« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

8/31:暑い夏が終わり、明日から秋の夏休み

◆横浜・東京:くもり

D070831a

 遅い梅雨明け、そして花火オフとともに始まった猛暑の8月も今日で最後。さすがに夏の高気圧の力も衰え、昼間でも涼しい。明日から夏休みということで、難しい問題は全部先送りして、月末の事務処理だけ淡々をこなす。
 穏やかに時間が流れ、弟子2人を誘って早めにランチをと思うと、弟子Bは、トラブルフォローがあるので、行かれないという。自分が原因ではないようだが、他の部でいつも対応している人が休みなので、代わりがみつかるのを待っているという。早くみつけてフォローしてもらうようにとか言い残してランチを済ませて戻ると、無事に解決したようだが、なかなかフォローできる人がみつからず、どうやらイッキマン夫人が助っ人に登場してくれたようである。
「イッキマン夫人に助けてもらったの?」
「そうです。あのおばちゃんです。しんちゃんさんの知ってる人ですよね?」
「おばちゃんとは・・・」
「え、あ。。。いつもの人はダメなのですが、あの人が出てきてくれるとすぐに解決するので助かります。」
 弟子Bは、人柄はよいのだが、あまり要領がよい方とはいえない。たしかにイッキマン夫人よりも7,8年後輩になるとは思うが、浮き沈みの激しいサラリーマン社会で、イッキマン夫人に助けてもらいながら、おばちゃん呼ばわりとは、前途は多難と言わざるを得ない。
 ただでさえ忙しいイッキマン夫人に貴重な時間を使って救済してもらったおかげで、部内は、午後も穏やかに時間が流れる。まだ荷作りが残っているので、休み前の事務連絡を済ませて早めに切り上げようとして、ふと気づくと、オフィスには誰もいない。小生が最終退出者のようである。しかし、まだ19時である。ちょっとイッキマン夫人には見せられない光景である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/29

8/29:広島へ

◆横浜→東京→広島:くもり時々はれ

 久々にスーツを着て外出するが、8月も終わりになって、ようやく秋の気配が少しだけ感じられるようになった。お引越ししたので、ランチは、また一から開拓。羊のかみ焼きとかいうのをいただく。野菜もたっぷりでヘルシーだが、お肉があまってしまった。聞けば、今日は29日で”にく”の日なので、1.5倍とのこと。普段ならちょうどよかったようだ。
 夕方から羽田へ。第2ターミナルの上りエスカレーターは長いので、誰も右側に出て歩こうとしないので、左側だけに人が立つことになり、お客をさばききれず手前に行列ができてしまう。右側追い越し(関西では左側追い越し)もだいぶ普及して、一部のおばさんくらいしかぼーっと右側に突っ立ている人はいなくなったのだけれど、こういう長いエスカレーターでは、結果的に輸送力が半分になってしまい逆効果な面もある。横須賀線の新橋や東京駅も同様。本当は右側にも立った方がよいのだけれど、追い越したい人もいるかもしれないから悩ましい。幅の広いエスカーレーターにして、左と真ん中を走行車線、右側を追い越し車線の3車線にすればよいかも。
 広島行き最終便。いつまでも出発しない。
「出発時刻を過ぎておりますが、お客様の到着をお待ちしております。」
 放送していてヘンだと思わないのだろうか。なんで380人そろって、最後の1人を待たなくてはいけないのか。まったくもって理解に苦しむ。9月1日からは、搭乗締め切り時刻を変更して、保安検査場通過を15分前までにとのことだが、キャンセル待ちの制度がある以上、これだって全員が守れるわけないのだから、正直者が損をする構図は今後も変わらないだろう。
 結局、今日は、最後の1人が到着した後も、荷物の数えなおし、さらに、空港混雑のため・・・と続き、40分の遅れで広島空港到着。ぐったり。
 まぁ、文句を言うくらいなら新幹線にすればよいのだが、とりあえず今年42回目のA社搭乗。来年度プラチナが見えてきたが、いくらマイルをためても、夏休みに無料航空券がとれないのでは意味がない気もしてきた。
 広島出張もいよいよ終盤。結局、定宿は見つからず、本日はグランヴィアへ。アップグレードしてくれたらしいが、大した部屋でもない。とりあえずファイターズの連敗が止まったのだけでもよしとして、早々に就寝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/26

8/26:とび箱

◆横浜・東京:はれ

 昨日は、無事に引越しが終わり、グッドウィル参戦も検討すべく金曜から応援グッズを持参していたのだけれど、さすがに疲れたし、万が一負けたりしたら、所沢からの帰り道は徹底的にぐったりしそうなので、断念。そのおかげか、ファイターズ大勝。小生は、万葉倶楽部で入浴して、大吉コースで徹底的にほぐして早々に就寝。
 ぐっすり眠ったのだけれど、5時すぎに目が覚めてしまい2度寝。2回目は眠りが浅いので、ヘンな夢を見ることが多いのだが、本日は、なんととび箱である。
 よく、勉強嫌いだった人が、大人になってからも中学とか高校の試験の夢を見るという話を聞くけれど、小生の場合は、体育とか美術とかが嫌いだったので、そういう夢になる。本日は、小学校のクラスで出席番号順にとび箱を飛んでいるというもの。だんだん高くなっていくのだが、始まったばかりのまだまだ低いときにかえってバランスを崩して終了。残念ながら、もーさんやサイスさん、yayoiさんの姿はないが、るいさんは脇役で出演。セリフはないようで、毒を吐いたりはしていなかったようだ。
 それにしても、なぜ、突然とび箱なのかと思案していると、どうやら、昨日、会社で世界陸上の話をしていたことのつながりのようだ。日本のメダル候補は誰か?という話になり、F嬢が、「障害物競走のタメスエとかいるでしょ」
と言うので、「タメスエにはがむばって欲しいけど、運動会じゃないんだから、障害物競走じゃないだろう」という話をしていたのだった。(為末選手は、まさかの予選落ち。。。)
 障害物競走といえば、6年生のときの運動会。小生は、運動会にはあまりご縁がないので、おとなしく後方を追走していたわけだが、前を行く選手が、全員平均台で落下してしまい、突然先頭にたってしまったのだ。さすがにこれはいただきと思い、妙に力が入ったところで、最後のとび箱で転倒。3着に終わる。よりによって、この瞬間が撮影されていて、記念に残っているのだけれど、明らかに手をついている場所がおかしいですね。。。しかし、この写真、久々に取り出してきたのだけれど、どうも左側から追走しているのがサイスさんに似ている。ということは、サイスさんが優勝したのだろうか?そういう記憶はないのだけれど。。。

D070826a

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/08/24

8/24:APAでぐったり、ぐったり、ぐったり。

◆横浜→東京:くもり時々はれ

 諸般の事情により今年2度目のお引越し。同じビル内の引越しならともかく、わずか3ケ月でまた別の勤務地に全員そろって引っ越すのだからあまりにもあんまりである。ぐったりその1である。例によって、古くなった端末その他を無断でどんどん捨てる。前回の引越し以来ダンボールに入ったままというものも多く、存在が忘れられているのだろうから、これもどんどん捨てる。
 前回同様、シンガリをつとめなくてはいけないので業者さんの運び出しを見届ける。ここまでくればやることはないので、ファイターズの動向をチェックすると、5-3でリード。8回なのに、久ではなくて、江尻が続投しているのがやや気になったけれど、まぁなんとかなるだろうと思い、引越しの確認作業に戻る。什器備品の運び出しのメドがついたので、22時すぎに引き上げると、なんとファイターズ終了。あんまりである。ぐったりその2である。
 しかしながら、今日の一番のぐったりは、夏休みの無料航空券キャンセル待ちが終了してしまったことである。マイレージでのビジネスクラスは、一般販売で売り切れなかった分が、直前に回ってくるので、過去の経験から、ほぼ確実にゲットできるのであるが、まさかの終了。そんなことになるとは思わず、ユーレイルパスもTGVもホテルもすべて手配済み。大ピンチである。どうやら、カーワンジャパンとやらがいけないようのだが、そういう状況なので、ホテルも特別料金でキャンセルチャージ100%だという。これでは、行き先変更もままならない。HISさんにでも駆け込むしかないようだが、直前だとけっこうな値段になりそうだし、もちろんビジネスクラスなど論外。それに、マイルの有効期限切れも近づいている。あまりにもあんまりである。
 前回の引越しに引き続き、APAHOTEL<日本橋駅前>さんへ。あいかわらず部屋は狭いが、大浴場で引越しの疲れを癒す。タイトルだけ見ると、APAが悪いみたいだけれど、そうではない。しかしながら、露天風呂でゆっくりしようと思うと、なんとどしゃぶりである。あまりにもあんまりである。チョコラBBを飲んで早々に就寝。

