« 7/25:参院選展望(2) | トップページ | 7/27:ボートマッチと小沢一郎君のばらまき政策~参院選展望(3)~ »

2007/07/26

7/26:チーム・マイナス6%のめざすもの

◆広島:はれ

 あちぃ。広島市の最高気温33.8度。ぐったり。
 チーム・マイナス6%とクールビズも浸透してきて、公共交通や公共施設では、冷房が28度に設定されていることが増えてきた。スーツにネクタイのビジネスマンにあわせてがんがんに冷やして、女性がひざかけを使わないと足が冷えてしまうような状況が改善されるのは、よいことだとは思うけれど、それでも25~6度が適当で、28度っていうのは、はっきりいって暑い。ビール飲んで風鈴でも鳴らして寝っころがりながら本でも読むのならよいのだけれど、仕事をしたり勉強する能率は上がらない。
 小生も、いち早くECOカーを購入し、今ではマイカーも放棄していて、エセエコロジストを自任しているのだけれど、本来、チーム・マイナス6%というのは、Co2排出量を減らすのが目標であって、6%の省エネルギーをめざしているのではないはずである。
 Co2排出量を減らすには、みんなが我慢して省エネに協力すべしということにいつのまにかなってしまったけれど、そういう方向での運動ではなかなか進まないと思う。経済活動を6%縮小すればよいのだけれど、それを言い出したら、先進国は今までの発展を否定して、発展途上国をめざすしかないことになってしまう。
 何を言いたいかというと、Co2排出量を減らすには、別にエネルギー消費量を抑える必要はまったくなくて、エネルギーを化石燃料に依存しなければよいだけのことである。日本が世界に誇る技術を持っている太陽光発電や、風力発電で起こした電力であれば、冷房を無理に我慢する必要はないのである。(都市部のヒートアイランド現象の問題はあるが、冷房で室内を冷やして、外が暑くなる分には、熱交換の原則からいけば、地球温暖化とは無関係のはずである)
 ちなみに、その解決策のひとつとして、原子力発電への依存というのがあるのだけれど、残念ながら、日本のマネジメント能力では、管理するのは難しいことが証明されてきた。被爆国として、核兵器廃絶を訴える以上、原子力発電も否定した方がよいと思うし、アメリカやロシアのように、人家がまったくない広大な土地にでも作れるならまだしも、狭い日本に作るのは、危険すぎる。
 ようやく最近、あちこちで風車をみかけるようになってきた。もちろんコストはまだまだ高いし、発電効率も低いけれど、その気になれば、不可能を可能にするのが日本の技術力である。28度の暑いオフィスで我慢するよりも、冷えたオフィスで冴えた頭を働かせて、Co2を減らすことを考えた方が建設的だと思う。

 24度くらいのホテルの部屋でそんなことを考えながら、比例代表選挙の政見放送を見て就寝。トップバッターは、維新政党・新風。自民党、民主党、共産党に対抗する第4の勢力をめざしているとは知らなかった。しかも、いきなり、「シナ、朝鮮に対して・・・」と始まってしまい、核武装を検討するという。なかなか衝撃的である。さらにパチンコ産業の90%は、北朝鮮だから、止めなければならないとのことである。そして、この放送を見終わったら、すぐにネットで維新政党・新風を検索くれという。そうすれば、NHKや朝日新聞が隠していたことがわかるとのことである。まぁ、部分的にはけっこうよいことも言っている。だるまを愛用していた小生も反省する必要がありそうだ。
 次は、国民新党。フサイチが登場。橋本龍太郎君に退場を命じられた熊代君も出てきた。太宰治の親戚とかいう人が出てきて、「走れ津島」とか訴えている。さすがにフジモリ元大統領は出てこなかったけれど、エンターテイメントとしては、比例区の政見放送はかなり楽しめる。

チーム・マイナス6%

|

« 7/25:参院選展望(2) | トップページ | 7/27:ボートマッチと小沢一郎君のばらまき政策~参院選展望(3)~ »

