« 11/10:広島へ | トップページ | 11/12:総決算! »

2006/11/11

11/11:スポーツの秋

◆横浜:あめ

D061111aD061111bD061111c

 7時半に目が覚めるが、2度寝して、8時半起床。スポーツの秋。東京ドームでは、アジアシリーズ、横浜スタジアムでは、マスターズリーグが開催されるが、本日は、やはり三ツ沢に参戦しないわけにはいけない。しかしながら、お腹が終了気味だし、冷たい雨模様で、なかなか踏ん切りがつかず、ダラダラと「囲碁・将棋ジャーナル」を見ているうちに、13時をすぎてしまう。
 意を決して、暖かい服装に着替え、以前、るいさんにもらったカッパをもって、家を出るが、急に雨脚が強まり、断念して帰宅。アジアシリーズのテレビ観戦に切り替え。アナウンサーが、当たり前のことや、くだらないことばかり言うので、東尾と小宮山は、ばかばかしくなって、あまり相手にせず、栗山と大塚だけが、アナウンサーに迎合していて、見苦しかった。紺田が誰かが打席のときに、
アナ「こういうチャンスをもらったときに、結果を残せるかどうかが大事ですね」
大塚「僕も、東尾監督にチャンスをずいぶんもらいましたが、結果が残せず、レギュラーになれませんでした」
 などとやっているのだから、ばかばかしい。東尾もやってられないだろうし、せっかく小宮山を呼ぶなら、アナウンサーももう少し頭の切れる人にやってもらいたいものだ。
 だらだらと夕方になり、ヤフー速報をチェックすると、いったん同点に追いついた横浜FCが、1-2で負け。よりによって東京ヴェルディ1969にやられるとは、あんまりである。しかも、こちらも同点だったはずの、神戸-柏戦は、すさまじい点の取り合いになり、4-3で柏の逆転勝ち。あまりにもあんまり。これで、残り4試合で、首位・神戸、2位・横浜FC、3位柏が勝ち点2差以内になってしまった。2位までは、自動昇格だが、3位は、入れ替え戦。来週、アウェー神戸戦が残っているだけに、一転して、厳しい状況になってきた。もっとも、味の素スタジアムでは、もっと悲惨なことが起きていたようである。るいさんが心配である。
 サッカーの結果をニッカンのサイトでチェックしているうちに、バレーボールも第1,2セット失うとの情報が入ってきてしまった。延長の問題があるのはわかるが、これだけの視聴率をとるのだから、絶対に生中継にしてもらいたいものである。仕方がないので、「ニッポン終了」の予定稿を書いてから、万葉倶楽部へ。入浴してビアをいただいていると、意外にも第3セットをとって、第4セットもリードしている。急遽湯上りラウンジのソファにて観戦。第5セットも、全員バレーで大逆転勝利!すばらしい。湯上りラウンジでも、「よし!」という声があちこちから聞こえた。
 初戦の台湾戦敗戦が痛く、しかも明日は、苦手のイタリア戦であり、依然として状況は厳しいが、ヨーロッパ勢の強さがめだつなか、メダルの望みを2次リーグ最終日までつないだのは立派。明日は、ドーム参戦でテレビ観戦できないけど、がむばってもらいたい。
 てもみ庵にて腰を中心にほぐして、明日に備えて就寝。

|

« 11/10:広島へ | トップページ | 11/12:総決算! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/12645368

この記事へのトラックバック一覧です: 11/11:スポーツの秋:

« 11/10:広島へ | トップページ | 11/12:総決算! »