« 7/22:ロスタイムに失点 | トップページ | 7/25:ぼちぼち »

2006/07/23

7/23:7勝7敗の千秋楽

◆横浜・東京:くもり

D060723a
D060723b
D060723c

 8時起床。もうすぐバイロイト音楽祭が始まるということで、ぐんぐんさんは、ワーグナーを聴き込んでいるようだし、ないるさんは、2日連続でイケメンと握手しているし、かんさんもジャンケン大会でエンジョイしているというのに、小生は、横須賀線グリーン車で出社である。一方で、とほほゴルフの方や、相当にがむばってタクシーに積んで帰宅したものの、接続不能という方もいらっしゃるのだから、まぁ愚痴っていても仕方がない。
 しかしながら、休日出勤した後は、どうしても自分にご褒美が必要になってしまう。まずは、東京駅地下の英国式リフレクソロジーさんで、足裏マッサージ。
「胃が弱ってますねぇ。。。」
 今回も図星である。大したものである。
「足がやわらかいですねぇ。。。自分で押したりしているのですか?」 
 これは、いつも言われるのだが、心当たりがない。いや、よく考えたら、フットマンのおかげであろう。さすがは、マルタカさんであり、東北医療機器さんということなのであろう。
 そごう内の紀ノ国屋さんで、夏休み用に本を買い込み、ロフトで、花火大会用にテ-ブルを購入。5時間の休日出勤で、4万円くらいのご褒美になってしまった。こんなペースで自分にご褒美していたら、イッキマン家などは、とっくに破産していると怒られそうである。
 そごうから、歩いて帰宅。隣の新しいショッピングセンターもだいぶできてきたし、マリノスの練習場にはいつのまにか、おしゃれなイタリアレストランがオープンしている。

 ところで、夏休み用に買い込んだ本のうちの1冊は、ニッカンスポーツのコラムで紹介されていた「ヤバい経済学」。この中で、シカゴ大学の教授の調査によれば、7勝7敗の力士と8勝6敗の対戦は、80%の確率で、7勝7敗の力士が勝つという。ちなみに、次回、対戦したときは、前回勝った7勝7敗の力士の勝率は40%にまで落ち込み、さらに、場所前に八百長問題が報じられた場所に限ると、7勝7敗力士の勝率は50%になるというから、よくできている。
 まぁ、小生、別に、だからどうのこうのというつもりはなくて、そういうことはあってもよいと思っているが、数字は、正直だということである。
 ということで、本日はというと、7勝7敗の琴欧州は、8勝6敗の栃東に勝って勝ち越し。まぁ、そうだろう。7勝5敗2休の露鵬は、8勝6敗の琴光喜に勝って勝ち越し。7勝7敗の十文字は、6勝8敗の普天王に勝って勝ち越し。
 同様に、勝てば大関の可能性がある雅山、勝てば横綱の可能性がある白鵬も勝った。朝青龍が、全勝優勝にどの程度こだわりがあったかどうかはわからないが、とりあえず、雅山も白鵬も昇進は見送られるようである。

 久々にオールスターゲームをゆっくりテレビ観戦。いきなり宇宙人ひちょりがホームラン。ファイターズの選手といえば、こういう舞台では、まったく活躍しないのがお約束であったが、次の打席でもヒットとホームスチール。SHINJOの後継者として、がむばってくれそうである。
 7回から、パは、福盛-馬原-小林雅、セは、永川-藤川-クルーン。オールスターらしい豪華な継投。藤川&クルーンは、連投でご苦労様だが、天然芝の美しい球場で、力と力のぶつかり合い。なかなか見ごたえのある楽しい試合だった。

|

« 7/22:ロスタイムに失点 | トップページ | 7/25:ぼちぼち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11071157

この記事へのトラックバック一覧です: 7/23:7勝7敗の千秋楽:

« 7/22:ロスタイムに失点 | トップページ | 7/25:ぼちぼち »