« 1/28:東国原知事誕生について(2) | トップページ | 1/30:史上最高の投手は誰か »

2007/01/29

1/29:大衆のシンガリの脳年齢

◆横浜:くもりときどきあめ

 小生の母は、「大衆の先頭」を自認している。大衆の先頭とは、新しいものに何でも飛びつくというのではなく、かといって、後追いでもなく、自分が買ったり、見たりする頃から、ちょうど大流行が始まるというようなことであり、任天堂のDSを買ったのも、1年ちょっと前。斉須さんが買ったすこし後くらいである。最近では、自分が「硫黄島からの手紙」を見たら、その直後に急にアカデミー賞にノミネートされて流行りだしたのだという。そういえば、以前、1兆円ファンドとして話題になった「野村日本株戦略ファンド」なんかでもしっかり損をしていたようだ。
 小生はというと、少し前までは、DIMEや日経TRENDYを熟読し、新しいスポットが誕生すれば、すぐに参戦するようなタイプだったのだが、今では、竹野内豊もわからない隠居であり、大衆のシンガリというところだ。最近になって突然DSLiteを買ったというと、母も衝撃を受けていたが、大衆の先頭の家では、「川島教授の脳を鍛えるトレーニング」がとっくに飽きられて、放置されていたので、さっそくソフトをもらってくる。
 久々にチャンレンジしてみると、いきなりサザエの絵を書けという。小生にはとても無理だ。次は、ケガニ。これなら、まだなんとかなる。3問目は、なんと北海道を書けという。宗谷岬まから知床半島、納沙布岬にえりも岬に地球岬に函館に積丹半島に石狩湾。うみゅ。完璧である。
 本編のテストの方は、色を答えるやつと単語を覚えるやつと計算。単語は、いい感じで覚えていたのだが、いざ答えを書くときにうまくペンが使えず、なかなか文字が認識されずに悪戦苦闘しているうちに忘れてしまった。それでも、本日の診断結果は、25歳。ぐんぐんさんよりは7歳若いからまずまずだ。
 任天堂が16年ぶりに上場来高値更新とのこと。まぁ、大衆の先頭からシンガリまでみんな購入したのだから、当然なのだろう。

|

« 1/28:東国原知事誕生について(2) | トップページ | 1/30:史上最高の投手は誰か »

コメント

翌日もう一回やってみたら28才だったんですが、それでも負けているとは・・・。「きいろ」の音を認識してくれないんですよねぇ。

投稿: ぐんぐん | 2007/01/30 07:43

今日は、種目が代わってしまい、得意の計算の代わりに線を引くやつに初挑戦することになったせいか、30才になってしまいました。音は認識してくれるのですが、字の方で、濁音が認識されなかったりして、いらいらしているうちに忘れてしまうので、単語の記憶が苦戦します。

投稿: しんちゃん | 2007/01/31 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13710808

この記事へのトラックバック一覧です: 1/29:大衆のシンガリの脳年齢:

» 知床半島(日本の世界遺産) [ネットでめぐる世界遺産]
日本の世界遺産を紹介しています。よかったら一度見に来てください。 [続きを読む]

受信: 2007/01/31 19:52

« 1/28:東国原知事誕生について(2) | トップページ | 1/30:史上最高の投手は誰か »