« 9/22:北の大地で休養 | トップページ | 9/24:死闘!北の大地!無念のドロー »

2007/09/23

9/23:快走!DMV!

◆斜里→知床峠→羅臼→斜里→小清水→女満別→札幌:はれ

 7時起床。朝風呂。朝食ヴァイキングはまずまず充実しているので道スポを読みながらオレンジジュース4杯とともにたっぷりといただく。喝!を見てから出発。今日は、東京は雨っぽいようだが、北の大地は、全道的に秋の高気圧に覆われて爽やかな行楽日和。ホテルを一歩出たときの、ちょっと冷たい秋の空気がとても心地よい。
 昨日、のんびりした分、今日はちょっと忙しいが、まずは知床峠をめざす。峠は朝のうちがよい。オシンコシンの滝やネイチャーセンターは何度も行ったのでパスして峠をめざすと、早くもシカさんの登場である。キツネさんやシカさんの登場はめずらしくないが、今回は、ちょうど道路沿いのパーキングエリアに登場しているので、ギャラリーが多数集まっている。ツノもなかなか立派である。ちなみに、クマさんには、さすがに遭遇したことがない。五湖の方へ行けば遭遇できそうだが、ちょっと怖すぎる。オフを開催するのは、「くまと呼ばれている方」くらいにしておきたいものである。
 久しぶりの知床峠、さすがに冷え込んでいるが、こんなに国後島がくっきり見えるとは知らなかった。こうして見るとかなり大きい島である。

D070923aD070923b
D070923c
D070923d
D070923eD070923f
D070923gD070923h

 峠を越えて、羅臼側へ下る。どうしてもウトロが表で羅臼が裏という印象があるけれど、街としては、羅臼もけっこう大きな街のようだ。道の駅でかに飯を購入して、335号を南下、標津の手前でショートカットして、244号に向かう。このあたり、退屈なコースかと思っていたのだが、何もないのが逆によく、北の大地らしい雄大な景色が広がっている。ちょっとラッキーな気分。じゃがいも街道を通って、1日ぶりに浜小清水の道の駅へ戻る。

D070923i
D070923jD070923k
D070923lD070923m

 いよいよ本日のメインイベントであるところのDMVさんの乗車である。DMVは、”Dual Mode Vehicle”の略。線路の上を車輪で鉄道車両として走り、道路の上のゴムのタイヤで走る二刀流車両である。JR北海道が実用化に成功して、週末を中心に試乗を行っている。本当は、昨日乗車して、早めに札幌へ行きたかったのだけれど、今日の午後便しか予約がとれなかった。なかなか盛況のようである。
 見た目はほとんどバスであるが、線路の手前で、ガイドウェイに沿って前進すると、いつの間にか線路の上に乗っていて、車輪が降りてくる。切り替えはけっこうあっという間。ただし、車両が軽すぎて、自動閉塞ができないので、手動で切り替えを行うのに少し時間がかかるようだ。
 車輪も降りてくるのだが、ゴムタイヤの後ろを残して、これを使って駆動するのがポイントらしい。乗り心地はそれほど悪くなく、違和感なく進む。原生花園、北浜と通過して、藻琴まではあっという間に到着。
 ここで、再び、ガイドウェイを通過して、閉塞を切り替えると、運転手交代。鉄道部分では、JR北海道の運転手、道路上は、網走バスの運転手が運転する。前のゴムタイヤを出してきて、車輪をしまって、いきなり道路上へ繰り出す。何とも不思議な乗り物である。帰りは、並行する国道ではなくて、藻琴湖や涛沸湖を回っていく。このように、鉄道からバスに乗り換えずに直接観光地へ入れるのがDMVのウリのひとつではある。
 しかしながら、マニアとしては大変気になるDMVであるが、一般の方にどこまで必要性をアピールできるかは疑問ではある。「無理して鉄道にこだわらなくても、はじめからバスでいいじゃないか?」と言われかねない。
 バスに対する鉄道の優位性は、定時性、高速性、大量輸送、省エネルギーといったところであるが、北の大地のローカル線では、道路はガラガラなので、バスでも定時性は確保できる。車体がバスと同じなので、スピードや輸送力の面でも同じになってしまうし、ゴムタイヤ駆動なので、燃費もあまりよくなさそうだ。病院や学校の入口まで横づけできるのがウリではあるが、どこまで実用化できるかは微妙である。まぁ、観光列車としては、悪くなさそうであるし、バスベースの車体は、普通の車両に比べると、量産さえできればコスト削減効果もあるようだ。

D070923o
D070923nD070923p
D070923qD070923r
D070923sD070923t

 当初の予定では、DMVに網走まで乗車して、特急「オホーツク」で22時すぎに札幌入りの予定だったのであるけれど、女満別空港へベルタ号を飛ばして、MD-90で飛ぶ。道内移動で飛行機を使うのは、実は初めてであるが、「美女と若オフ」開催とあれば、急がざるをえない。最前列のクラスJでシートを倒してひと休みしようと思うと早くも下降が始まって、座席を戻してくださいという。定刻よりも15分近く早い到着。正味30分もない。あまりにも早い。オホーツク号ではとても勝負にならないようだ。
 新千歳空港駅から快速エアポート。札幌在住の元同僚のO君にバッタリ。夏休みでハワイに行ってきた帰りだという。
 いったんチェックインしてから、かん姉妹&メッキーと合流して「若」オフ開催。若貴問題については、各自いろいろな見解があるようだし、66代横綱としては、基本がなっていないという意見もあるが、お味の方は侮れない。ちゃんこ鍋以外にもいろいろ充実している。
 最近は、北の大地のオフを楽しみに仕事をがむばっているにもかかわらず、いざ北の大地に到着する頃には、すでにぐったり疲れてしまっているというパターンが多かったので、今回は、昨日はにんびりした行程で疲れをとったつもりである。そんなわけで、前半は、信二が満塁ホームランを打ったのにメールの返事がなく美女とダーツとはいかがなものか問題、ゴルフはいつでもできるのにマリンスタジアムより大事なのか問題、でも貧乏神だからやっぱりマリンには行かなくてよい問題、でも本当の貧乏神はもがちゅーさんではないのか問題などについて検討できていたのであるが、結局、途中からぐったりしてぼんやりしてしまったようである。誠に遺憾である。
 アートホテルズに戻ってとりあえず入浴。遺憾ながらマッサージがブックフル。かき氷を食べる元気もなく、日記も書かずに就寝。明日がいよいよ決戦である。

D070923uD070923v

|

« 9/22:北の大地で休養 | トップページ | 9/24:死闘!北の大地!無念のドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/16551656

この記事へのトラックバック一覧です: 9/23:快走!DMV!:

« 9/22:北の大地で休養 | トップページ | 9/24:死闘!北の大地!無念のドロー »