コメント

だるま脱税事件につきましては有罪判決が出ましたが、法廷では将軍様問題には触れられなかったそうですね。
脱税したか否かということより、将軍様問題(具体的にはしんちゃんさんが支払った飲食代が北朝鮮に流れたか否か)について白黒はっきりさせてほしかったです。
そうそう、『チーム・マイナス6%』ですよね。
にゃるほど。しんちゃんさんのおっしゃるとおりです。
28度は現実的に厳しいですよね。26度くらいなら不快な思いをせずに達成できそうです。なので、
我慢を強いるというイメージができてしまうのはおそらく発案者の本意ではないでしょうが、夏は涼しく冬は暖かい服装で快適に過ごそうよ、という呼びかけ自体はイケてると思いますです。
化石燃料に頼らないエネルギー資源については、随分前から検討されているように思うのですが、いまいち本腰入れてやってないように感じるのですが、なぜなのでしょう。例えば、車についてはかんちゃんが小学生のとき、きっと大人になるころにはソーラーカーが走ってるんだろーなとか、イメージしていたのですが、依然としてガソリンがメインですし。
『チーム・マイナス6%』は他にもいろんな提案をしていて、レジ袋のこととか、ふむふむと思うところも多々あり、日々の生活でエコを心掛けることが根付くということについてはよいことだと思います。
それにしても広島はあちぃーようですね。たった一日真夏日になっただけでへろへろになってるかんちゃんは広島ではやっていけそうにありません。北の大地でさみぃーのを我慢するほうが合っているように思います。
24度のお部屋は寒くないですか。お腹が終了しませんでしたでしょうか。

投稿: かん | 2007/07/27 01:20

たまたまネタが重なりました。(かんちゃんは、初め、チームマイナス6度でしたね。温暖化はいけませんが、さすがに寒すぎますです。^^)
ハイブリッドカーでも電気自動車でもなくて、ソーラーカーじゃないと本当は意味がないんですよね。大事なことは、”持続可能性”だと思うので、自然エネルギーの活用促進へ政策の舵をきってほしいですし、民主党なんかそのへんで自民党との違いをアピールすべきと思うのですが、今いち広がらず残念です。

投稿: しんちゃん | 2007/07/28 01:58

 私は寒いところが苦手です。
 自然の寒さならば、冬の北の大地でも平気なのに、エアコンの人工的な寒さは我慢できません。
 特に、エアコンで25度以下に冷やされた部屋は耐えきれないので、スーツを着ていないと寒くてたまりません。
 電車でも、弱冷房車を選んで乗っています。
 ようは、暑さ寒さに対する感覚は人それぞれなので、全員が28度にあわせるのではなく、扇風機も併用しながら、自分が快適な温度で、CO2削減をめざせばいいのだと思います。

投稿: buschan | 2007/07/28 11:18

スーツを着なくても失礼じゃないという雰囲気を作った小泉前首相の功績は大きいです。小生も、通常は、カジュアルウェアなのでラクですし、社内は、だいたい25~26度に保たれています。ただ、スローガンができてしまうと、お役所関係は、どうしても28度にこだわるんですよね。単純に28度=善、25度=悪という図式ができそうなのが心配です。

投稿: しんちゃん | 2007/07/29 00:51

温暖化を引き起こしている要因は幾つもあり、それが重なる事で、あるいは、ある事が引き金となって様々な事に影響を及ぼしているのだと思う。
現在の日本は具体的に何をやれば効果があるのか否か分からず闇雲に行動しているように感じられる。石原都知事も言っていた、具体的な対策が見つかっていないと‥。
今回ここで一番に述べたいのは冷房の設定温度を28℃にすべきとの提唱は馬鹿げているという事だ。マスコミで二酸化炭素の削減に効果が出ているetc.との報道もあったが、それは自動車メーカーを始め工業の分野での企業が努力した結果である。削減に成功したというのは総体的なものであって何がどれだけ功を奏したか等といった事は分かっている訳ではない。

なぜ反対しているのかというと効果の無い事を無闇にやったところで意味が無いからだ。
その理由を下記に記す。

①小池百合○とかいう阿呆な大臣は任期の最後の年に異様に騒ぎ出したが、それまで何をしていたのかという事。酷くなるまで何もしてこなかったくせに最後で良い印象を残したかったからという自己満足にしか見えない。何か誤解しているようだが、エアコンは二酸化炭素製造機ではない。部屋を冷やすためのものだ。
そもそも考えてみて欲しい。汚職や闇献金etc.自分の事しか考えていない三流政治家共が自分の職務室で28℃にしていると思うか?
国民には強いておきながら自分達は涼しい所でノウノウと過ごしているに決まっている。

②28℃なんて冷房ではない、暖房も同じだ。何の根拠があって28℃なんだ?
これまでは18℃ぐらいに設定していて、夏なのに会社では寒がってカーディガンetc.を身に付けているという奇妙な状況を23℃ぐらいにして適度な環境にすれば良い事である。
背広を着ているのに暑がるのも馬鹿げた事なのでノータイに半袖を推奨するのには意味があるし大いに広めた方が良い。ただ、極端な事をすれば良いというものではない。28℃なんて愚の骨頂だ。
何の考えも無しに思いつきで始めるから、いつも失敗する。
パソコンを始め電子機器に熱は大敵である。また、それらから出る熱は相当なものだ。これらの精密機器が誤作動を起こす、あるいはシステムがダウンしてしまったら、どう責任を取るんだ?

