2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 7/27:松江へ | トップページ | 7/30:JAL無料航空券で行く函館遠征(2) »

7/29:JAL無料航空券で行く函館遠征(1)

D060729aD060729bD060729c
D060729dD060729fD060729g
F060729mD060729iD060729l

◆横浜→函館:くもりのちはれ

 5時15分起床の予定だったが、北の大地からの、モーニングコールで少し早めに起床。YCATから出発。株主総会の2日後に増資するような会社の飛行機には、乗りたくないのだけれど、Aのつく会社は、無料航空券がとれないし、第1ターミナルで、まい泉(3ケ入り)を食べて、ラウンジでリンゴジュースを飲みながら、日経とニッカンを読むと、やはり遠征の気分は盛り上がってくる。
 9時半には、函館市内入り。明日の下見をかねて、駅前の朝市をのぞき、活イカ刺し定食をいただいてから、市電で元町へ。ハリストス教会を見て、旧イギリス総領事館内のティールームで、チーズケーキと紅茶のセットをいただく。元町の山手で、お茶するなら、地元横浜でも十分ではあるが、そこは、北の大地。実に爽やかで気持ちがよい。ただし、夏休みの土曜日だというのに、観光客は、少ない。北島三郎記念館とGLAY何トカ館の力をもってしてもどうにもならないようである。そして、これも横浜と同じ赤レンガの倉庫街を抜けて十字街へ戻り、市電でオーシャンスタジアムへ向かう。

ファイターズ観戦記:2006/7/29:●F3-4H(函館)

 駅前へ戻り、かんさん姉妹とメッキーさんと4人でお食事。海鮮チラシ丼は、具がたくさん乗っていてすばらしいのだが、早くもお腹が終了しそうになる。日帰りのお姉さんとメッキーさんとお別れして、いったんお部屋で休憩して、少し復活したので、北斗交通定期観光バス14号車にて、函館山に参戦。函館も10回以上来ているはずだが、夜の函館山は、初めて。ガイドさん曰く、「日本の香港」。ちょっと妙なたとえだが、山頂からの眺めは、たしかに100万ドルの夜景の名に恥じない美しさである。
 充実した1日の最後のしめくくりは、ハーバービューホテル13Fのバァの予定であったが、エレベーターを降りた時点で、大きな声が聞こえてくる。バァというより宴会場のノリである。貸切ならともかく、ちょっとこれは、あんまりなので、退場して、近くの330ホテルのバァへ。ダンディーとフラミンゴレディで乾杯。チョコレートリキュールをかけたアイスクリームで〆。

D060729j_1

« 7/27:松江へ | トップページ | 7/30:JAL無料航空券で行く函館遠征(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅・北海道」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/29:JAL無料航空券で行く函館遠征(1):

« 7/27:松江へ | トップページ | 7/30:JAL無料航空券で行く函館遠征(2) »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録