D070824a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/23

8/23:今日は、あちぃくないけれど・・・

◆横浜・東京:くもりのちはれ、朝のうちにわか雨

 昨日の最後に、「更新が滞るのは、本人の自由なのだけれど、暑さのせいにされては、太平洋高気圧も気の毒だ」と書いたのだけれど、やはり太平洋高気圧さんもすねてしまったようで、朝起きると、昨日までにくらべて、クーラーが効きすぎている。東京都心、朝の6時は、それでも25.2度あったのだが、10時には、24.1度とさらに気温が下がる。ランチに行くときにも、久しぶりに涼しい風を感じたので、少し遠出して天ぷらをいただく。
 30分くらいして店を出ると、あまり涼しくない。このあたりから気温が上がってしまい、最高気温は、結局30度ちょうどに。まぁ、それでも昨日より7度も低いのだから、ホトホトチカレタビーの方も元気を取り戻すかもしれないし、東京ドームでぐったりした方も、何か書きたくなるかもしれない。
 BS-1でライオンズvsホークス戦など見る。ホークスが負ければ1位が近づくし、ライオンズが負ければ、いよいよ3位以内が確実になる。どっちが勝ってもファイターズにとっては、よいことがあるので、気楽である。正直、だらだらと長く、あまりレベルの高いゲームには見えなかった。王さんは、やはり痛々しい感じ。武田の解説がなかなか鋭かった。
 明日は、忙しい1日になるのだけれど、また暑くなりそう。クーラーをかけて早めに就寝。

D070823a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

8/22:あちぃ日雑感

◆横浜・東京:はれ

 都心の最高気温は37.0度。これは、まったくもって異常なことなのだけれど、もう驚かなくなってしまっている。朝、家を出るときにすでに30度近いので、あちぃ。その後は、電車とオフィスで冷房の中。ランチに出るときは、35度以上あるので、熱風。あちぃ。近所で済ませてすぐにオフィスへ戻る。帰宅するときに灼熱ではかなわないので、帰宅時間を予想して、直前にタイマーで冷房をかけておく。普段なら、夜は、タイマーで冷房を切るのだけれど、この8月だけは、夜中もほとんどつけっぱなしで、冷えすぎないようにタイマーで1,2時間だけとめるという感じ。
 そんなわけで、本日、首都圏では電力供給が逼迫。昔から、高校野球の決勝の日がピークと言われている。みんながテレビを見るからというのは多少大げさだとは思うが、先週の40度の猛暑の日は、お盆休み中で企業の需要が少なくて助かっていた。今週は、オフィスも普通に稼動しているので、ここへきてまた37度ではいよいよピンチ。大口顧客へ需要調整を要請したり、普段は使わない水力発電所を急遽動かしたりと大変なようである。
 馬インフルエンザがやや落ち着きを見せ始めたようで、今週の開催が決定。マスコミが騒ぎすぎで、JRAの対応を非難する声も多いけれど、はっきりいって、大した問題ではないし、堂々と開催すべきだと思う。なぜならば、
・狂牛病や鳥インフルエンザとはちがって、競馬をやらない一般の人にはまったく被害がない。
・一方、騎手、調教師、馬主、生産者、馬券を購入するファン、関係者にとっては、誰の立場から考えても、開催を中止にすることによるデメリットばかりが大きい
・元々、トレセンに馬が集まってしまっていて、隔離もできないので、競馬をやってもやらなくても感染するリスクはほとんど同じ
・ほとんどの馬が予防注射をしていて、症状も大したことがない
・インフルエンザに限らず、普段でも、体調の悪い馬は、調教師や馬主が競馬に出走させないのだから同じこと
 ということで、とりあえず、今週の開催が決まったようで、一安心。小生の愛馬ビターオレンジ号も、陰性と判定sれたので、日曜日には、新潟に元気な姿を見せることになりそうである。むしろ、これを機会に、内厩制度(すべての馬がレース前は、トレーニングセンターに所属しなければいけないこと)の是非をあらためて議論してもらいたいものだ。
 加藤一二三九段1000敗!神武以来の天才は、67歳の今もB級2組で健在。現役生活53年の氏ならではの衝撃的な記録である。独特なキャクターで、見ていても楽しい棋士であり、まだまだ記録を伸ばして欲しいものである。
 朝青龍問題については、コメントを差し控えているのだけれど、ひとつだけ言えるのは、心の病というのは、身近で経験した人ではないとなかなか理解ができないということ。雅子様しかり、華原朋美しかり。足が悪い人にやさしくすることは難しくない。目が見えない人をサポートすることも難しくない。しかし、心の病の人を理解して、やさしくサポートすることは、頭で分かったつもりでも、なかなか難しいというのが、身近なところで経験して、10年近くかかって小生が学んだことである。だから普通の人の感覚でもっともらしい議論をすることにはあまり意味がないと思っている。
 ファイターズは、武田勝、ダルビッシュで2試合連続の1-0勝利。あまりにも打てないけれど、とにかく大したものである。ライオンズとは10ゲーム差。どうやらクライマックスシリーズは間違いなさそうで、そろそろ秋の遠征計画を固める必要がありそうだ。グータンヌーボではなくて、プロ野球ニュースを見て就寝。それにしても、ブログの更新が滞るのは、本人の自由なのだけれど、暑さのせいにされては、太平洋高気圧も気の毒だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/21

8/21:掲示板復旧

◆横浜・東京:はれ

 リムネットの障害は、3日目になっても復旧せず。データの復旧の見込みは全く立たないので、新しいサーバに手持ちのネタを送付すべしという。あまりにもあんまりである。
 以前ほど活発に書き込みがあるわけではないとはいえ、携帯から掲示板をチェックするのはクセになってしまっているし、ブックマーク代わりにもなっているので、他の方のブログを読むのにも不便である。
 というわけで、仕事の続きみたいで疲れるのだけれど、20時前に帰宅できたので、独自の復旧作業に取り組む。掲示板のプログラム自体は手元に残っているのだが、何年もいじっていないので、設定とかを完全に忘れている。仕方がないので、10年前に買った「CGIプログラミング入門」を取り出してきて、サポートページのサンプルも確認しながらチャレンジ。それらしい動きをするのだけれど、文字が化ける。試行錯誤の末に、プログラムを修正したら動いたけれど、代替機を用意したのなら、プログラムを修正しなくても動くはずでちょっと解せない。バックナンバーやホームページの復旧まで考えるとぐったりしてくる。とりあえず、本日はここまで。
 ファイターズ勝利。スミ1完封リレー。神が帰れば本来の戦い方に戻るということか。グータンヌーボを見て就寝と書こうと思ったら、今日はまだ火曜日じゃないですか。。。ぐったり。

D070821a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/20

8/20:掲示板終了

◆横浜・東京:はれ

 リムネットサーバ障害。すでに30時間近くが経過しましたが、依然として終了してます。あまりにもあんまりです。。。

D070820a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/19

8/19:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part2

◆札幌→横浜:はれ

 8時起床。朝風呂。喝!を見てから、朝食ヴァイキングをたっぷりいただく。道新と道スポ。青ユニに着替えて、11時にチェックアウトして、地下鉄で福住へ。本日は、昨日の時点で、全席完売。早くもイベント会場は混雑している。
 試合開始まで1時間ほどあるので、ビアのみ購入して、裏の方のベンチで寝ながら日向ぼっこ。今日もよく晴れて、北の大地らしいあざやかな青い空、白い雲、さらに羊が丘方向に緑の山々と丘、そして、よく冷えたビール。平和と幸せを実感するひとときである。

