2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 5/28:Good-bye My Loneliness | トップページ | 5/30:雨乞い »

5/29:コロコロ伝説

◆横浜・東京:はれ

 このところ、昭和がブームだったり、回顧物が流行っていたりするようである。可処分所得が多い30代独身者が増えたので、そこをターゲットに80年代頃のノスタルジーを感じさせるような商品を作れば売れるだろうなとは思っていたのだが、コロコロ伝説が発売されたということで、さっそく購入する。
 小生が漫画を読んだのは、ほぼ小学校の頃だけで、ドラえもんやオバQなどのてんとう虫コミックスくらい。その後、中学や高校でクラスメートが、ジャンプやモーニングなどを読んでいるときには、全然話についていけなかったのであるが、コロコロコミックは懐かしい。今回の第1号は、1977-1978ということで、ドラえもん、オバQの他、「いなかっぺ大将」、「ザ・ウルトラマン」、「がんばれ!ドンベ」、「ゴリポン君」、「王選手756号への道」などが掲載されている。コロコロというと、藤子作品を別にすれば、「ゲームセンターあらし」と、「とどろけ!一番」の印象が強かったのだが、それらは、もう少し後の巻に掲載されるようだ。小生がコロコロを買ったのは、小学校3年だった78年なので、第1号は買っていなかったような気もする。今回の復刻版でも、全然思い出せない作品もあった。あと、付録にてんとう虫コミックスの「新オバケのQ太郎」の第1巻がついているのもうれしい。こちらは、ほとんど覚えていた。バケラッタ。
 忘れていた作品で、なつかしかったのは、「リトル巨人くん」。小学校の3年生が、巨人のリリーフエースとして活躍するという支離滅裂な話であるが、今回掲載されていた作品では、第1話では、平松が投げ、松原、田代のクリーンアップのホエールズと対戦。第2話では、スワローズ松岡と投げ合って、王のホームランで勝利。何しろ小生も、この頃は、G党だったのである。柴田、高田、張本、王の時代である。
 毎月配本されるようで、次月は、79-80年。ここで、「ゲームセンターあらし」も読めるようだが、次号予告には、「怪奇!口裂け女」の名前もある。コピー曰く、「大人になったあなたを、再びあの恐怖が襲う!!!決して一人では読まないでください!!!」とある。まったくもっておっしゃるとおりだ。当時、この作品は、本当に怖かった思い出がある。30年近くたったいまでも、次号予告を見るだけで怖いものは怖い。
 なんだか風邪の気配がしてきたので、ルルうがい薬でうがいして早めに就寝。

D070529a

« 5/28:Good-bye My Loneliness | トップページ | 5/30:雨乞い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/29:コロコロ伝説:

« 5/28:Good-bye My Loneliness | トップページ | 5/30:雨乞い »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録