« 4/26:全国学力調査に挑戦 | トップページ | 4/29:祝!富山ライトレール1周年 »

2007/04/28

4/28:北信越BCリーグ開幕!

◆横浜→軽井沢→長野→富山:はれときどきあめ

 8時起床。湘南新宿ラインで大宮へ。行楽客にもグリーン車が定着しつつあるようで、なんと満席である。ゴールデンウイークといえば、フルキャストスタジアムということで、早くからドーミーイン仙台をおさえていたのだが、諸般の事情により、東北新幹線ではなくて、長野新幹線にて乗車。大宮から軽井沢へはわずか40分足らず、自由席で立っても苦にならない。
 軽井沢駅南口にて、平沼赳夫君の姿を発見。家族で別荘にでも行くのだろうか。多少足が不自由なようで、お迎えが来ているけれど、自分で荷物を持って、家族の先頭にたっている。ずいぶん元気そうである。再起不能説まで流れていたようだが、一安心である。

D070428aD070428b

 残念ながら、もーさんの姿を発見することはできなかったので、プリンスのアウトレットにてあわただしくお買い物をすませ、峠の釜めしをいただき、再びあさま号へ。長野まではノンストップでうとうとしているうちに到着。
 トヨタレンタカー・ヴィッツ号にて出発。長野オリムピックスタジアムへ参戦する。本日は、北信越BCリーグの開幕戦である。早くからホームページをチェックしていたのだが、なかなか日程が発表されず、しかも開幕セレモニーの有無などもわからずなかなか予定がたてづらかった。しかも、無事に南長野運動公園に到着すると、駐車場は、関係者限定で、遠くに停めて、シャトルバスで出直せという。毎日ホームページをチェックしていたが、そんなことはどこにも書いてなかった。地元密着もよいが、遠来の客も大事にして欲しい。それに、大都市ならともかく、地方のイベントで、クルマが止められないのは、あきらかにサービスダウンである。関係者が我慢してでも、有料入場者の駐車場を確保すべきである。
 それでも、なんとか試合開始ギリギリに到着すると、興奮は高まってくる、ファイターズが好き、パリーグが好き、やきうが好き。でも、NPBとか高野連はあまり好きではない。四国アイランドリーグに続く、独立リーグの開幕を心から祝福したい。始球式は、なんと大沢親分。見苦しかったら、「喝!」を浴びせようと、地元のおっさんたちが息をのんで見守っている気配があったが、見事な投球で、場内をうならせた。あっぱれ!である。長野グランセローズは、ファイターズの三沢今朝治氏が社長で、木田が監督、島田直也が投手コーチとファイターズ色が強いということも今日初めてわかった。
 四国のときの石毛氏のような広告塔がいないこともあって、首都圏ではまったく話題になっていなかったけれど、場内は、7000人ということでけっこう埋まっている。応援団らしきものも結成されていて、にぎやかだ。長野の開幕投手佐藤は、四国ILの徳島で6勝13敗で解雇されたということで、ストレートは130キロ。守備もエラーあり、フィルダースチョイスあり、一方で牽制死ありなど、かなり見苦しいけれど、地元の声援は暖かいようである。選手名鑑をみると、選手達の経歴は、高校、大学の後、四国ILの他、茨城ゴールデンゴールズやNOMOベースボールクラブの出身者も多い。NPBへ選手を輩出するのが当面の目標になるのだろうけれど、本当は、四国ILや北信越BCを統合する全国リーグができて、Jリーグのような組織ができるのが理想。そうなれば、NPBなんて、所詮、閉鎖的な12社のリーグにすぎなくなるはずだ。