D070819a
D070819bD070819c

◇2007/8/19:●F0-2M(札幌)

 今日もセンターで観戦。応援団に見慣れない若いお姉さんが加わっている。姉御の弟子がいるようだ。姉御とは全然違うかわいらしい感じで声もあまり出ていないが、いずれ姉御のようになるのだろうか?姉御の方は、足をひきずっていて、昨日の飲み会で転んだとか言っている。逆転負けで飲み会も荒れたのだろうか?
 マリーンズ先発は、成瀬。今やリーグを代表する左投手である。ちょっと打てそうな気がしないので、中4日のグリンにがむばってもらうしかないのだが、初回に四球、盗塁と悪送球、外野フライであっさり1点。重くのしかかりそうな予感がする。
 そのまま投手戦で7回表、なんでもないサードゴロを陽くんが悪送球。これでは、木元並み。今のファイターズは、守りのチームなので、ちょっと陽くんのレベルでは厳しい。2死2塁までいって、ベニーを歩かせたところで、グリン交代。別に打たれたわけはないのだから、この回は、最後まで投げさせてあげたかったが、江尻登場。一応抑える。
 江尻がちょこっと抑えるとその裏に逆転というケースが多いので、期待された7回裏。1死2塁で、陽くんに代打は幸雄さんである。久しぶりの幸雄ジャムプだ!ぐったりした試合展開だが、もしかしたら最後になるかもしれないのだから、後悔のないように心をこめて飛ばなくてはいけない。2-3からファウルで粘ったので10回くらいは飛ぶことができたのだが、最後は終了。8回に追加点をとられるとちょっと追いつけそうな雰囲気がない。9回もあっさり終了。成瀬は、それほどスピードがあるわけではないのだが、右バッターの方が苦戦しているような感じもある。武田勝と同じような感じなのだろうか?さすがは、リーグ防御率1位。大したものである。あっぱれ。

D070819d
D070819eD070819f

 このシリーズ、銀と青のプシューだったらしいのだが、先週の連勝から一転して連敗で見ることができず。ファイターズはまだ余裕があるとはいえ、小生が連勝を止めたという事実は、重くのしかかり、イッキマンを喜ばすだけの結果に終わった。ドームの出口でないるさん一行に遭遇。心なしか視線が冷たいが、弁解の余地もない。2週連続参戦した北の大地への再訪には、少し時間がある。出直しである。
 福住からバスで空港へ。例によって大渋滞。2日間座りっぱなしなので、腰が痛くなってきた。味の時計台さんでビアをいただき、スカイマークは15分ほど遅れて羽田へ。3勝2敗で遠征を終えたもがちゅーさんにまりもっこりを渡し、カープかつをいただき帰宅。東京も涼しくなったのかと思っていたが、それは昨日だけだったようで、あちぃ。べっとりという感じ。掲示板も故障。ぐったり。とにかく出直しである。

D070819g

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/18

8/18:WE LOVE HOKKAIDO シリーズ・Part1

◆横浜→札幌:はれ時々くもり
 
 4時30分起床。ねみぃ。入浴と荷造りをすませて、YCAT発5時25分のバスで出発。
 先週の函館につづき、航空券の値段がピーク。こういうときは、なるべく遠征は控えるようにしているのだけれど、WE LOVE,LOVE,LOVE LOVE MARINES♪ ならぬ、「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ」と言われては、参戦しないわけにいかないので、スカイマークさんにて参戦。バスでの出発であるが、この時期17800円で北の大地へ飛べるのだから、まぁやむをえない。
 8時すぎに千歳着。いくらなんでも早すぎる。Reraでお買い物でもしようにもまだ営業していない。空港連絡バスの始発で出発。札幌ドームのひとつ手前の停留所で下車して、つきさむ温泉さんで時間をつぶそうと思うが、こちらも10時営業開始である。仕方がないので、そのまま歩いて、札幌ドームへ。北の大地も今週は猛暑だったようだが、今日は、北の大地らしい爽やかで涼しい朝。半袖でちょうどよいくらいで実に気持ちがよい。
 もがちゅーさんではないのだから、試合開始4時間前に球場に到着などしたくなかったのだけれど、すでにかなり混みあっている。10時から青ユニの引き換え開始で無事にユニをゲット。場内では、北海道フェスタが開催されているので、心地よい風のもとで、くりやまコロッケをつまみに早くもビアをいただく。
 自称・くまと呼ばれている方と合流して、センター付近へ。試合開始前からアッパーまでほぼいっぱいで、青ユニで染まっている。なかなか壮観。惜しむらくは、お隣の方が、太っているうえに、盛大すぎて、バナナをはじめ、グッズその他がこちらへはみ出してくる。新幹線の3人がけの真ん中に押し込められたようでちょっと、いやだいぶ遺憾。

D070818aD070818b
D070818cD070818d
D070818eD070818f

◇2007/8/18:●F5-7M(札幌)

 ファイターズ先発は、吉川。安定した投球を続けているのだが、なかなか勝ちがつかない。高校ルーキーとして立派な成績なのだけれど、四球が多いのが惜しいというか、見ていてリズムに乗れない。初回、2回と先頭打者に四球。2回は、幸一に打たれ、今江スクイズで2点を失う。
 マリーンズ先発は、小林宏。ここ数年8月は無敗だという。本日も立ち上がり3者凡退。手ごわそうな予感がする。先週の函館の涌井のように、ワンチャンスにかけるしかないと思ったら、4回裏、稲葉ホームランの後、セギ、信二、坪井、陽、金子と怒涛の集中打で逆転。ここへきて打線が突然つながるようになってきた。なおもビッグチャンスだったのが、ひちょりのよくわからないバント失敗などで追加点なし。それでも、5回にももう1点追加して、吉川も立直り、楽勝ペース。メッキーも熟睡している。小生も、安心して席をはずして、ANAマイレージカード会員の抽選会に参加。E賞キャンディーつかみどりをゲットして、意気揚々と引き上げるとあんまりなことになってしまった。
 3点リードの8回表。頭から武田久というのがセオリー。しかし吉川が好調なので、悩むのもわからなくはない。そして、先頭の大塚に四球。ここで変えるてもあったが、見送り。TSUYOSHIに2ボール。ここで久に交代。ちょっとチグハグ。3点差なのだから、バッターの途中で変えるほどバタバタする必要はなかった。結局ここも四球。
 1死満塁からベニーに打たれて5-4。ここでマイケル投入。昨日の投手交代についてはいろいろな意見があると思うのだけれど、個人的にはここが一番残念。まだ8月なのだし、元々は吉川の残したランナー。リードしている8回は、追いつかれるまでは、久に任せて欲しかったと思う。おそらく彼もかなり不満だったのではないだろうか。結局、マイケルも打たれ終了。ぐったり。今季ほとんどなかった勝ちパターンの崩壊。スーパースターの力というよりは、チーム全体の力で勝ってきているだけに痛い星を落とした。久に昨年ほどの安定感がないことで、ヒルマンの信頼が揺らいでいるのだろうけど、江尻に全幅の信頼を置くわけにもいかない。この1敗が、後をひかなければよいのだが。。。明日は、中4日でグリン。ヒルマンもちょっと焦っているのかもしれないが、昨年追いついた経験を逆に生かして、このあたりで一気に勝負をかけて引き離しにかかりたいと思う気持ちもわからなくはない。

 しかし、まぁ、ファイターズは、まだよい。貯金もたくさんある。問題は、小生である。昨年の11連勝を西武で止め、球団新の14連勝を松山で止めて、また8連勝を止めた。今回は、ファイティーキャップをみなとみらいに置いてきたのだが、効果がなかった。小生自身の問題としかいいようがない。これでは、イッキマンの思うつぼである。いっそ、昨日のうちに負けておいてくれればよかったのである。明日も成瀬。あんまりな状況である。