③暑さにより確実に仕事の効率が落ちている。暑いと人は眠気に襲われる。能率が悪くなった結果として残業が増えて、電灯や電子機器etc.に使う電力が増えていたのでは何の意味も無い。
ただでさえストレスの溜まる仕事において汗で紙が腕に貼り付いて朦朧とした中で作業をしていて能率が上がる訳が無い。
前に出向していた会社ではズラッと並んだデスクのほぼ全てに扇風機が付いていた。これらは暑さのあまり個々人が買ったものだ。そんなに沢山の扇風機に電力を費やすならエアコンの温度を下げた方がよっぽど電力の節約になるだろう。
ビル管理会社は率先して28℃にするよう強制した。なぜならコストが安く済むからだ。高いテナント料で貸してコストが安く済めばボロ儲けだからだ。
特に品川イン○ーシティーは酷い。どこも全て暑い。居るだけで汗が噴き出てくる。あれは管理の怠慢でしかない。

④実害として会社でプリンターが頻繁に故障している。機械は高温になり冷やさなければならないのに部屋が暑いのだから壊れて当たり前だ。この修理代を小池百合○は保証するのか。無責任の代表がする訳もない…。

⑤健康被害として熱中症の危険があるという事。熱中症は屋外でのみの症状ではない。パソコンをはじめ高温を放出する機械に囲まれていれば個人差はあるが屋内でも発症し得る。

⑥政治家は二言目には欧米、欧米とバカの一つ覚えで連呼するが、その欧米では日本みたいに湿度は高くない。日陰に入れば涼しい。だから日本のようにエアコンが普及していない。
なぜ日本では普及しているのか。湿度が高いからに他ならない。地域が異なれば気候や風土に合わせた文化や慣習になる。特異な環境の日本では独自の対策になって当然だ。
知識も無いくせに何でもかんでも欧米を連呼する事しか能の無い政治家にはウンザリだ。
余談になるが、本来、マニフェストとは選挙に際し国民に対して必ず約束を守る事を宣言し実行するものだ。
ヨーロッパではマニフェストを守らない政権は辞職に追いやられる。当然の事だ。
だが、日本においては言葉の響きだけでキャッチコピーにして連呼しているだけで意味が分かっていない。そればかりか守らなくても何の咎めもない。
この言葉を使えばカッコ良さそうだというバカの浅知恵だけで無闇に使い、これ以上外国に恥を晒さないで頂きたい…。

⑦ビッ○カメラや有名デパートを始め多くの店では冷房を付けているのに外気との遮蔽物であるドアを開けっ放しにしている。日本を、いや、地球を冷やしているのか?
これでは、どんどん冷気が逃げていく。理科でも習ったと思うが温度差のある空気を一緒にすると、その流れ出る勢いは速い。
まずは、このような無駄を無くす事が先じゃないか?
一般企業にばかり意味不明な事を強いるくせに何故このような無駄を許しているのか疑問でならない…(呆)。

⑧小池百合○は何の調査もせず根拠もなく突拍子なく設定温度について騒ぎ出した訳だが、それよりも深刻な問題としてゴミ問題がある。
物を燃やす時に放出される二酸化炭素の方が遥かに膨大だ。この問題から目を背けて何を考えているのだろう。まぁ、何も考えていない訳だが…。
環境問題で何より先に取り組まなければならない事だ。これに関して何一つ成果を挙げずに辞めていった。
朝霞市の不祥事が明らかになって世間に知れた事としてペットボトルの問題がある。
市民は手間を惜しまず洗ってから分別しているというのにリサイクルもせず山に不法投棄していた訳だ。
これでは何の意味もないどころか、かえって環境汚染だ。国民に知られないように隠蔽しているからタチが悪い。

以上のように国民には無理を強いておきながら行政は全く機能していない。中途半端だし無駄ばかりだ。
国民に根拠が無く効果の無い事への協力を求めるよりも前に行政が成果を出して実績を示せ。まず、それが先だろう。国民の税金で食っているというのに穀潰しという自覚が無いから困ったものだ…(呆)。
口先だけの公約はもう聞き飽きた。期待はしていないが、無い頭を使い、せめて少しは行動してもらいたいものだ…。

投稿: Substitute | 2008/05/07 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/15910752

この記事へのトラックバック一覧です: 7/26:チーム・マイナス6%のめざすもの:

« 7/25:参院選展望(2) | トップページ | 7/27:ボートマッチと小沢一郎君のばらまき政策~参院選展望(3)~ »