« 3/6:世界の山ちゃんへ | トップページ | 3/10:横浜ダービー勝利! »

2007/03/07

3/7:横浜vs北の大地

◆横浜:はれときどきくもり

 7時起床。おかげさまで復調してきたが、念のため、朝一番でランドマーク医院をたずねる。血液検査の結果も、問題なし。検尿も今日はパス。おじいさん先生は、声が小さくてよく聞こえない。
「伝染性ナントカカントカ、ホニャララホニャララ。ウイルスがホニャララホニャララ。」
 まぁ、要するに疲労の蓄積だったと勝手に判断して、丁重にランドマーク医院を辞して出社。
 桜の開花予想が発表。記録的暖冬なので、とてつもない記録が達成されるのではないかと思われがちだが、東京の予想は、平年より10日早いものの歴代2位タイの3月18日。まぁ、12月や1月の温度は、あまり関係ないので、まぁそんなものかもしれない。いずれにしても、東京近郊では、桜は、入学式を彩る花から、卒業式の花になりつつある。ここ数年、春先は、桜を求めて、あちこち旅しているが、こういうときは、パンフレットに掲載されている見ごろと大きくずれるので、計画がたてずらい。とりあえず、千葉マリンの開幕戦は、満開になりそうなので、周辺の見所を調べておこうと思う。
 瀬戸内、関西、横浜(&新潟)で争っていたサミットに、突然北の大地が参戦してきた。横浜と北の大地が争うことになるとは、小生としては、大変心苦しい。ウインザー洞爺も悪くはないのだけれど、今頃になって、それも、北の大地主導ではなくて、政府主導で参戦というのが理解に苦しむ。高橋知事は、以前から消極的であったし、こういうものは、地元の熱意が重要である。北の大地の人は、あまり関心がないと思う。今頃になって政府主導で決めるなら、初めから、北の大地に決めてしまえばよく、立候補を表明してがむばっていた3地域は、ばかみたいである。正直、パシフィコ横浜で開催となったら、拙宅などは、中が見えてしまうほどの近さであり、すさまじい警備でかなりの不便を強いられることは間違いないけれど、ちょっと楽しみでもあった。しかしながら、どうやら分が悪そうだ。どうしても北の大地でということなら、いっそのこと、第一滝本館で開催してはいかがだろうか?
 グータンヌーボを見て就寝。

|

« 3/6:世界の山ちゃんへ | トップページ | 3/10:横浜ダービー勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/14181999

この記事へのトラックバック一覧です: 3/7:横浜vs北の大地:

« 3/6:世界の山ちゃんへ | トップページ | 3/10:横浜ダービー勝利! »