 気を取り直して、円山動物園へ。夜の動物園が開催されている。日頃はほとんど無人とのことだが、夏休み中の土曜日でもあり、さすがにそれなりにお客さんはいるようだ。夜の動物園といっても、特別な演出はそれほどしていないので、かなり暗い。そして夜行性の動物が盛大にやってくれるかというとそれほどでもない。わずかに、トラが気を吐いているが、ライオンやホッキョクグマはぐったり。そして、実は、一番活躍しているのは、蚊である。半袖余裕の気候なのだが、これでは危険である。早めに退場。

D070818gD070818h
D070818iD070818j

 円山といえば、宮の森のハムバーグ専門店「North Continent」さんである。美女たちは、昼間から盛大に食べているが、小生は我慢してじっくりお腹をすかせてきた。もちろん十勝あか牛さんとタマネギのソースを選択。ビアと枝豆のスープ。あいかわらず季節の野菜もたっぷり。パンがなかなか到着しない問題、石が出てこない問題などもあったけれでも、まぁそれもまたよしで、メッキーは、レストランのお店の人には優しいけれど、佐川急便や郵便局さんには怖い問題などを検討して、円山の夜を満喫。これで、4人で8000円とは、まったくもってすばらしいの一言に尽きる。やきう→夜の動物園→ハンバーグと、小生にしては、センスのある提案だったのだが、考えることは、みな同じであって、まさにこの時間、本日のアド街ック天国さんで紹介されている。放送直後には、さっそくお店の電話が立て続けになっていた。明日からは、大行列になってしまうかもしれないけれど、円山へ行かれる方にはぜひおすすめ。

 4時半起床なので、さすがに眠い。アートホテルズで入浴、いちごミルク、リフレクソロジー。普段、マッサージ中に眠ってしまうことはほとんどないのだけれど、このシチュエーションだとどうしても眠ってしまう。日記も更新せずに24時就寝。

D070818kD070818l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/17

8/17:こだま号でぐったり帰宅

◆横浜・東京:はれ時々くもり

D070817aD070817b

 昨日は、猛暑の後、夜になっても気温が下がらず、今朝の都心の最低気温は、なんと30.5度。昼間の暑さも数字の上では、昨日並みなのだが、今日の方がラクに感じる。慣れてきたのか、あるいは、温度調節がおかしくなってきたのか。
 東証大暴落、中央競馬開催中止、防衛次官人事痛み分けなど、ぐったりするニュースが続くなかで残業。20時になると社内は誰もいなくなってしまった。ジョーンズ抹消、稲葉走者一掃のタイムリーのニュースで少し元気になり業務を続行。
 21時に退社し、東京駅に着くと、東海道線と横須賀線のダイヤが盛大に乱れている。ぐったり。ホームは人であふれているし、発車する気配もない。京浜東北線も乱れているようなので、駅構内でビアとチャーハンをいただき時間を稼ぐが、一向に改善しない。
 明日は早朝から北の大地。このところ、週末に北の大地にたどりつく頃には、疲れがたまってぐったりしていることが多い。今日もぐったり。一刻も早く帰りたい。こうなったら最後の手段。22時10分発のこだま号で出発。新横浜で降りる人はさすがに少なかった。横浜線、みなとみらい線の乗り継ぎもよく、22時50分すぎに帰宅すると、「WE LOVE HOKKAIDO」仕様の青いキャップが届いていて少し元気になる。プロ野球ニュースでファイターズ勝利を確認。
 ファイターズ8連勝。今日も堅い守備と積極的な走塁。まったくもってすばらしいのだけれど、連勝中の遠征というのはプレッシャーがかかる。勝ってあたりまえ、負けたらやっぱり・・・ということになってしまう。しかも、マリーンズは、小林宏、成瀬。これは手ごわい。ファイターズは、明日は吉川だが、日曜日の先発は不明である。しかしながら、青ユニと4万人のエネルギーで疑惑を起こさないようがむばりたいものである。チョコラBBローヤルを飲んで就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

8/16:猛暑!日本新!

◆横浜・東京:はれ

 連日暑いのだけれど、今日は、朝から30度。しかも午後からスーツで外出。エコパの日も暑かったし、昨日の名古屋も暑かったけれど、体感的にはその上をいく感じと思ったら、とうとう日本最高気温が更新された。地球温暖化とはいうものの、日本の最高気温の記録は、実は、84年前のものが今まで残っていて、意外にも山形市で40.8度。伝説のような記録だったのだが、今日、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市でついに40.9度が観測された。衝撃的である。東京の最高気温は、37.0度。もっとも夏バテの方は多少解消されてきた。夜は、急にKFCが食べたくなり、チキンとコールスローとフィッシュとビア。週末の北の大地でひと息ついて、なんとか9月の夏休みまでたどりつきたいものだ。
 気温の方はぐんぐん上昇しているが、相場の方はぐんぐん下がっている。一時は、1万6000円割れ。あまりにもあんまりである。この1ヶ月で、お給料分くらいの含み損が出てしまっているようだが、こちらは、いずれ回復しそうだから気長に待つしかないだろう。
 一方で、ファイターズは盛大!ダルvs杉内で息づまる投手戦かと思いきや、5回に1番から8番まで連続ヒット!ジョーンズさえ引っ込めればこっちのものである。
 JRA初の生え抜き理事長誕生。新理事長がどんな人かは知らないけれど、JRAクラスの規模の組織で、プロパーが絶対にトップに慣れないということがよいわけはないから、大変めでたい。これまで農水次官に独占されていたポストへのプロパー就任が、どうして実現したのかというと、どうやら、何とか人材バンクなど、公務員の天下り防止に力を入れている安倍君の意向が働いているようである。たまにはよいこともするようだ。ほめるべきところはほめなくてはいけない。競馬が大好きだった渡辺理事長が地方競馬との交流を促進して以来、やる気のない理事長が10年以上続き、JRAの売り上げは激減、ファンも離れている。いきなり馬インフルエンザ問題とはちょっと気の毒であるが、新理事長におおいに期待したい。

D070816a
D070816b
D070816c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

8/15:喫煙車の3人がけの真ん中

◆横浜→名古屋→横浜:はれ

070815_1836001

 5時30分起床。300系のぞみにて名古屋へ。ニッカンと日経。小池防衛相と次官が後任人事をめぐって対立しているようだ。小池氏の経歴については、賛否両論あるだろうが、元日本新党党員の小生としては、結党時4人しかいなかった国会議員のひとりでもあり一応応援している。次官を対立しているだけでも、何もしない大臣よりは、マシな感じはする。それにしても、人事権は大臣にあるのだから対立というのもおかしな話で、さっさと退場させるべきた。そして、普通の役所ならまだしも、防衛省の事務方のトップが、大臣の言うことを聞かないというのは、考えようによっては恐ろしいことである。そのうち統帥権の独立とか言い出しかねない。省に格上げするのは、100年早かったのではないか。
 連日暑いのだけれど、今日も異常。お客様は、地下鉄の駅からすぐのところにあるのだけれど、お昼に、近くのファミレスまで歩くだけで死にそうになってしまう。名古屋の最高気温は、なんと37.3度。もっとも、慣れという点では、札幌の34.3度の方が大変かもしれない。
 帰りの新幹線は、通常は前日に確保しておけば問題ないのだけれど、今回は、お盆の帰省の戻りのピークに重なってしまった。昨日の夜の時点で、のぞみの禁煙車は、名古屋発20時すぎまでブックフル。17時半に業務終了して、山本屋の味噌煮込みうどんをうただいても、時間があまりすぎる。19時4分発ののぞみ号の喫煙車の3人がけの真ん中というあまりにもあんまりな席がかろうじてゲットできたので、やむなく乗車。喫煙車といっても、吸わない人もいるだろうと思ったが、見事にとなりの老紳士が煙をくゆらせている。
 もっとも、小生にとっては、3人がけの真ん中に座ったときの車内の隣人としては、タバコを吸う老紳士というのは、それほど問題ではない。いただけない順番としては、イビキが最悪で、以下、両側のひじかけを盛大に独占してはみ出してくる人、太った人、携帯でうるさくしゃべる人、うるさい子供、うるさい子供を甘やかす親、酔っ払いなどに次ぐ程度の不愉快さである。文藝春秋を読んでうたた寝すると案外早く新横浜に到着。
 ファイターズ6連勝。この間、すべてヒットは1ケタで、今日もわずか6安打。打率、打点、ホームランが12球団最下位での優勝が現実味を帯びてきた。各球団のクローザーが終了気味のなか、1点差でほとんど失敗のないマイケルもえらい。グータンヌーボかプロ野球ニュースか迷う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/13

