« 2/1:もっと北の大地へ | トップページ | 2/4:SKYバーゲンで行くファイターズキャンプ&沖縄の旅(2) »

2007/02/03

2/3:SKYバーゲンで行くファイターズキャンプ&沖縄の旅(1)

◆横浜→那覇→名護→国頭→本部:はれときどきくもり

 5時起床。さすがに眠い。5時41分YCAT発のバスで羽田空港第1ターミナルへ。39番ゲートからバスでの出発。今回の名護キャンプの日程は、11月には決めていたので、スカイバーゲンでなんと1万円である。まぁ、バスでの出発もやむを得ない。
 スカイマークは、たしか飲み物のサービスはないと思っていたのだが、なぜかジュースが出た。沖縄線は例外なのかもしれぬ。3時間かかったが、熟睡したので、あっという間に、1年ぶりの那覇空港へ到着。
 オレンジ色のトヨタレンタカーヴィッツ号で出発。例年、2月は天気が悪いのだが、今回は、3日ともよい天気に恵まれそう。ネーネーズのCDを聴きながら、沖縄自動車道を北上、おなじみの名護の21世紀の森ビーチの公園だが、昨年は、休日にあたってしまったので、キャンプ見学は、3年ぶり。

D070203aD070203b

 午前中のパレードに間に合わなかったのは残念だが、さっそくブルペンに行くと、すぐ目の前で、江尻やオッシー、マイケル、宮本らが投球練習中。江尻やオッシーは、それぞれさとぼうと高橋信二を座らせて、力の入った投球。2人とも今年さらなるブレークを期待したい投手だ。マイケルは、今日のところは、軽い調整。
 江尻の投球が終わると、ダルビッシュ登場。近くで見ると、圧倒的にでかいし、かっこいい。すでに風格を感じさせる。今日は軽めの投球。そこへ八木も登場。よく見ると妙な投げ方である。これが、打者にとって打ち辛いのだろう。球を持たない方の手の使い方を佐藤コーチと確認しているようだ。
 グランドへ戻ると、幸雄さんが登場。金子と新外国人のグリーンとノックを受けている。小笠原のあとの3番サードを期待されているグリーンだが、3人のなかで一番小さい。まじめそうな白人で大はずれはないタイプかもしれないが、大物という感じでもない。
 
D070203cD070203d
D070203eD070203f

 ぼんやり練習を見ているのは飽きないし、けっこうあっという間に時間が経ってしまう。このまま夕方までのんびりしてもよいのだけれど、せっかくなので、北をめざすことにする。名護までは何度も来ているのだけれど、本島最北端の辺戸岬には、まだ行ったことがない。本部半島に宿をとった今回はチャンスだし、途中の国頭村には、2軍のキャンプ地がある。
 その国頭村のグランドは、まだ一部工事中とはいえ、なかなか立派。シーズン中とちがって1軍枠があるわけではないので、2軍のキャンプは、かなりの小所帯。武田久を見たかったのだが、すでに終了していたようだ。サブグランドの投手陣でわかるのは、正田、鎌倉、木下あたり。メインの球場の方では、鵜久森が、黙々と練習している。体もしまって、なかなかいい表情。輝く瞬間をもう少し待つから、必ずブレークしてもらいたい選手である。その他では、島田や水上などコーチ陣の方が顔と名前が一致する。水上コーチは、いかにも怖いかと思ったらそうでもなくて、なかなかよさそうだ。

D070203gD070203h

 だいぶ雲が多くなってしまったが、さらに58号線を北上して、本島最北端の辺戸岬へ。ここまで来ると、鹿児島県に属している与論島が見えるが、わざわざ時間をかけて来るほどおもしろいところではなかった。やんばるくいなの奇怪な展望台がある程度。お腹が終了しかかってきたので、早々に引き返す。

D070203iD070203j

 名護の手前まで戻り、2005年開通の古宇利大橋で古宇利島へ。通行料無料の橋では、日本一長いという。
マイアミのセブンマイルブリッジほどではないが、青い海の上を一直線に渡るのはなかなか爽快である。

D070203kD070203l

 日も暮れかかっているが、最後は、本部半島を横断して、きしもと食堂で沖縄そばをいただく。街中の本店がいつも見つけられなかったのだが、海道沿いに新たに店を出してくれたので、ようやく参戦。沖縄そばのなかでもここのは、コシが強い平麺で、なかなか美味である。
 18時すぎに、ようやく本日の宿であるところのマハイナウェルネスリゾートさんにチェックイン。ここは初めてである。オーシャンビューの43平米のツインのシングルユースで朝食付13900円と安いので、ちょっと心配だったが、多少古いとはいえ、部屋はたしかに広いし、リゾートホテルにはめずらしくLANもあるし、温泉大浴場もあって、文句はなし。
 本日は実は19時から、名護市内でファンの集いが開催されるのだけれど、200キロくらい運転したので、さすがに疲れた。リゾートでゆっくりしたい。大浴場で疲れをとり、部屋に戻って窓を開け、涼しい風を入れながら、オリオンビールをグビグビっとやる。実に爽快である。明日も強行軍なので、早めに就寝。

D070203mD070203n

|

« 2/1:もっと北の大地へ | トップページ | 2/4:SKYバーゲンで行くファイターズキャンプ&沖縄の旅(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13774213

この記事へのトラックバック一覧です: 2/3:SKYバーゲンで行くファイターズキャンプ&沖縄の旅(1):

» 辺戸岬(へどみさき [沖縄観光データバンク]
辺戸岬(へどみさき)は、沖縄県国頭郡国頭村辺戸に属し、太平洋及び東シナ海に面する岬。本土復帰を願い辺戸岬と与論島でかがり火を焚いたと言われています。 在は本土復帰を記念して立てられた碑があります。 名護市から国道58号線を使うと、辺戸岬までは短い距離ですが、何故か時間が長く感じます。ただドライブ好きな方にはおすすめです。 好天の日は、22km離れた鹿児島県の与論島や沖永良部島を見ることができ、沖縄海... [続きを読む]

受信: 2007/02/05 16:51

» 沖縄の最北端 [沖縄@情報ツアー]
沖縄本島の最北端の辺戸岬辺戸岬は沖縄の本島の最北端にあります。断崖絶壁の荒涼とした景色が続く岬の突端に立つと、水しぶきと一緒に「ドーン」という低い海鳴りが絶え間なく聞こえてきます先端付近には米軍統治時代に、与論島とこの岬でかがり火を焚き、本土復帰を訴えた海上集会を記念して立てられた祖国復帰闘争の碑がある。(祖国復帰闘争の碑)琉球の祖先アマミキヨが沖縄の島々を創ったときに最初にこしらえたという伝説が残る霊地だとも言われています。一度は沖縄の最北端にも足を運んでみてください。... [続きを読む]

受信: 2007/02/21 13:03

» とにかく外(アウトドア)に出てみよう! [アウトドア【アウトドアの道しるべ】]
とにかく外(アウトドア)に出てみよう! アウトドアといっても、何も何々をしなければアウトドアではないということでは有りません。 ちょっと買い物に行くのに自転車を使って出かける、その延長がアウトドアスポーツです。 現代文明が発達して、人間の体力をより使...... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 20:19

« 2/1:もっと北の大地へ | トップページ | 2/4:SKYバーゲンで行くファイターズキャンプ&沖縄の旅(2) »