がやってきます。1週間の真ん中で、これといった節目もない地味な日だったのですが、ここへ来て、すこし感覚が変わってきました。
 会社によっては、早帰り日だったりするようですが、小生には、あまり関係のないことです。だいたい20時には退社。週刊ベースボールを購入して横須賀線車中で熟読。数年前までは、月曜日の週刊競馬ブックで1週間が始まっていたのですから、変われば変わるものです。豊田泰光さんの「オレが許さん!」は、「生まれて初めて巨人の同情した」とのことで、川相と鹿取を出してから巨人はダメになったそうです。読売ファン時代、世界の王を別格とすれば、小生、もっとも好きな選手は鹿取でした。なんといっても、安定してましたし、タフで、しかも淡々と投げていました。Fs武田久にも、息の長い活躍を期待したいものです。さらに豊田氏曰く、「1,2番は、下から上がってくる選手のためにスキ間をあけておく打順でもある。そこをふさいでは、2軍が死んでしまう」とのことです。今年は、矢野とか鈴木とか入ってくるのかと思いましたが、木村拓とか小関とかまでとる必要があったのか。永年待っていた(あきらめかけていた)からこそ、森本、賢介の1、2番定着がまたうれしいのです。考えてみれば、一部のチームのファンをのぞけば、優勝争いに加われるのは、数年に1回で、それ以外のシーズンを楽しむのには、若手の成長を期待する楽しみっていうのも大きいわけで、巨人ファンは、そういう楽しみがまったくないのだから、気の毒です。
 21時帰宅。さすがに、「いい旅夢気分」には間にあいませんでした。BSで、JリーグタイムとMLBハイライトを流しながら、食事や入浴やメールのチェック。川崎F強いです。るいさんも元気が出たことでしょう。
 22時からは、「趣味悠々・西村由紀江のやさしいピアノレッスン」です。時間が時間なので、テレビを見ながら弾けないのがちょっと残念ですが、キーボードをインテリアにしないためにも、小生もがむばらなくてはいけません。
 ファイターズの試合もないので、23時からは、「プロ野球ニュース」ではなくて、「グータン・ヌーボ」を見て就寝します。そういえば、今日も、受信料払うのを忘れてしまいました。
 欽ちゃん球団解散。大変残念です。

|

« 7/18:内外タイムスほか | トップページ | 7/20:ジダンの社会奉仕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11013651

この記事へのトラックバック一覧です: 7/19:水曜日のすごし方:

« 7/18:内外タイムスほか | トップページ | 7/20:ジダンの社会奉仕 »