« 1/6:霧島温泉郷めぐり | トップページ | 1/8:穏やかな誕生日 »

2007/01/07

1/7:スターの競演in東京ドーム

◆霧島→東京→横浜→東京→横浜:はれ

D070107aD070107b
D070107dD070107c
D070107eD070107f

 7時30分起床。入浴。お腹が終了気味なので、オレンジジュースは2杯。ヴァイキングも和食中心に軽め。喝!を見てから9時40分にチェックアウト。空港周辺にうっすら雪が残っているが、天候は回復。ただし寒い。10時55分発のクラスJで羽田へ。途中、ずいぶん揺れたが、この後に鹿児島を出て伊丹へ向かったJALは、乱気流に巻き込まれて負傷者も出たというから、危ないところだった。

 ●東京ドリームス 2-3 ○名古屋80D’sers

 東京ドームへ直行。マスターズリーグ観戦は、リーグ初年度の開幕戦以来で、実は5年ぶり2回目。一時は、存続が危ぶまれたが、こちらもソフトバンクに救われた。そして、喝!での宣伝効果もあって、すっかり軌道にのったようでうれしい限り。今日は、2階席も開放されている。なんと観衆36000人。
 選手紹介やみどころが掲載された無料の新聞みたいのが配れているので、てっきりスポーツ紙の企画か何かと思っていただくと、なんとこれが、「自由民主」。自民党の機関紙の号外である。一面は、「再挑戦を応援します。」とある。衝撃的である。しかも3面には、亀岡とかいう新人議員のインタビューが掲載されているのだが、この人、中学では、江川と対戦して4打席4三振。作新学院で江川とバッテリーを組み、早大に進学して山倉とレギュラーを争ったというからただものではない。福島1区で当選1回だという。まぁ、本当の意味の再挑戦なら、四国アイランドリーグあたりを応援して欲しい気もするが、自民党がこれだけシャレがわかるようになると、小沢一郎君も苦戦が予想され心配である。
 試合の方は、3回に元ファイターズの河野が登板して、なんとなくうれしくなるが、これがメッタ打ち。遠藤もダメ。朝の喝!で親分が嘆いていたように、東京ドリームス、あまりにも打てない。
 7回に村田兆治登場。場内が大歓声とフラッシュの光に包まれる。中4日なので、今日は出番ないかとあきらめていたのでうれしい。先日140キロを達成したので、今日は無理に数字にはこだわっていなかったようだが、その分コントロールが絶妙。135キロのストレートがコーナー一杯に決まり、序盤から猛打を誇っていた名古屋の強力クリーンアップ、長嶋、高橋、大島をなんと三者三振である。すばらしい。与田や石毛もそれなりに速かったが、今日も57歳の村田兆冶が一番速かった。まったくもって恐ろしいとしかいいようがない。試合は、村田の好投も打線の奮起促せず、名古屋が3-2で勝利。張さんの出番はなし。67歳の黒江のバッティングも見事だった。あと、デカはやっぱりでかかったのもうれしかった。

 ○茨城ゴールデンゴールス 8-0 サムライ●

 マスターズリーグ終了後は、欽ちゃんによる松坂壮行試合。欽ちゃん球団、一度は見てみたいとは思っていたが、本当は真剣勝負のときに見たかった。しかし、まぁせっかくだからそのまま観戦。こちら目当てのファンが圧倒的に多いのかと思ったらそうでもなくて、帰る人もけっこういたようだ。
 レッドソックスとの契約で、松坂は試合に出られないという。いかにもアメリカの契約らしいが、始球式ならということで登板。122キロ。
 試合の方は、欽ちゃんの先発は、なぜか山崎慎太郎である。サムライの4番は、ベイの古木。9番は、ベイを解雇された元PLの田中。しかし、欽ちゃん球団、なかなか侮れずリードを広げる。
 リードされたサムライは、ピンチでなんと横浜高校の後輩L涌井を投入。欽ちゃんは代打駒田を送るもダブルプレー。次の回の先頭は、紅一点の片岡あゆみちゃんである。涌井も投げづらそうで、加減した100キロ台のストレートを1,2塁間にヒット。ここから欽ちゃんの猛攻が続き、涌井をメッタ打ちである。まったくもって侮れない。
 欽ちゃんとアナウンサーのかけあい漫才みたいな実況を楽しみつつ、試合は、6回時間切れ終了。8-0で欽ちゃんの圧勝。どうやらノーヒットノーランだったようである。
 最後は、終球式ということで、再度松坂が登板。ここでなぜか渡哲也が登場。最後は、球場全体で三本締めで松坂の旅立ちにエールを送った。

 村田兆治に欽ちゃんに松坂に渡哲也と堪能して帰宅。強風でダイヤが乱れているが、お腹が空いてしまったので、途中、東京駅でカレーをいただく。横須賀線グリーン車でひと休みして、横浜駅で降りようとするとスーツがない。カレー屋に忘れたにちがいない。楽天グッズだったらあきらめるところだけど、そうもいかないので、とんぼ帰り。通いなれている東京-横浜間も鹿児島から帰ってきた後の1往復半は辛い。しかもダイヤがどんどん乱れている。幸い、カレー屋でスーツは発見された。21時半帰宅。ぐったり。

|

« 1/6:霧島温泉郷めぐり | トップページ | 1/8:穏やかな誕生日 »

コメント

スーツ、無事発見されてなによりでした。でも、楽天グッズもスーツと同じくらい大事だと思うのですが。

投稿: かん | 2007/01/08 21:19

「あのぅ、このへんの忘れ物なかったですか?」
「あ、スーツですね。」
「そうです。」
「こちらです。」
「ありがとうございます。」

 ということで、昨日は、めでたく解決しましたが、

「あのぅ、このへんに忘れ物なかったですか?」
「え?」
「楽天グッズなんですけど。」
「楽天?」
「ヘンなぬいぐるみとか、リストバンドとかあるんですけど?」
「あぁ、この鉄平46っていうやつですか?」
「えぇ。。。それです・・・」

 っていうのは、ちょっと恥ずかしすぎますです。

投稿: しんちゃん | 2007/01/08 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13375370

この記事へのトラックバック一覧です: 1/7:スターの競演in東京ドーム:

« 1/6:霧島温泉郷めぐり | トップページ | 1/8:穏やかな誕生日 »