8/13:3時半にイッキマンをひやかし、5時半に銀座の画廊をひやかし、7時半に足裏マッサージをして帰宅

◆横浜・東京:はれ

 基本的に、夜中はクーラーをタイマーで切ったりつけたりして調整するのだけれど、昨晩はつけっぱなしで寝てしまい、それでも冷えすぎることはなかった。今日も暑いが、週末に比べるとだいぶラクだとのことだから、一応、函館に避暑に行く効果はあったようだ。ちなみに本日の最高気温は、鹿児島30.0度、函館30.7度、那覇31.6度、横浜33.0度、東京33.6度。そして、なんと札幌34.0度。あまりにもあんまりである。北の大地の方々がぐったりしているのが目に浮かぶ。
 さすがに今日は朝の電車が空いている。新聞も休刊日だが、駅売りのニッカンでファイターズ勝利をふりかえりながら出社。トラブルの予感があったので、確認してみると、案の定終了していて、小生では太刀打ちできぞうもなかったので、あわててF嬢を呼ぶが、小生の勘違いで、実は大したことなかったことがわかりあわてて取り消す。
 そうなれば、あとは、お盆進行で別に書くこともなく、タイトルにあるとおり、15時すぎに外出して、イッキマンをたずねる。「思ったほど黒くないね」と言われる。なんとなくがっかり。
 17時に退場して、銀座の画廊へ。数年前に定年になった大先輩が個展を開いているという。けっこう本格的で、奥入瀬渓流の春や秋などの美しい油絵。今までは、地元で個展をやっていたのだが、ついに銀座へ進出してきたというから本格的である。1枚10万円から30万円くらいで、実際に何枚か売約済みになっていたから大したものである。
 19時すぎに横浜へ戻り、まんてん餃子さんをいただいてから、英国式へ参戦。有効期限切れが近いポイントがまだ残っているので、それを使って25分の予定だったのだが、「本日はダブルポイントデーなので、回数券を買うのがお得で、そうするとポイントがもう25分たまるので、50分コースはいかがでしょうか?」との巧みな営業トークに乗せられてフルリフレコース。「焼けてますね。海にでも行ったのですか?」と言われる。なんとなくうれしい。
 TBSの友人から、「プリンセス・ダイアナ衝撃の事故から10年愛と葛藤と死の真相」を見るようにと言われていたのだけれど、どうにも食指が動かず。NHKスペシャル「A級戦犯は何を語ったのか~東京裁判・尋問調書より」を見て就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/12

8/12:猛暑のオーシャンスタジアム参戦(2)

◆函館→横浜:はれ

 6時50分起床。展望温泉大浴場で朝風呂。隣のコンビニでニッカンと道スポ、道新を購入している頃には、まだ涼しい風も吹いていたのだが、かん姉妹と合流して朝市へでかける頃から気温はぐんぐん上昇。うに・かに・いくら丼と活イカをいただくとお腹が終了してきたので、ホテルに戻って、ひとやすみして10時にチェックアウト。
 早くから球場へ行っても、こげぱんがすみぱんになってぐったりするだけなので、駅前のスナッフルスカフェさんに参戦。美味しそうなケーキが並んでいるが、お腹が終了しそうなので、プリンで我慢して2階のティールームで紅茶とともにいただく。念のためストッパも。一行のテンションは上がらず、だらだらと時間が過ぎて、12時すぎにようやくタクシーでオーシャンドームへ向けて出発。

D070812aD070812b
 
◇2007/8/11:○F3-2L(函館)

 球場に着くと、すでにスタメン発表後で、応援団による応援歌の演奏で、今日もスタメン8番ファーストが、ジョーンズであることが発覚。これでは、猛暑の中、応援しようとしているファンもあまりにもあんまりである。
 昨日よりもさらに暑い中、1塁側の指定席に陣取ると早くもぐったり。基本的に、この時期のプロ野球は、ドーム球場以外は、すべてナイターで行われる。北の大地だから大丈夫と思われたのだろうが、これでは、甲子園で高校野球を見ているようなものである。
 ライオンズ先発は、涌井ということで、今日は苦しい展開が予想されてはいたが、ファイターズのルーキー吉川も立ち上がりから好投。試合時間が早そうなのは、せめてもの救いである。
 3回表、ヒットが続いて2点を献上。しかし、最初のライト前タイムリーは、ファーストのジョーンズに捕って欲しかった。その後、吉川も好投を続けるが、低調ファイターズ打線に涌井を打てそうな気配はなく、早々に終了の予感。ラッキーな内容とはいえ、昨日勝っておいてよかった。
 あまりにも暑いので、多少は風が抜けるネット裏最後部の立席へ移動してないるさんと合流。依然として反撃する雰囲気はなく、8回表には、追加点のピンチ。ここで、江尻が1球で併殺をとり切り抜ける。こういう展開で江尻が白星を持っていくことがけっこう多いので、ちょっと期待。
 その8回裏、信二がヒット。ここは代打坪井ではないかと思うのだが、隣に小谷野フリークのかんちゃんがいるので、一応信じるしかない。そして、なんとヒット。同点のランナーが出たとあれば、もちろんバント。難しいシチュエーションだが、きっちり決めた賢介はお見事。しかし、以前の西武であれば、早々簡単にバントさせてくれなかったような気もする。
 1死2,3塁。涌井の制球もわずかながら乱れている。しかしながら、ここでジョーンズである。今度こそ代打坪井ではないかと思うのだが、遺憾ながらそのまま打席へ。場内に悲鳴が上がる。おそらくファイターズファンの誰もが、この場面で同点タイムリーを描くことはできなかったと思う。ただただ祈るしかない。
 そして、なんと死球!1死満塁である。俄然なんとかなりそうな雰囲気が出てきた。ここでも代打坪井ではないかと思うのだが、隣に誠さんフリークのかんちゃんがいるので、一応信じるしかない。まぁ、こういう場面、金子が美味しいところを持っていた記憶はたしかに多い。もちろん北の国から。鳴子で盛大に応援すると、期待に応えて見事に同点タイムリー!
 なお1死1,2塁でひちょり。ここは、一気にたたみかけたいところ。すると、なんとダブルスチール。危ないタイミングだったが、細川がとんでもない大暴投で、逆転のホームイン!7回までの涌井の出来からは、ちょっと考えられない大逆転である。本来はもう1点とらなくてはいけないところだったが、9回のマイケルは今日も完璧。3-2で勝利。お見事。
 昨日といい、今日といい、まったく打てずにほとんど負け試合なのだが、ちょっとしたミスにつけこんできわどく逆転して、継投で逃げ切る。強かった頃のライオンズを思わせる何ともにくい勝ち方。相手チームへのダメージは大きそうだ。正直、今年はちょっと優勝は難しいかと思っていたが、ちょっと雰囲気が出てきた函館での2連勝である。