D070428cD070428d
D070428eD070428f

 そんな夢を描きながらの開幕戦なのだけれど、寒冷前線の通過とともに、気温がぐんぐん下がってくる。あまりにも寒い。そしてにわか雨が激しくなってきた。あまりにもあんまりである。5回表とうとう試合中断。お誕生日会や、ボウリングオフも控えているので、風邪をひくわけにはいかないので、遺憾ながら退場することにする。
 本日のお泊りは、諸般の事情により、富山である。長野から富山は遠い。当初は、信越線+はくたかの予定であったが、上信越道+北陸道を突っ走ることにする。1000ccのヴィッツ号で、初めての上信越道を走るのは、不安もあるが、もーさんが頻繁に通った道であるから、なんとかなるのではないか。
 片側1車線、ラジオも聞こえない中、高速道路にしてはかなりきつい勾配をなんとか上り、妙高高原をすぎて、下り勾配になると、上越の街が見えてくる。山を越えてきたので、けっこうな大都会に思えてしまうけれど、ミスタードーナツくらいしかないことはもーさんの日記でおなじみである。今回の遠征の計画段階では、このあたりでもーさん夫妻と一献とも思っていたのだが、もーさんはすでに横浜へ帰還されたので、そのまま素通り。上越JCTを左に曲がり、北陸道へ。
 北陸道は、トンネルの連続。眠くならないように持参したCDをかけて、大声で歌いながら西下すると、いきなり警察が赤い旗を振っている。違反ではなくて、事故通行止めとのことで、いきなり黒部ICで下ろされてしまった。まさにたった今通行止めが決まったばかりのようで、富山までもう一息というところで、あまりにもあんまりであるが、もう少し早ければ、事故に巻き込まれていたかもしれず、もう少し遅ければ、渋滞に巻き込まれたかもしれないので、ラッキーだったのかもしれない。料金が割高にならないよう乗り継ぎ券が発行され、国道8号で次の魚津ICから北陸道へ復帰。19時半には、無事にドーミーイン富山に到着した。
 冷えた体を温めるため、さっそく入浴。同じドーミーインでも、仙台にしておけば、幸雄さんの満塁ホームランが見られたと思うとちょっと残念だけれど、日本で2つ目の独立リーグの発展を期待しつつ、再び入浴して、峠の釜めしをいただいて就寝。

D070428gD070428h

北信越BCリーグ

2005/4/29:四国アイランドリーグ開幕!

|

« 4/26:全国学力調査に挑戦 | トップページ | 4/29:祝!富山ライトレール1周年 »

コメント

 連休は長野・富山でしたか。
 奇跡の?幸雄さんグランドスラムが見れなかったのは惜しいですが、私も北信越リーグを一度は見たいです。
 富山は風景も食べ物も大好きで、年に一回はかならずちてつホテルに泊まって、4Fの(ちてつ経営の)炉端焼きで過ごしています。
 富山TBの兼任コーチ、宮地選手の応援よろしくお願いします。

投稿: buschan | 2007/04/29 11:22

これまで富山には、あまり縁がなかったのですが、ドーミーインは快適でしたし、北信越BCリーグに富山ライトレールと新しい取り組みのこれからに期待したいです。今朝の北日本新聞で宮地が選手としてプレーしていることを知りました。NPB復帰は、簡単ではないと思いますが、リーグの活性化のためにもがむばってもらいたいですね。

投稿: しんちゃん | 2007/04/29 23:15

上越高田ICをまたしても通過ですね・・・。と、言っても、不在ですが・・・。

投稿: もー | 2007/04/30 22:33

今回の遠征の計画をたてたときは、まだ上越だったので、お会いできるかと思っていたら、入れ違いになりましたです。上信越道の上り勾配は、ヴィッツ号ではけっこうしんどかったです。

投稿: しんちゃん | 2007/05/03 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/14876506

この記事へのトラックバック一覧です: 4/28:北信越BCリーグ開幕!:

» 長野県 旅行 [長野県 旅行]
長野県 旅行に関するサイトです。あなたが求めている情報がのっているかもしれません。必要な方だけどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2007/04/29 01:05

« 4/26:全国学力調査に挑戦 | トップページ | 4/29:祝!富山ライトレール1周年 »