« 10/16:限られたパイの分け方について | トップページ | 10/20:決戦前に完敗 »

2006/10/18

10/18:法令順守と標準化の行き着く先

◆横浜・東京:はれ

 一昨日の日経21面。「法令順守に企業躍起」。プライベートで飲酒運転したら解雇なんていう会社も出てきたらしい。飲酒運転で事故を起して解雇ならともかく、もうめちゃくちゃである。いつも書いているけど、厳しすぎるルールは、適用の裁量が広がることになり、普段は、ほとんど適用せずに、組合活動とかでうるさそうな人だけこういうのを適用して解雇するとかいうことになりかねない。記事にもあるように、「社員の私生活に過剰介入」、「他の社内処分と公平保て」という点でおおいに問題がある。
 もうひとつ、最近、窮屈なのが、標準化。いわゆるISO何トカとかそういうやつである。誰がやっても同じレベルの成果が上がるように、手順を明確にして、品質を保証するということのようだが、誰がやっても同じじゃないから、仕事はおもしろいのではないかと思う。どんなにマニュアルを作っても、サービス業に向く人と向かない人がいるように、どんなに手順書を作っても、事務処理に向く人と向かない人がいる。人数分コピーとって、会議前に配るだけだって、センスのいい人というのは、早くてうまいやり方をみつけだす。
 もちろん、対外的にそういうのは、わからないから、「最低でもこのレベルにあります。」ということを保証する意味はあるのだが、レベルの高さを保証するものではない。民主主義は、最悪の独裁者を回避することができるが、有能な独裁者の方がよい政治を行う可能性があるのと同じことである。
 完全に手順化したら、グランドデザインを描くほんのわずかの人とあとはロボットでいい。日本人は、グランドデザインを描くのは苦手で、得意なのは、現場でのひとりひとりのちょっとした創意工夫や改善の積み重ねだったのではないか。欧米主導の標準化にはめこまれて気づいたときは、もう手遅れかもしれない。
 そういう難しい話を抜きにしても、全体に、窮屈な時代になってきている。本日も、後ろ向きな話をしすぎて
「そんなに固いことばかり言ってたら、何もできないじゃないですか!」
 とF嬢に反撃されたばかり。もちろん小生だって、本来は、そんなに固いことを言うのは好きじゃないのだけど。

 冷たい視線に送られ、19時退社。yayoiさんオフ開催。毎日かなり至近距離でニアミスしているはずなのだが、オフは半年ぶり。名古屋遠征に備えて、東京駅地下の「玉丁」さんにて、味噌煮込みうどんをいただき、北の大地からのお届けものを贈呈。ブログのタイトル問題、ダンナさんの携帯電話問題、自由が丘女神祭り問題、福山雅治問題、ライオンズ問題など検討して解散。

|

« 10/16:限られたパイの分け方について | トップページ | 10/20:決戦前に完敗 »

コメント

かんpresentsのためにすみませんです。
ありがとうございます。
本来であれば、自分でyayoiさんにお渡ししに行くべきなのですよね。
東京及びみなとみらいに行く必要がありそうです。

投稿: かん | 2006/10/19 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/12334614

この記事へのトラックバック一覧です: 10/18:法令順守と標準化の行き着く先:

« 10/16:限られたパイの分け方について | トップページ | 10/20:決戦前に完敗 »