 試合も早く終わったので、市内へ戻り、再びスナッフルスカフェさんに参戦して2階でパフェとケーキでの祝勝会。ここまで来たらお腹が終了してもかまわないので、ストロベリーパフェを盛大にいただき、北斗で先発するないるさんを盛大にお見送り。ホテルで荷物をとって、今度は、かん姉妹の盛大なお見送りをうけて函館空港へ。
 遺憾なことに函館空港にはラウンジがないので、待合室で待機していると、石井貴を発見。よく見れば、ライオンズ選手団ご一行である。さすがに涌井は元気がないようだ。残念ながら、その他の若手は、顔と名前が一致せず、わかるのは、和田、江藤あたり。あいにく25分後のJ社で帰京のようである。
 さらに、10分後に、淡口コーチを発見したと思ったら、ファイターズ選手団登場。こちらは、みな元気がある。賢介、小谷野、飯山、信二、金子、セギetc稲葉と稲田が喫煙室でじゃれあっている。
 実は、今回の帰りはスーパーシート。ピーク料金で普通席でも3万円するので、スーパーシートの差が相対的に縮まるのであえて奮発してみた。ひょっとしたら選手や監督と隣になるのではないかと期待したのだが、遺憾ながら、ファイターズもJ社。以前は、事故リスクの分散とかで、飛行機を2便に分けたりしたような話も聞いたのだけれど、せっかく2社が同じ時間帯に飛ばしているのに両チームJ社とは遺憾。セギやカブレラだけでも、スーパーシートではないとちょっと狭いのではないかと思われる。
 2社とも出発が遅延。スーパーシートのお食事も正直、大したことなかったが、20分遅れで気温28度の羽田に無事に到着。あちぃ。もがちゅーさんにまりもっこりを贈呈して帰宅。 
 こげぱんを通り越してすみぱんになってしまったし、お腹も再三終了してぐったりではあるが、勝てば元気になるというもの。この時期にライオンズ相手に2連勝は大きい。クライマックスシリ-ズ出場をほぼ手中にしつつあるので、そろそろ秋の遠征日程も固めておく必要がありそうだ。

D070812cD070812dD070812eD070812f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/11

8/11:猛暑のオーシャンスタジアム参戦(1)

◆青森→函館:はれ

 7時起床。駅前ホテル青森館、朝食だけは、まずまずがむばっていた。しかしながら、ウォシュレットなし、LANなし、大浴場なしでは、いかんせんもうご縁はなさそうだ。
 8時57分の白鳥45号で出発。同じ時間に八戸行きのスーパー白鳥が隣のホームから発車するとは知らず、間違えて乗りそうになる。そのまま気づかなかったらちょっとシャレにならなかった。昨日の引き続き車内ではすぐに就寝。10時49分、函館駅到着。駅員がファイターズユニでお出迎え。5とか7とか30の背番号もついている。
 ないるさんは、すでにスーパー北斗で到着して先発しているようなので、ホテルに荷物を預けて、かん姉妹のお出迎え。早くもお腹が空いたとのことなので、駅構内のカウンターのお寿司やさんへ。前回来たときもいただいたのだけれど、ここはなかなか美味である。東京で高田GMに会ったという板前さんは、やきうはあまり詳しくないようだったが、甘エビをはじめ、北の大地の味覚を早くも満喫。朝食ヴァイキングの後だけに、お腹が心配であるが、ストッパを6錠持参してくれているとのことなので、いざというときは安心である。

D070811aD070811b

◇2007/8/11:○F2-1L(函館)

 1年ぶりのオーシャンスタジアム。朝は涼しかったのだけれど、試合が始まる頃には、太陽もでてきてあちぃ。小野寺vsスウィーニーとくれば、乱打戦は避けられないところかと思いきや、貧打戦に。慣れない土のグランドということもあって、ボテボテの内野ゴロが内野安打になる。お互いにラッキーなヒットがあり、さらにライオンズには、守備もあって、前半は1-1。昨日よりさらに暑くなった東京に比べれば天国のはずなのだけれど、ちょっと暑すぎる。かき氷が大行列。一方で、やきそばは、まったく売れず、お姉さんが泣きそうになっている。
 6回、1死2塁で、小谷野の当たりが、ボテボテのショートゴロと思ったら、これもなぜかセンター前へ抜けて貴重な勝ち越し点。ちょっと小野寺はかわいそうだった。スウィーニーは7回までがむばり、武田久、マイケルで逃げ切り勝ち。ほとんど打てないのに、ちょっとしたミスにつけこんで1点差で逃げ切るというのは、ある意味強い勝ち方。昔のライオンズを見ているようである。これで、明日の涌井にやられても連敗はないから一安心。

D070811cD070811d
D070811eD070811f

 駅前のルートイン函館にチェックイン。フロントにも、ファイターズユニのお客さんの姿がめだつ。さっそく展望温泉大浴場へ。こげぱん気味の小生には、ちょっとあちぃけれど、海がみえるのも気持ちがよい。LANあり、温泉あり、もちろんウォシュレットあり。これでツインのシングルユースでピーク料金で7500円はあまりにもお得である。ハーバービューホテルの時代は完全に終わったようである。
 
 夕食は、いか太郎さんに参戦。名前からしていかにもダメそうであるが、個室風になっていて案外落ち着くし、メニューもいろいろ揃っていて、予想以上に健闘した。メッキーの近況などについて検討しながら、活イカ、ジャガイモ、コマイ、うにいくら丼、その他北の大地の味覚を満喫。そういえば、スウィーニーも昨日は、函館の海産物を満喫したとい言っていた。すばらしい。

D070811gD070811h
 
 夜になるとさすがに涼しい。いったんホテルに戻ったあと、抜けがけして、ベイエリアを散策。なかなかいい感じであるが、かん姉妹がタクシーで緊急参戦した途端に、22時になってライトアップがほとんど終了してしまう。いかにも当たりそうな喫茶店がまだ営業していたので、ケーキとコーヒーをいただき、ホテルに戻って再度温泉に入浴して充実の第1日目は終了。

D070811iD070811j
D070811kD070811l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/10

8/10:東京→青森、3時間59分

◆横浜→東京→川崎→横浜→青森:はれ

D070810aD070810b

 3時半就寝では、さすがに6時には起きられず、6時半起床。午後から打ち合わせで外出。お盆進行なので、朝の列車はだいぶ空いてきたけれど、昼前の東京駅は、帰省・行楽客でにぎわっている。
 8月になってから連日暑いのだけれど、今日はちょっと特別で、電車の冷房の効きも悪いし、スーツで外を歩いていると気持ち悪くなってくるような暑さである。最高気温は35.7度で東京では、今年初の猛暑日。気温が体温に近づいてくるとちょっと暑さの質が変わってきて、身の危険を感じる。
 17時すぎまで打ち合わせの後、18時に帰宅して、シャワーを浴びて、あわただしく荷造り。応援グッズに鳴子も加わったので、荷物が少し多目。横須賀線でふたたび東京駅へ戻る。
 キャンセル待ちをかけておいた明日の函館行の飛行機は、J社A社ともに直前になって確保できたのだけれど、繁忙期料金なので、ホテル代を払っても列車の方がだいぶ安い。ちょっとしんどいけれど、はやて&つがる&白鳥乗り継ぎで北の大地へ向かう。
 お盆前の金曜夜、東京駅はあいかわらずにぎわっており、お弁当も売り切れが続出。はやて号ももちろん満席。自由席がないので、指定席券のない人は乗れないはずなのだけれど、通路にはいっぱい人が立っている。立席特急券みたいのを発売しているのだろうか?
 3時間しか寝てないので、週刊文春を読みながら、ビールとうなぎ弁当をいただくと、あとは、熟睡。仙台到着と盛岡到着をわずかに覚えているが、ほとんど無意識のうちに八戸へ到着。
 すでに23時であるが、八戸からつがる33号に乗り継いでさらに北へ。こちらも満席。パソコンを取り出して日記を書き始めるが、在来線はやはりかなり揺れる。東京から青森まで3時間59分は、最速の乗り継ぎパターン。深夜の青森駅は、久しぶりに帰ってくる人とそれを迎える人たちとの笑顔の再会がめだつ。夜風も涼しく、これでも青森にしては暑い方なのかもしれないが、猛暑の東京に比べるとだいぶラクである。
 小生は、駅前ホテル青森館へ。全国チェーンに負けないようがむばるので応援してほしいとのことだが、残念ながらちょっと応援できないようだ。まぁ、今日はもう寝るだけである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/09

