« 7/23:参院選展望(1) | トップページ | 7/26:チーム・マイナス6%のめざすもの »

2007/07/25

7/25:参院選展望(2)

◆横浜→東京→広島:はれ

 朝会社へ出て、メロンを冷蔵庫に置いて、午後から広島へ。ギリギリだったけれど、ANA定時運行で無事に到着。梅雨明けの遅れている関東とちがってこちらは本格的な夏の暑さ。
 参院選展望の続き。

■愛知(3-9) 予想:民・自・民

 現職は、自・公・民がひとりずつだが、民主党が2人公認で勝負をかけ、追い風に乗っている。民主党が2議席目をとれば、公明党が危なくなるのだが、公明党の選挙というのは、学会票をベースに厳密に計算して、負けそうなところには立候補しないので、最近は、全員当選ばかりである。今回も選挙区5、比例8の現状維持濃厚と思われているが、危ないとしたら神奈川と愛知。自民党への選挙協力といっても、一方的な支援ばかりになる公明党としては、ここは、ひとりにしぼって何とかなりそうな自民党から票を分けて欲しいところ。しかし、自民党支持者が、簡単に選挙区で公明党に投票するとも思えない。ここで民主が2つとれば、自公の関係もぎくしゃくしてきそうだ。投票率が上がれば、その可能性も出てくると思うがどうなるか。

■岡山(1-5) 予想:自

 最注目選挙区。”姫の虎退治”がなるかどうか。自民党、片山参議院幹事長で安泰の無風区のはずが、民主党の女性候補、姫井由美子氏が激しく追い上げているという。各種調査では、逆転も伝えられているし、ぜひそうなって欲しいが、さすがに最後の最後で虎が踏ん張りそうな予感。平沼赳夫君の票がどちらへ流れるかが勝負を決めそうだが、民主党にあっさり流れるとも思えない。

■島根(1-3) 予想:国
 
 ここも注目の1人区。かつては竹下王国であり、圧倒的に自民党の強いところであるが、国民新党の亀井幹事長の長女が出馬、自民党と一騎打ちとなりがぜん面白くなってきた。民主党の選挙協力もここではうまくいっており、貴重な議席を確保するのではないか。

■愛媛(1-3) 予想:民

 愛媛FCの元Jリーガー友近氏が民主党から出馬。自民党の関谷氏は大臣経験者であり、さすがに厳しいかと思われたが、追い風に乗って接戦。ここまでくれば、69歳の関谷氏よりは、32歳の友近氏の勢いが勝るのではないか。四国は、いずれも接戦とはいえ、民主4勝の可能性も高くなってきている。

■大分(1-5) 予想:自

 九州でも大苦戦の自民党だが、大分は、野党協力がめちゃめちゃ。村山首相のご城下であり、ここは譲れない社民党が松本氏を公認。民主党が協力するかと思いきや、非公認ながら、県連が矢野氏を支援、さらに郵政民営化に反対して自民党公認漏れの現職・後藤氏が国民新党から出馬。3人ともそれなりに有力なだけに、票が割れて、自民党の磯崎氏が漁夫の利になりそう。

 本日の宿はオリエンタルホテル。コーナーダブルの部屋は広く、デザインもしゃれていてなかなか快適。この後は、グターンではなくて、アジアカップを見ることにする。

|

« 7/23:参院選展望(1) | トップページ | 7/26:チーム・マイナス6%のめざすもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/15899097

この記事へのトラックバック一覧です: 7/25:参院選展望(2):

« 7/23:参院選展望(1) | トップページ | 7/26:チーム・マイナス6%のめざすもの »