« 1/4:仕事始め | トップページ | 1/6:霧島温泉郷めぐり »

2007/01/05

1/5:京セラへ

◆横浜→東京→霧島:はれときどきくもり

D070105aD070105b

 今朝は、お客様のところへ直行のため、いつもより遅く7時に起床。「おはよう日本」を見ていると、「JAL国内線にファーストクラス導入」というニュースが飛び込んできて朝から目を疑う。
 3年前、幹線を中心にスーパーシートは満席続きであったにもかかわらず、わざわざ廃止してクラスJを作ったばかりである。当時の日記にも、「稼ぎ頭であり、廃止は理解に苦しむ。」と書いているが、こうなるのはわかりきっていたはずである。格差云々が言われる昨今、高くてもよいメニューを選択肢のひとつとして提供するのは当たり前であり、まして、これだけいろいろな航空会社がある時代にわざわざJALを選ぶ人というのは、政治家なり、社長さんなり、古きよき鶴のマークの時代のサービスを期待しているような保守的なお金持ちくらいしかいないはずで、そういう貴重なお客をすべてANAにとられる道をわざわざ選んだのだからまったくもって理解に苦しむ。そして、クラスJへの改造がようやく終わった頃に元に戻すのだから、あまりにも無駄である。経営責任を明確にしていただきたいものだ。
 にもかかわらず、JALで飛ぶ。我ながら理解に苦しむところであるが、バースデー割引は、JALしかないので、やむをえない。もっとも、これだけありとあらゆる割引運賃が2社横並びの中でこれだけが、JALにしかないということは、おそらく商売としては割に合わないということをANAは読みきっているのであろう。
 いそいそと17時30分に退社すると、東京駅に着いたところで、F嬢からメール。おいおいトラブルかよと思うと、
「1/6:曇りのち雨 1/7:暴風雪 無事帰れますように (--)ナムー」
 とのことである。鹿児島で暴風雪とはあまりにもあんまりである。そういえば、ぐんぐん杯in鹿児島も雪が舞ったっけ。。。
 第1ターミナル4番ゲートからの出発。かつてのJASのスポットであり、一番心が落ちつくエリアである。シウマイ弁当とまい泉とビアとお茶を購入して搭乗。
 同時刻出発のANA便に先着したのはよかったのだが、最終バスなのでANA便の到着を待つので、結局同じ。バスがホテルに到着すると、タクシーで到着したANAのCAさんが続々と入場してきた。
 今回は、初めての新館。暴れれば本館になったかもしれないが、連絡階の3階なので、まぁよしとする。さっそく入浴。湯上りラウンジが縮小されてしまったのは残念だが、やはりここに来ると心が落ち着く。天気も悪そうだし、ゆっくりと休養に専念。

|

« 1/4:仕事始め | トップページ | 1/6:霧島温泉郷めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13349193

この記事へのトラックバック一覧です: 1/5:京セラへ:

« 1/4:仕事始め | トップページ | 1/6:霧島温泉郷めぐり »