« 2/22:南風に乗って流氷去る。 | トップページ | 2/24:クロスカントリー・パシュート&ジャンプ・ラージヒル »

2007/02/23

2/23:ペンギンのお散歩&クロスカントリーin札幌ドーム

◆旭川→札幌:くもりときどき雨

 昨晩はだらだらと起きていて1時すぎに就寝。パコ旭川の目覚まし時計は、何やら使いにくいので、携帯の目覚ましをセットして寝るが、かんちゃんを札幌から呼びつけておきながら寝坊する、という夢を見て飛び起きたらまだ5時である。2度寝するも熟睡できず、7時起床。朝風呂。どんな温泉なのか怪しいものではあるが、やっぱり気持ちがよい。
 遺憾ながら、本日も仕事が追いかけてきている。8時すぎから会社へ電話して、30分ほど悪戦苦闘して、ほぼメドをつける。「また電話する」とのことだが、旭山動物園がH”圏内かは、どうか自信がない。まぁ、あとは野となれというところである。
 9時20分に札幌からのスーパーホワイトアローでかんちゃんが登場。ニッポンレンタカーさんで旭山動物園へ。2年前に来たときは、まだブレークしたばかりで、その後、母やるいさんからの情報では、大変な混雑になっているようなので、心配であったが、冬の平日ということで、もちろん空いてはいないけれど、まぁ普通に見られるようで何より。
 まずは、アザラシ館にて、円柱のマリンウェイを優雅に行き来するアザラシを堪能してから、お目当てのペンギンのお散歩。以前は、正門折り返しだったのが、お客さんが増えたためか、西門方向への一方通行周遊コースに変わっていた。事前には、職員の方が、観覧マナー、特にフラッシュ禁止をかなり厳しい口調で徹底している。

D070223aD070223b

 なんかちょっと数が減ったような気がしなくもないのだけれど、キングペンギンの散歩を堪能。やはり、ペンギンの散歩に関しては、アドベンチャーワールドよりはこちらが上のようだ。すばらしいの一言である。
 ほっきょくぐま館にて、若いクマの迫力満点の泳ぐ姿を堪能すると、別室には、おばあさんのコユキがいて、よだれを垂らしている。幸雄さんともどももう一花咲かせてもらいものである。
 くまきちさんからの情報では、札幌は大雨とのことだったが、アザラシのもぐもぐタイムを見ている頃から、とうとう旭川も雨になってしまった。ちょっと考えられない。同伴のおこちゃまももぐもぐタイムが必要な感じになってきたので、昼過ぎに撤収。会社の同僚からすすめられた旭川ラーメン「蔵」さんにてもぐもぐタイム。霜降りちゃーしゅー麺をいただく。トンコツベースのスープにほどよくからむ麺がさすがに美味で、久々に美味しいラーメンをいただいた感じがしたが、霜降りのトロトロチャーシューがこってりしていることもあり、後半は、ちょっといっぱいになってしまった。お腹の終了が心配されたが、なんとかスーパーホワイトアローで札幌へ。

D070223cD070223d
D070223eD070223f
D070223gD070223h
D070223iD070223j

 グランドホテルさんへ荷物を預けて、東豊線でファン感謝デー以来の福住駅へ。いざドームへ!というところで、ラーメンの後にどら焼きを食べたはずのおこちゃまは、またコロッケパンなど購入している。もぐもぐタイムばかりである。
 史上初のノルデッィック世界選手権のドーム開催。いったいどんなことになっているのか楽しみであったが、入場した瞬間、衝撃的な景色が飛び込んでくる。まったくもってすばらしいのひとことである。よくぞこういうアイデアを出して、それを実現させてくれたものだ。プチバブル的なのが日本らしくてよいし、観戦するにもよいし、選手だって、やりがいがあるだろう。ビジョンなどで状況が刻々と把握できるので、海外の関係者にも好評なようである。暖冬でもあり、会場作りとのコンディションの維持の苦労は大変なものと思われるが、主催者の努力に敬意を表したい。

