« 12/16:函館クリスマスファンタジー | トップページ | 12/19:河野洋平の時代 »

2006/12/17

12/17:函館→東京、6時間14分

◆函館→森→函館→八戸→東京→横浜:くもりのちゆき

 7時30分起床。朝風呂→朝食→喝!→朝風呂の順。渚亭の朝食は、なかなか充実している。冬場ということで、オプションの活イカがないのは残念だが、スポニチを読みながらゆっくりいただく。
 津軽海峡を望む露天風呂は、やはり朝がいい。目の前の海の向こうに下北半島があって、八戸があって、東京があるわけだが、これから列車ではるか横浜までの旅である。
 10時にチェックアウト。市電で函館駅へ出て、11時のスーパー北斗でいったん北へ。森駅で下車。内浦湾に面していて、その向こうに雪をいただいた山がよく見える。羊蹄山か。ずいぶん迂回していることが実感できるところで、噴火湾にトンネルを掘れれば、札幌までは相当近くなる。実際、バブル期は、そんな話もあったようだが、さすがにもう無理だろう。ふりかえれば、これも雪をいただいた駒ケ岳も美しい。大沼から見るのとは反対側になる。
 朝食をいただいたばかりなので迷ったが、森まで来たら、名物のいかめしを購入しないわけにはいかない。予想よりもずっと小さなもので、結果的にはちょうどよかった。12時発のワンマンカーで函館へ。大沼まで、駒ケ岳の反対側を迂回する渡島砂原回りで、この線も初乗り。これで、北の大地の未乗線区は、根室本線の富良野-新得間のみとなった。一番景色のよい路線が最後まで残ってしまったことになる。
 ここからは、スーパー白鳥とはやての乗り継ぎでひたすら東京をめざす。函館から乗りとおすのは、東北新幹線八戸開業初日に乗りに来て以来だから4年ぶり。出発を待つ間にひやかした函館駅2Fのホールでは、北海道新幹線の計画が詳細に展示されている。東京-札幌4時間。子どもの頃から楽しみにしていた計画は、いろいろと実現して、残っているのは、北海道新幹線と首都高速中央環状線の全通くらいである。
 東京まで6時間14分の旅。スーパー白鳥28号の1号車には、AC電源がついている。ここまでの日記を書いてから、文藝春秋。「新・がん50人の勇気」の続きを読むが、佳境にさしかかってきたところで、(以下次号)となってしまった。はこだてワインをチビチビ飲みながらじっくり読もうと思っていたので、ちょっと拍子抜け。ちょうど列車は、青函トンネルへ。今年最後の北の大地に別れを告げる。次は、ノルディック世界選手権の予定。
 少しウトウトすると、いつの間にか青函トンネルを抜け、青森。雪が舞っている。クーベルチュール号の終了を確認して、座席の向きを変えて、八戸をめざす。はこだてワインを飲みながら、「文春 夢の図書館」の続きを読む。推奨された337冊のうち読んだことのある本はわずか15冊。読んだ本の数は多いのだけれど、中身が伴っていないということであろうか。貴重な15冊の中には、ぐんぐんさんに勧められて読んだ本が3冊もある。さすがである。
 そうこうしているうちに八戸到着の放送。JR北海道の特急は、なつかしい国鉄時代のチャイムをいろいろと使ってくれる。本来は、電車用、気動車用、客車用とそれぞれだったのだが、ごちゃまぜでいろいろ聞けるので、なつかしい気分にはなる。
 陽も暮れて、雪がしんしんと降っている。ようやく雪国らしい景色になってきたが、新幹線ホームへ移動して、はやて号出発のおなじみのチャイムが流れると、もう半分以上、日常に戻ってきた感じは否めない。函館で購入したかに寿司と大沼地ビールをいただき、車内販売でアイスクリームを購入。持ってきた2冊の文庫本は、ほとんど読まずに帰ってきてしまった。大宮を過ぎたところで、この2日間とまっていた咳が出た。旅ももう終わりということのようである。

 ○新たに乗りつくした路線:函館本線(大沼-渡島砂原-森)
 ○新たに乗りつくした距離:35.3キロ。
 ○今までに乗りつくした距離:16700.1キロ。
 ○まだ乗りつくしていない距離:3135.8キロ。
 ○乗りつくした路線の割合:84.18%(△0.18)
 ○会社別:JR北海道 96.7%(△1.4)

D061217aD061217b
D061217cD061217d
D061217eD061217f

|

« 12/16:函館クリスマスファンタジー | トップページ | 12/19:河野洋平の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13102641

この記事へのトラックバック一覧です: 12/17:函館→東京、6時間14分:

» 北海道産かにの三大産地 [北海道土産・観光@情報源]
こんにちは♪ 北海道土産・観光@情報源です。 TBさせていただきます!北海道といえばかに♪北海道産かにの三大産地といえばアブラガニの網走毛ガニの雄武ズワイガニの紋別です!まずは「ポストタラバ」として人気上昇中のアブラガニ [続きを読む]

受信: 2006/12/18 07:51

« 12/16:函館クリスマスファンタジー | トップページ | 12/19:河野洋平の時代 »