« 10/10:めざましクラシックスinヨコハマ | トップページ | 10/13:クライマックスシリーズ、まずは1勝! »

2007/10/12

10/12:決戦前夜

◆横浜・東京:くもり

 今週は4日しかないのであわただしい。昨日は、早く帰って国民的行事を見たかったのだけれど、前日にめざましクラシックスで早帰りしたこともありかなわず。21時すぎに帰宅して内藤勝利を確認。日頃まったくボクシングを見ないのに、亀田兄弟のときだけ気になってしまうというのは、アンチ亀田という名の亀田ファンなのか?という忸怩たる思いもあるが、国民の期待を一身に背負った内藤の勝利でまずは一安心である。
 BS-Hiで「生中継・フランス秋色散歩・ブルゴーニュ・小さな村の豊かな実り」を見た後は、本日のイベントに備えて早めに就寝しなくてはいけなかったのだが、さいすさん率いるひじやまクライマーズからの挑戦状が届いては受けてたたないわけにはいかない。2試合戦って1勝1敗。そうこうしているうちにイッキマンのグターンズも参戦。3人ともビギナーランクを卒業して、ルーキーランクとなり、トレードもできるようになった。C長谷川とトレードもBw金子のトレードも無事に成立。なんだかんだ0時半までかかってしまう。
 本日は、お客様を招いてのイベント。美女オフ疑惑をかけられながらも紹興酒でほろ酔いになって21時帰宅。CS参戦を前に早くも日本シリーズ先行予約開始。小生も協力したいのだが、PHSとIP電話ではどうにもならず。それでも、ぴあだけでなくローソンの会員になっておいたことを思い出したので、それぞれ4試合*4枚ずつの申し込みは一応完了。
 星野ジャパン日本代表候補が34名に絞られる。ファイターズからは、ダル、久、勝、稲葉。まずは順当だろうか。今年は、投手に関しては、断然パが上と思われるので防御率上位9人からグリンを除いた8人が選ばれると予想していたら和田だけ落選。馬原も落選なので、ホークスにはちょっと厳しい選考。それでも、ダル、成瀬、涌井、杉内の若きエースに、アンダースローの俊介、変則左腕の勝、安定感のある小林宏。これに岩瀬や藤川、上原が加わるのだから実に楽しみである。CS参戦前夜に日本シリーズのチケット争奪戦、その後は、アジアシリーズ、優勝パレード、そして五輪アジア予選。
 数年前までは、秋のGIが始まったかと思うと気がついたら有馬記念という生活だったが、この調子だと、ファイターズとともにあっという間に年越し、キャンプインということになりそうだ。そのためにも、まずは明日。ダルvs久保で負けるわけにはいかない。小生は、ポストシーズンのキーマンはセギ様ではないかと思っている。ぜひとも盛大なアーチを描いて欲しいものだ。

|

« 10/10:めざましクラシックスinヨコハマ | トップページ | 10/13:クライマックスシリーズ、まずは1勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/16741787

この記事へのトラックバック一覧です: 10/12:決戦前夜:

« 10/10:めざましクラシックスinヨコハマ | トップページ | 10/13:クライマックスシリーズ、まずは1勝! »