2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 8/9:日本橋の空 | トップページ | 8/11:おいしい水の価値 »

8/10:草魂健在。。。

◆横浜・東京:はれ時々くもり

 7月末からの慌しさもあともう少し。今日が6番勝負の4番目。お昼も食べずに12時30分から会議。15時すぎに無事に終了。一段落して、お腹も空いた。同じくお昼抜きで会議に出ていた後輩のJ君を誘って、三越へ。せっかくだから美味しいものを食べようということで、昨日のグータンヌーボの影響もあって、「筑紫樓」さんへ参戦。ふかひれあんかけご飯をゆっくりといただく。すっかりくつろいでしまったが、よく考えてみると、うしという方ならともかく、若いJ君には、2800円のランチというのは、気の毒である。ここはひとつ、ご馳走することにする。気がつくと、16時半。ちょっともう業務に戻る雰囲気ではない。来週、残り2番が残っているが、早々に退社することにする。
 今日は、BS-1でファイターズ戦があるのだが、テレビ観戦は、どうも最近落ち着かないので、洗濯や部屋の掃除、さらには、夏休みの計画などをすませる。立石は、今日も淡々と5回を無失点に抑えて降板。6試合先発して、ほぼすべて5回を1点以内に抑えているのだから、本当に大したものである。
 9回表、代打稲葉というところで、おもわずテレビのスイッチを入れるが、三振。
 2死1塁となって、高橋信二も1ストライク。ここで、解説が、鈴木啓示さんということに気づく。かなり久しぶりである。
「ここは、高めだけは絶対にいけません。空振りをとりたいかもしれませんが、長打は絶対にダメですから、高めはいけません。」
 おっしゃる通りのような気もするが、馬原、150キロのストレートを高めに投じて、高橋信二空振り。
「最後は変化球でしょうか?」
「変化球の方が空振りをとる確率は高いでしょうが、打たれたときに悔いが残るからストレートです。」
 もちろんフォーク。空振り三振。さすがは、鈴木啓示さんである。わずか2球でも徹底的にやってくれた。草魂健在で何よりである。

筑紫樓(三越)

鈴木啓示 - Wikipedia

« 8/9:日本橋の空 | トップページ | 8/11:おいしい水の価値 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/10:草魂健在。。。:

« 8/9:日本橋の空 | トップページ | 8/11:おいしい水の価値 »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録