8/9:銀座のバァで勝手にイッキマンとゴルフをする約束して3時半帰宅

◆横浜・東京:はれ

 日々ノーテンキに暮らしている小生ではあるが、問題がまったくないわけでもないので、信頼できる先輩を囲んで、F嬢らと神楽坂で一献。細い路地の行き止まりにひっそりとたたずむ由緒ありげなお店で、何の因果かVIPルームに通されたのだけれど、料理は京風のクセに、ヨーロッパの古城みたいなインテリアで意味不明な個室で、冷房がまったく効かないという奇怪な部屋。23時まで一献。
 ここで意外なことに、先輩と二人で銀座に転戦。タクシーの運転手さんに、
「博品館の裏へ」
 と告げるが、
「私、今日からなので、全然道がわからないのですが・・・」
 と言われる。じゃあ、とりあえず新橋をめざしてくれと伝えてもわからないのだからどうにもならない。彼の前途は、多難と思わざるを得ない。仕方がないので、竹橋から赤羽橋へ向かう通りへ誘導してから左折して新橋駅のガードあたりで下車。
 銀座8丁目のバァというと、手ごわいシャンパンバーのイメージがあるが、ママさんがひとりの落ち着いたバァで引き続き先輩と一献。どういうわけか、ゴルフの話になり、ママさんは120前後でまわるとのことで、ぜひラウンドに行こうということになる。小生は、涼しくなったらOKなのだが、先輩は頑なに固辞。2サムというわけにもいかないので、先輩もよく知っているイッキマンさんを代わりに誘って3人でラウンドして先輩は19番ホールで合流ということでめでたく大団円となり、3時30分帰宅。ぐったり。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/08

8/8:参議院選挙を総括してグータンを見て就寝

◆横浜・東京:はれ

 都心の最高気温は、本日も33.6度を記録。寝不足ではないのに、朝から体が重たい感じで、東京駅地下ホームから地上へ上がっていく足取りも重い。
 それでも、昼頃には、少し元気が出てきたところで、そろそろ参議院選挙の総括が必要ではないかという点で、うしという方と意見の一致を見たので、19時に退社して、イースト21に参戦。
 フォルクスにて、ステーキとサラダをいただきながら、武見敬三くん問題、自見庄三郎先生問題、誰が東京で丸川氏に投票するのだろうか問題、小林興起くんはまったく相手にされなかった問題、選挙前の日曜日の世論調査と出口調査が開票速報をつまらなくしている問題、参議院議長と副議長が全会一致で決まったようだが、無所属の川田龍平氏あたりまで何も慣例に従う必要はないのではないか問題などを検討。
 ホテル内で甘いものをいただこうとするがコーヒーショップが終了してしまっているので、デニーズに転戦して、田口そっくりのファイターズのサード問題、マリーンズファンは、ホームランを打てなくてもベニーを愛しているが、ビジョンにアップになるズレータのことは本当はあまり愛してしないのではないか問題、FFFFFの幸雄さん特集はすばらしいのだけれど、ファン代表として船橋屋が取り上げられたのはいかがなものか問題、クローバー賞には夢がある問題などを検討して解散。
 週刊ベースボールを読みながら東海道線で帰宅。特集は、「熱狂!夏の甲子園」ということで、巻頭の対談が、ダルビッシュと涌井なのはよいのだけれど、同級生対談「片岡篤史vs芝草宇宙」というのは、ちょっとマニアックすぎるのではないだろうか?
 22時すぎに帰宅して、グータンヌーボを見て就寝。きれいなお姉さんが登場するのかと思っていたのだが、番組が始まってから大きな勘違いをしていたことに気づく。しかし、今日はまずまずおもしろかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/07

8/7:夏バテ

◆横浜・東京:はれ時々くもり

D070807a

 31.8、32.1、31.9、34.8、33.5、33.0、33.2。8月になってからの東京の最高気温。今年は、梅雨明けが遅く、7月後半まで猛暑の日がほとんどなかったので、このまま逃げ切れるか?と思っていたのだが、あっという間に夏バテ。小生だって、美里祭りとか、花火オフとか、鎌スタ☆祭’07のときに、夏の太陽の下で、ビアやかき氷をいただきながらコゲパンになるのは嫌いではないのだけれど、そのことと体調は別問題で、すっかり胃腸が終了してしまう。
 午前中外出しただけでぐったり。途中、東京駅に戻ってきたところで、英国式クイーンズウェイさんに入場。プチリフレ25分で少し息を吹き返す。それでも食欲がないので、お昼はパスしようかと思ったが、こういうときでも食べられるものといえば、玉丁さんがあることに気づいてさっそく入場。さらに少し息を吹き返し、ドラッグストアで胃腸薬を購入して帰社。
 夜は、門前仲町にて暑気払い。あまり縁のないところだけれど、下町らしさがあってよいところである。深川のあさり飯をいただいて最後に甘いもので〆ようと思うが、デザートがないという。仕方がないので、東京駅地下ホームのNEWDAYSさんでアイスを購入して、Yo子さんと半分ずつシェアして横須賀線グリーン車で食べながら帰宅。今日もおそらく熱帯夜。一刻も早く北の大地に向かう必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

8/5:鬼門のマリンでぐったり

◆横浜→川崎→横浜→千葉→横浜:くもり時々はれ

 本日も、昨日と同じようなベトーっとした暑さ。ちょっと北の大地の方々には、耐えられない種類の暑さではないかと思う。しかしながら、大学時代の友人のKさんのお父さんの告別式のため、長袖のワイシャツに黒い服を着て出発。汗がじっとり。しかも途中でお腹が終了。
 大学のときの友人なので、お父さんといっても存じ上げていないのだけれど、友人代表の方の弔辞があって、思い入れたっぷりに故人のことを偲んでくれたのでどんな方だったのかよくわかって身近に感じられた。
 帰宅して入浴、昼寝。なんと、もがちゅーさんは、早くも千葉マリンに到着しているという。いくらなんでも早すぎると思うので、2度寝、入浴。依然としてお腹が終了。
 横浜から津田沼までは、ジャスト1時間。休日割引で750円のグリーン料金を払えば、まずまず快適なのだけれど、そこから、なんだかんだ乗り継ぎが悪く、試合開始ギリギリに到着。カープファンのHさんも本日もはりきって参戦している。心強い。
 本日は、小生は、鎌ヶ谷スタイル。カビーTシャツ、カビーキャップ、カビータオルに、緑色の鎌ヶ谷ユニ。どうやら、「WE LOVE HOKKAIDO」の先行販売分が到着したようで、外野ビジター応援席には、青色のユニの姿もめだつ。

◇2007/8/5:●F4-5M(千葉)

 オールスター以降、3勝7敗。しかも昨日は18失点大敗ということで、応援団も悲壮感が漂っているというか、あまり機嫌もよろしくない。昨日の試合後は、姉御と球場職員の間で一悶着あったというから恐ろしい。
 ファイターズ先発は、吉川。夏風邪との情報だったが、立ち上がりはまずまず。一方の打線は、故障の稲葉DHは仕方ないとしても、あいかわらずジョーンズが7番では期待がもてない。3割の坪井を使わずに、1割8分のジョーンズがレフトというのは理解に苦しむ。
 4回に、ノーアウト1、2塁で小谷野が送りバントで1死2,3塁。工藤が歩いて満塁。いかにもジョーンズ併殺で終了しそうだったが、奇跡的にゴロが三遊間を抜けて1点。もっとも、ゲッツゥーでもおかしくないような当たりには違いない。ここで、北の国から。待望の鳴子デビューを果たすが、2割の鶴岡、2割2分の金子があっさり終了。
 本日のマリンスタジアムは、北海道物産展開催ということで、ちょっとひやかしていると、あっさり3失点。幸一に打たれるようでは話にならない。早くも負けムードが蔓延。5回のピンチは待望の1軍昇格の橋本がぴしゃりと抑えて、今後に希望を持たせたのだが、その橋本も6回に2失点。ちなみに、マリーンズ名物の花火はというと、ビジター応援席からは、ほとんど見えず。さらに、Zが再来日とかで、ビジョンにアップで映し出される。不快である。
 7回、姉御の応援で気合を入れて、ひちょり四球、賢介2塁打。ここで藤田登場。稲葉が内野ゴロで1点。さらに投手交代。薮田かと思いきや、神田。神田ならなんとかなると思ったら、セギ様がバックスクリーンに豪快に叩き込んだ。1点差。ただ、正直、勝てそうな雰囲気にまではなってこない。北の大地からの声援もうけて、せっかく武田久好投で試合の流れを持ってきかけたところで、8回裏2死ランナーなしから意味不明のマイケル投入。流れをわざわざ悪くしている感じがする。しかもやきとりのタレを大事な鎌ヶ谷ユニにこぼしてしまいベットリ。そして9回は、小林雅に抑えられてあっけなく3連敗。ぐったり。

