« 11/27:シャンパン・バーで乾杯! | トップページ | 11/29:タウンミーティング »

2006/11/28

11/28:ばんえい競馬を救え!

◆横浜・東京:たぶんくもりときどきあめ

 ばんえい競馬の廃止がいよいよ決まりそうである。こんなに早く終了するとは思ってもいなかった。皮肉にも、小生が全国の競馬場をすべて踏破した頃から各地で地方競馬の廃止が進んできたが、三条や足利や益田が廃止になるのは、まぁ仕方がない。東京や大井でも一応同じ競馬は行われている。しかし、ばんえいは、別物である。1トンの馬が1トンのソリを引いて、坂を登って下るという世界でも例をみない奇怪な競馬は、日本独自の馬文化である。なんとしても、存続させたい。
 正直、ここ数年、場内は閑散としていて、入場者が500人とか、1日の馬券の売り上げは、800万とかそんな状況で、とても成り立たない状況になっていたのはたしかである。おそらく馬主と調教師と生産者がすべて同じ人で行われているような状態であったと思われる。帯広市とか岩見沢市が主催できないのもやむを得ない。
 あとは、もう文化と割り切って維持するしかないのだが、今の農林省やJRAに期待するのはとても無理である。横浜Fは、市民が立ち上がり、奥寺氏が名乗り出た。夕張の映画祭も、NPOが立ち上がり、吉永小百合さんあたりも名乗り出てきたようである。ばんえいも誰かが立ち上がるしかない。矢野アナあたりに期待したいところだが、さすがにひとりでは無理だろうと思うので、フサイチでも、ホリエモンでも、三木谷氏でも、村上ファンドでも、誰かなんとかしてくれないものだろうか?中期的な展望をたててくれれば、小生もお布施として5万円くらいは、出資の用意がある。
 ばんえいは、直線が200mあればできる。夏の夜のお台場とかならけっこう盛り上がるのではないか?NPOに馬券を売らせてもらえるのか?という問題があるが、もし儲けが出たらすべて自治体に収めるとかなんとかできないものであろうか?あるいは、モハメド殿下あたりになんとかしてもらうしかないのであろうか?

JALスーパーシートで行く「ばんえい記念」

|

« 11/27:シャンパン・バーで乾杯! | トップページ | 11/29:タウンミーティング »

コメント

こうなったらかんちゃんが年末ジャムボを当てるっきゃないですなぁ~。

投稿: かん | 2006/11/28 21:03

大沢さんと広瀬さんの離婚には、やっぱりなと思いましたが、
ばんえいの廃止は、少なからず驚きました。

最近また、行事が山場でして。北斗星にでも乗りたいなぁ~。

投稿: umm | 2006/11/28 21:04

 帯広は大好きな町ですし、おびひろ競馬場にも何度か行ったので、ばんえい競馬廃止にはおどろきを隠せません。
 同じように赤字に苦しむ道営競馬のほうが先に廃止になるかと思いましたが・・・
 今年の話題の映画「雪に願いを」でばんえい競馬が取り上げられましたし、原作の「ばんば」も読んでいるので、ひときわ寂しさを感じます。
 IT企業とよばれる成金たちにとって、まさにITやネットの技術をつかって全国的に知名度をあげて、収益を上げるチャンスだったのに、残念でなりません。

投稿: buschan | 2006/11/28 22:27

>かんさん

 年末ジャムボでばんえい再生、期待しております。さらには、セギ様の引きとめにも年末ジャムボの力が必要かもしれませぬ。

>ummさん

 大沢たかおと広瀬香美が結婚していたとは知りませんでしたです。。。
 小生も北斗星で行く年内最後の北の大地を検討していますが、調整が難航しております。サンライズで妥協しようかな。

>buschanさん

 ホッカイドウ競馬よりもばんえいの方が地元に愛されている感じがしていたのでとても残念です。スカパーでもレース見られたりとか、大井で馬券売ったりとかいろいろ中途半端にはやっていたのですが、日本の地方競馬は、小手先の対策では、もうどうにもならないところまで来てしまいましたね。

投稿: しんちゃん | 2006/11/29 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/12847844

この記事へのトラックバック一覧です: 11/28:ばんえい競馬を救え!:

« 11/27:シャンパン・バーで乾杯! | トップページ | 11/29:タウンミーティング »