« 2/8:カイ問題 | トップページ | 2/10:vista来る »

2007/02/09

2/9:ぐったり

◆広島→福山→広島→横浜:くもりときどきあめ(キリ)

 7時15分起床。朝風呂。8時チェックアウト。午前中の打合せが順調に終わったため、同行者の要請により、福山へ転戦することになった。のぞみ号でわずか24分。駅弁をいただくのもあわただしい。しかも自由席が満席とは驚いた。
 アラブ大賞典だか何かを見に来て以来だから、福山は、かなり久しぶりである。以前は、もっと栄えていたような印象があるのだが、今日は、ずいぶん寂れているように感じる。はじめから、小さな町とちがって、一度発展した後に終了した町の方が、かえって寂しく感じられる。
 福山といえば、ぐんぐんさんのご城下である。寂れた駅前の写真を撮って、メールを送ってみるが、よく考えたら、向こうは深夜である。ところが、すぐに返事が来て驚く。本当に夜中まで勉強していることが確認された。
 福山の打合せもまずまず順調に終わり、15時には、福山駅へ戻ってきた。広島だといい勝負だが、福山なら、新幹線の方が早く帰れる。3連休後の3連休前でちょっとやることがたまっているし、休日出勤はしたくないので、今日は、会社に戻りたい。しかしながら、福山へ転戦する予定ではなかったので、17時10分広島空港発のANAを購入済みである。払い戻して、新幹線にすると、会社での精算なども面倒くさそうだし、ANAに乗っても18時半には羽田に着けるので、広島空港へ向かうことにする。が・・・
 福山駅の空港バス乗り場には、広島空港は、朝からキリのため天候調査ということが小さく掲示されていた。まぁ、しかし、天候調査は、よくあることなのだ。るいさんと斉須さんのあんまりな話がちらっと脳裏をよぎったが、このときは、あまり深くは考えなかった。
 寂れている福山駅前だが、バスだけは、次から次へとやってくる。15時30分のバスは、広島駅行き。のぞみ号で24分のところをバスに乗ったらどのくらいかかるんだろうか?ご苦労なことだと思って見送ったが、何のことはない、この後、我らは、バスで広島駅まで2時間かけて行くことになる。
 次に15時33分発の岡山空港行きのバスがやってくる。岡山空港の方がキリの心配はなさそうだが、これも精算が面倒くだそうなので、見送り、15時35分のバスで広島空港へ。たっぷり57分かかる。就寝。
 40分ほど眠って、目を開けると、衝撃を受ける。箱根ターンパイクを思わせる霧である。前が見えない。あまりにもあんまりである。この状況で欠航しないなら、霧での欠航はありえないだろう。もはや絶望である。
 意気消沈して、カウンターへ。16時40分の天候調査は、さらに10分延期された。羽田での天候調査というのは、到着予定時刻の目的地の天気を予測して、着陸できるかどうかを判断するわけだが、地方空港からの帰りの便はちょっと違う。基本的に、飛行機は、着陸できれば離陸はできる。地方空港には予備機はいない。羽田からのお迎えの飛行機が着陸できるかどうかにすべてがかかっている。
 広島空港上空を旋回していたANA便681便は、ついに16時50分、福岡へ転進することが決定した。あまりにもあんまりである。この瞬間、我が682便の欠航が決まる。まずダメだろうと思っていたので、カウンターの近くで待機していたのは正解だった。
 選択肢はいくつかある。(1)後続の飛行機に賭ける(2)新幹線で帰る(3)1泊する。今日は金曜日だし、以前なら、迷わず(3)を選択したと思うが、この3連休は、いろいろとやりたいことがあるので、今日はできれば帰りたい。後続の飛行機は、満席である。小生は、スーパーフライヤーなので、飛びさえすれば、キャンセル待ちで乗れるとは思うが、同行者もいるので、あまりにもリスキーである。払い戻して、バスで広島駅へ。
 広島駅到着18時。バスの乗客の目的はみな同じである。駅の自動販売機へダッシュ。18時28分発ののぞみ号、バラバラにB席に座るしかない。ひとりだったら、自腹でグリーン車に乗るのだが。。。
 長旅に備えて文芸春秋を購入したかったのだが、売ってない。DIMEとニッカンとスーパードライとたこ天だけでは、非常に心もとない。ipodがあるのが、救いではあるが、DSLiteを持参しなかったのが、痛恨。しかも、F嬢から、「後続の便は、ANAもJALも全部飛びました。」との遺憾なメールが届く。
 広島出発直後は、隣がいなくてまだよかったが、岡山からは3人がけ。それでも、右側の隣が小柄な女性だったので、ひじかけ問題なども起きず、まだ助かっていたが、京都で降りてしまい、代わりに大きな男性になってしまった。しかも、この人、花粉症のようで鼻はぐしゅぐしゅだし、手足をやたら動かして落ち着きがない。
 西から戻る新幹線の旅は、最後の名古屋からが辛い。案の定、豊橋あたりでやることがなくなってしまった。H”のバテリーもここで終了。しかし、まだたっぷり1時間ある。幸い、業務用に会社のPCを持参していたので、メモ帳を開いて、日記を執筆。これで、だいぶ時間がつぶれて、三島駅を通過。やれやれ、もうひとがむばりである。

D070209a

|

« 2/8:カイ問題 | トップページ | 2/10:vista来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/13850209

この記事へのトラックバック一覧です: 2/9:ぐったり:

« 2/8:カイ問題 | トップページ | 2/10:vista来る »