D070223kD070223l
D070223mD070223n

 ないるさん、白石さんが、お席をとっていてくれたのでさっそく合流。☆さんとも久々の再会。さっそく、ヤクルトが
最下位という予想はひどいのではないかと突っ込まれる。
 純粋なクロスカントリーの観戦は、初めてで、正直よくわからないのであるが、期待していた女子チームスプリントは、夏見選手に前日の疲労が残っていたのか準決勝敗退。コンディションの問題なのか、けっこう転倒が多く、油断できない。一方、複合では、期待の高橋選手が大倉山で大転倒してクロスカントリーを危険。小林選手らが、がむばったものの、遠くからの観戦なので、誰が誰だか今ひとつよくわからなかった。無冠の帝王マンニネンが優勝したのは、まぁ喜ばしい。
 まったくもってすばらしいドーム観戦なのだが、いかんせんお客さんが少ない。北の大地は、もう少しウインタースポーツに暖かいかと思っていたのだが、大変残念である。昨年後半、ドームを埋め尽くした4万人の方々の一部にぜひ足を運んでいただきたかった。テレビ朝日系列ということで宣伝もうまくなかったのかもしれないが、ドームでの試合は、この2日間だけなので、もっと多くの方にエンジョイしてもらいたかった。また、少ないお客さんが自由席に集中したので、広いドームの上の方に固まってしまったのも残念で、選手との距離も遠いし、選手にも熱気が伝わりにくい。コース周辺にアリーナ席を作ってそこだけ指定席として、ドーム内は、すべて自由席にした方がよかったかなとは思う。
 それから、こういう大会を見ていると、いつも思うのだけれど、馬券(板券)を売ってくれれば、大会運営に大きく貢献できると思うのに残念。入場料は2000円でも高いとも思うかもしれないけれど、3連単とか売ってくれれば、なんだかんだ1万円くらい購入しちゃうかもしれない。そうなれば、ゴール前の盛り上がりが違ってくる。実際、転倒も多くけっこう波乱もあったし。男子のチームスプリント決勝なんか確実に万板券だと思われる。
 最終種目の複合スプリントも終盤というところで、ようやくくまきちさんとメッキーが登場。メッキーといえば、函館に行けばバイクが終了してしまい、日本一のかかった第5戦でものんびりと5回くらいに登場したのであるが、今日もあんまりなことになっている。到着後に選手が1周しただけで終了。しかしながら、エンジョイしたとのことなので、まぁよしとする。
 福住の駅で、ないるさんチームと解散して、かん姉妹、メッキーと大通へ。高田屋さんにてオフ開催。のんびり屋さんのイメージのメッキー嬢だが、本日は、お店も予約してくれて、注文も取り仕切って活躍している。しかし、惜しむらくは、氷下魚が焦げてしまったのだけが、残念であった。心配されたくまきちさんからのナカミー問題についての糾弾は、ほどほどで許していただき、22時すぎまで楽しく一献。さすがにボーリング対決をする元気はなく、日記も更新せずにそのまま就寝。

◆クロスカントリー・男子チームスプリント

 1位:イタリア
 2位:ロシア
 3位:チェコ
 (日本は、準決勝敗退)

◆クロスカントリー・女子チームスプリント

 1位:フィンランド
 2位:ドイツ
 3位:ノルウェー
 (日本は、準決勝敗退)

D070223oD070223p

|

« 2/22:南風に乗って流氷去る。 | トップページ | 2/24:クロスカントリー・パシュート&ジャンプ・ラージヒル »

コメント

5泊6日ですか!のんびりできますね~。


私も夏休みに北の大地で4泊5日して、「わりと疲れるし、次は3泊4日でもいいかなぁ~」なんて思っていましたが、
やっぱり、短くするのはやめようかなぁ。
(電動自転車を借りて、小樽を回っていたりしたから、疲れたのかも(汗))

平日ならどこに行っても空いていますし、安いし、いいですよね~。

遠征したい気持ちでいっぱいですが、職場で足の指を骨折してしまい、しばらくは遠出できなそうなんです。しょんぼりです。まぁ、仕事しなさいってことかなぁ、なんて思ってます。もうすぐ転勤なので。

投稿: umm | 2007/02/24 22:45

5泊6日、疲れをためないように真ん中の3泊は同じホテルに連泊してのんびりします。そうはいっても、今日も雪の中をけっこう歩いて、山登りもしました。でも、心地よい疲れです。骨折とはあんまりですね。早く治して、転勤後に暖かくなったらぜひ盛大に遠征してください。

投稿: しんちゃん | 2007/02/24 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/14028493

この記事へのトラックバック一覧です: 2/23:ペンギンのお散歩&クロスカントリーin札幌ドーム:

« 2/22:南風に乗って流氷去る。 | トップページ | 2/24:クロスカントリー・パシュート&ジャンプ・ラージヒル »