 とうとう首位陥落。まぁ、それは仕方ないとしても、マリンスタジアムで最後に勝ったのはいつだろう。GWも負けたし、開幕は2分け、昨年の秋もまさかの連敗、8月も小林雅の200セーブだったしちょっと思い出せない。あまりにもあんまりである。(帰宅後、日記・観戦記をさかのぼるも2002年までは、勝利が確認できず。2001年の日記はサーバ障害により紛失しているため詳細は不明だが、記録に残っているところでは、マンハッタンに泊まって参戦したこのときが最後・・・)
 それにしても、開幕からしばらくチームが不調のときは、グリーンいて、そのグリーンをようやく2軍に落としたあたりから快進撃が始まって、交流戦ぶっちぎり優勝。その直後に、ジョーンズが来日して、急降下。まったくもって話にならない。とりあえず、工藤のように、イースタンで3割5分くらい打ってからにしていただきたいものである。
 もがちゅーさんより、日本シリーズに備えて10月のバーゲンフェア購入を打診されるも、正直、ちょっと優勝する自信がなくなってきた。。。

D070805aD070805b
D070805cD070805d

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/04

8/4:2007JOMOオールスターサッカー

◆横浜→掛川→横浜:くもり時々はれ

 5時起床。オフの片づけをして、2度寝、3度寝。早くも夏バテ気味でぐったり。当初は、日中は、このままだらだらとすごして、夕方から、マリンスタジアムにでも参戦という予定だったのだが、急遽エコパに参戦することに決定。12時45分発のこだま号で西下する。
 新横浜から掛川までこだま号で1時間30分。東海道線に乗り換えて1駅目の愛野駅から徒歩15分でエコパに到着である。なんともいえない蒸し暑さで早くもぐったりだが、すでにるいさん夫妻は、1時間半も前に到着しているという。

D070804a_2D070804b_2

 エコパといっても実はよくわからないのだが、本日は、2007JOMOオールスターサッカーが開催される。正直、Jリーグのオールスターに参戦することになるとは思わなかったが、何しろ、今年は、最下位独走にもかかわらず、我らが横浜FCから、キング・カズとGK菅野が出場、さらに高木監督もコーチとしてベンチ入りする。J1初登場だからもちろんオールスターの舞台も初登場の横浜FCだが、下手すると、最初で最後ということにもなりかねない。やきうのオールスターとちがって、毎年必ず出られる保証がないのが厳しいところであるが、とにかく参戦しておかないと後で後悔することになりそうだ。
 17時キックオフなので、ゆっくり参戦のつもりだったが、きっぱりるいさん曰く、15時からのマスコットアトラクションを見ないと参戦する意味がないとのことなので、試合開始の2時間も前に到着。各チームのマスコットが勢ぞろいして、カズやゴンも加わって、FKや、PKで場内を盛り上げる。BBみたいな感じの人間に近くてあまりかわゆくないのが多いなかで異彩を放つのが、名古屋グランパスのグランパスくん。名古屋にちなんでしゃちということのようだが、黒と白の2色だけというもめずらしいし、デザインも安っぽい感じだし、名前も工夫がなくそのまんま。動きものそのそしていて見苦しいのが逆におもしろい。ゴンにいじられながらもよくがむばっていた。

D070804d_2D070804e_2
D070804g_2D070804h_2

 17時キックオフというのは、テレビよりは、現場に足を運ぶ人のため、そして、遠征組のことも考慮しているのだろうか。それでも、さすがにだいぶ涼しくなって気持ちがよい。試合の方は、いきなりゴンのオウンゴールという衝撃的な展開で幕を開け、我那覇のゴールでEASTが2点目。しかし、ゴンが自ら1点取り返したのはさすがである。キング・カズはというと、フル出場で、しかも、小野や中村憲剛らがけっこうボールも集めてくれているにもかかわらず終了。後半は、我らが菅野が登場して、WESTの攻勢に対してファインセーブも見せてくれたのだけれど、最後は、2点とられて逆転負け。お祭りということで、最後の方は、ディフェンス陣も前へ前へ意識がいくので、GKは大変ではある。しかし、キング・カズが無得点で、菅野がファインセーブでしのぐも、最後は力尽きるというのは、リーグ戦での負けパターンそのままである。
 水分とりすぎでますますぐったりしてきたし、東海道線も混雑しそうなので、表彰式はパスして早めに退場。19時40分発のこだま号で帰宅の途に。新富士付近で、マリンスタジアム参戦のもがちゅーさんから、金村5回12失点KOという衝撃的な情報が飛び込んできた。それに比べれば、十分楽しいJの祭典だったといえよう。

D070804c_2D070804f_2
D070804j_2D070804i_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

8/1:花火オフ

◆横浜:はれ時々くもり

 花火オフ開催ということで、今年も本日はお休み。朝からNゲージのレイアウト。懸案の立体交差問題をクリアして、お子様たちの到着を迎える準備が整う。広島から持ち帰った永川ビールを冷蔵庫で冷やしていると、Ya嬢お取り寄せの、京風あんみつもヤマト運輸さんにて無事に到着するが、同じく午前再配達を指定した北の大地のメッキー嬢からのお荷物が届かない。さすがは郵便局さんである。花火前に受け取らないと意味がないとのことなので、郵便局コールセンターにクレーム。蕎麦屋の出前みたいな返事でラチがあかないが、どうにか13時頃に到着。キティちゃんメガネとはすばらしい。お子様たちの到着を迎える準備が整う。
 北の大地からの参戦が実現せず、さらに、るいさんとF嬢というきっぱり2大巨頭も欠場ということで大変残念であったが、順不同で、浴衣のサイスさん、もがちゅーさん、もーさん、チエちゃん、ハナちゃん、S藤N樹さん、Yo子さん、Yo君、W嬢、Ya嬢、Ysさん、なみのちゃん、Kさん、S君、S君夫人、S君Jr.、Mさん、Mさん妹、MさんJr.1~3号、シャンパン嬢、母と妹が参戦ということで、例年以上に盛大である。花火の方も盛大で、20時15分頃に終了の雰囲気が漂い始め、
「神奈川新聞は金がないから、いつも早めに終わるんじゃないのか?」
 などと言われ始めたところで、最後にもう一度盛大にやってくれたので、何よりである。
 無事に花火も終わり、きれいなお姉さんと社交していたハナちゃんの足もきれいになり、もがちゅーさんとMさんJr.2号のプロ野球カード交換の商談も成立、小生は、Yo君に百人一首でリベンジ。そして、お子様が帰り始める頃に、イッキマンさん到着。藤井尚之問題、グータンとグターンはどう違うのか問題、ぐんぐん杯問題などで深夜まで盛り上がり24時頃にお開き。小生の写真の方は、あいかわらず今ひとつですが、後日、サイスさんから傑作が到着する予定。みなさまおつかれさまでした。
 と、ここまで書いたら、イッキマンさんが鶴見に行ってしまったとの情報が・・・あまりにもあんまりである。

D070801b
D070801a
D070801c
D070801d
D070801e
D070801f
D070801g
D070801i
D070801j

花火・動画(6.6MB)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »