« 8/17:こだま号でぐったり帰宅 | トップページ | 8/19:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part2 »

2007/08/18

8/18:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part1

◆横浜→札幌:はれ時々くもり
 
 4時30分起床。ねみぃ。入浴と荷造りをすませて、YCAT発5時25分のバスで出発。
 先週の函館につづき、航空券の値段がピーク。こういうときは、なるべく遠征は控えるようにしているのだけれど、WE LOVE,LOVE,LOVE LOVE MARINES♪ ならぬ、「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ」と言われては、参戦しないわけにいかないので、スカイマークさんにて参戦。バスでの出発であるが、この時期17800円で北の大地へ飛べるのだから、まぁやむをえない。
 8時すぎに千歳着。いくらなんでも早すぎる。Reraでお買い物でもしようにもまだ営業していない。空港連絡バスの始発で出発。札幌ドームのひとつ手前の停留所で下車して、つきさむ温泉さんで時間をつぶそうと思うが、こちらも10時営業開始である。仕方がないので、そのまま歩いて、札幌ドームへ。北の大地も今週は猛暑だったようだが、今日は、北の大地らしい爽やかで涼しい朝。半袖でちょうどよいくらいで実に気持ちがよい。
 もがちゅーさんではないのだから、試合開始4時間前に球場に到着などしたくなかったのだけれど、すでにかなり混みあっている。10時から青ユニの引き換え開始で無事にユニをゲット。場内では、北海道フェスタが開催されているので、心地よい風のもとで、くりやまコロッケをつまみに早くもビアをいただく。
 自称・くまと呼ばれている方と合流して、センター付近へ。試合開始前からアッパーまでほぼいっぱいで、青ユニで染まっている。なかなか壮観。惜しむらくは、お隣の方が、太っているうえに、盛大すぎて、バナナをはじめ、グッズその他がこちらへはみ出してくる。新幹線の3人がけの真ん中に押し込められたようでちょっと、いやだいぶ遺憾。

D070818aD070818b
D070818cD070818d
D070818eD070818f

◇2007/8/18:●F5-7M(札幌)

 ファイターズ先発は、吉川。安定した投球を続けているのだが、なかなか勝ちがつかない。高校ルーキーとして立派な成績なのだけれど、四球が多いのが惜しいというか、見ていてリズムに乗れない。初回、2回と先頭打者に四球。2回は、幸一に打たれ、今江スクイズで2点を失う。
 マリーンズ先発は、小林宏。ここ数年8月は無敗だという。本日も立ち上がり3者凡退。手ごわそうな予感がする。先週の函館の涌井のように、ワンチャンスにかけるしかないと思ったら、4回裏、稲葉ホームランの後、セギ、信二、坪井、陽、金子と怒涛の集中打で逆転。ここへきて打線が突然つながるようになってきた。なおもビッグチャンスだったのが、ひちょりのよくわからないバント失敗などで追加点なし。それでも、5回にももう1点追加して、吉川も立直り、楽勝ペース。メッキーも熟睡している。小生も、安心して席をはずして、ANAマイレージカード会員の抽選会に参加。E賞キャンディーつかみどりをゲットして、意気揚々と引き上げるとあんまりなことになってしまった。
 3点リードの8回表。頭から武田久というのがセオリー。しかし吉川が好調なので、悩むのもわからなくはない。そして、先頭の大塚に四球。ここで変えるてもあったが、見送り。TSUYOSHIに2ボール。ここで久に交代。ちょっとチグハグ。3点差なのだから、バッターの途中で変えるほどバタバタする必要はなかった。結局ここも四球。
 1死満塁からベニーに打たれて5-4。ここでマイケル投入。昨日の投手交代についてはいろいろな意見があると思うのだけれど、個人的にはここが一番残念。まだ8月なのだし、元々は吉川の残したランナー。リードしている8回は、追いつかれるまでは、久に任せて欲しかったと思う。おそらく彼もかなり不満だったのではないだろうか。結局、マイケルも打たれ終了。ぐったり。今季ほとんどなかった勝ちパターンの崩壊。スーパースターの力というよりは、チーム全体の力で勝ってきているだけに痛い星を落とした。久に昨年ほどの安定感がないことで、ヒルマンの信頼が揺らいでいるのだろうけど、江尻に全幅の信頼を置くわけにもいかない。この1敗が、後をひかなければよいのだが。。。明日は、中4日でグリン。ヒルマンもちょっと焦っているのかもしれないが、昨年追いついた経験を逆に生かして、このあたりで一気に勝負をかけて引き離しにかかりたいと思う気持ちもわからなくはない。

 しかし、まぁ、ファイターズは、まだよい。貯金もたくさんある。問題は、小生である。昨年の11連勝を西武で止め、球団新の14連勝を松山で止めて、また8連勝を止めた。今回は、ファイティーキャップをみなとみらいに置いてきたのだが、効果がなかった。小生自身の問題としかいいようがない。これでは、イッキマンの思うつぼである。いっそ、昨日のうちに負けておいてくれればよかったのである。明日も成瀬。あんまりな状況である。

 気を取り直して、円山動物園へ。夜の動物園が開催されている。日頃はほとんど無人とのことだが、夏休み中の土曜日でもあり、さすがにそれなりにお客さんはいるようだ。夜の動物園といっても、特別な演出はそれほどしていないので、かなり暗い。そして夜行性の動物が盛大にやってくれるかというとそれほどでもない。わずかに、トラが気を吐いているが、ライオンやホッキョクグマはぐったり。そして、実は、一番活躍しているのは、蚊である。半袖余裕の気候なのだが、これでは危険である。早めに退場。

D070818gD070818h
D070818iD070818j

 円山といえば、宮の森のハムバーグ専門店「North Continent」さんである。美女たちは、昼間から盛大に食べているが、小生は我慢してじっくりお腹をすかせてきた。もちろん十勝あか牛さんとタマネギのソースを選択。ビアと枝豆のスープ。あいかわらず季節の野菜もたっぷり。パンがなかなか到着しない問題、石が出てこない問題などもあったけれでも、まぁそれもまたよしで、メッキーは、レストランのお店の人には優しいけれど、佐川急便や郵便局さんには怖い問題などを検討して、円山の夜を満喫。これで、4人で8000円とは、まったくもってすばらしいの一言に尽きる。やきう→夜の動物園→ハンバーグと、小生にしては、センスのある提案だったのだが、考えることは、みな同じであって、まさにこの時間、本日のアド街ック天国さんで紹介されている。放送直後には、さっそくお店の電話が立て続けになっていた。明日からは、大行列になってしまうかもしれないけれど、円山へ行かれる方にはぜひおすすめ。

 4時半起床なので、さすがに眠い。アートホテルズで入浴、いちごミルク、リフレクソロジー。普段、マッサージ中に眠ってしまうことはほとんどないのだけれど、このシチュエーションだとどうしても眠ってしまう。日記も更新せずに24時就寝。

D070818kD070818l

|

« 8/17:こだま号でぐったり帰宅 | トップページ | 8/19:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/16164206

この記事へのトラックバック一覧です: 8/18:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part1:

« 8/17:こだま号でぐったり帰宅 | トップページ | 8/19:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part2 »