« 11/10:美女オフのち京セラ!~鹿児島V旅行第1日~ | トップページ | 11/12:露天風呂の怪~鹿児島V旅行第3日~ »

2007/11/11

11/11:砂むし・そうめん・コアラ・ニョロニョロ・黒豚・白くま!~鹿児島V旅行第2日~

◆霧島→指宿→鹿児島→霧島:はれ

 6時45分起床。朝風呂。朝食ヴァイキングをたっぷりいただきオレンジジュースは3杯。
 本日の行程は、かなりの欲張りプラン。目的地を5つカーナビにセットすると、走行距離は、なんと210キロにもなる。まずは、隼人東ICから高速で指宿をめざす。実は、小生、これがETC初体験。念のためかなり速度を落として、無事にゲートを通過。
 葉加瀬太郎さんをBGMに、桜島を眺めながら、ヴィッツ号は快調に南下。イッキマン家は、お金がたまりすぎているのではないか問題、人格者だからといって日本経済にも少しは貢献すべきだ問題など実に勝手なことを話しながら、鹿児島市内をすぎ、国道225号線を南下。まずは、本日の最初の目的地であるところの指宿・砂楽さんに参戦である。

D071111aD071111b

 浴衣に着替えて、85度の温泉が湧く海岸へ。今日は、いつもよりも熱めのような気がしたが、20分ほど入っていると、肩や腰の凝りが軽くなったような気がするから不思議である。万葉倶楽部の大福コースよりもこちらの方が効果が高いような気さえする。俄然体が軽くなったので、ロビーに置いてある菜の花マラソン参加申込書などをおもわず読みふけってしまう。この時だけは、10キロくらいなら走れそうな気になってしまったのだ。
 しかしながら、のんびりくつろいでいるヒマはないので、先を急ぐ。開聞岳を眺めながらのドライブコースは、比較的交通量も少なく穏やかなルートということで、運転を交代。しかしながら、日本一怖いドライバーの運転であるから、わずか20分程度とはいえ、緊張の連続である。ほぐしたはずの凝りがすっかり元に戻ってしまったところで、唐仙峡のそうめん流しに到着。
 美味しい湧き水の出る沢まで下ると、空気も少しひんやりしているが、水の中をぐるぐる回るそーめんをお箸でひっかけながらいただくのは、エンターテイメントとしては実に楽しい。マスの塩焼きとあわせて堪能。ゆっくりくつろぎたいところだが、すでに20分ほど時間が押しているので先を急ぐ。

D071111cD071111d

 今度は、北上して鹿児島市内をめざし、平川動物公園に参戦。入場料がおとな200円というのは、今どきあまりにも安いが、入場するすぐにけっこう広い敷地にいるキリンさんとフラミンゴがお出迎え。少し進むと、猛獣館では、ライオンやトラがけっこうな迫力で動き回っている。動物園でオスのライオンが寝ていないとはいうのは、けっこう画期的である。全般に、ひとつひとつの区画が広めなうえ、傾斜があったりして、見ていても楽しいし、動物たちにとっても居心地がよさそうだ。
 オラウータン、ゾウ、カンガルーなど、いろいろいるのだけれど、お目当ては、なんといってもコアラ。シドニーから来たコアラたちが、繁殖に成功しており、5世、6世と続いているようで、10匹くらいいる。しかも、ガラス越しではなくて、すぐ目の前で見られる。しかも、こちらも寝ないで活動している。よたよたと木から下りてくるので、何をするのかと思ったら、ポトリと落し物をしたり、隣の木に移ってまた食べたりと実にサービス精神旺盛。しまいには、木から下りてきて床を歩き出すのも出てきた。コアラのイメージをくつがえす活躍なのであるが、思ったよりもギャラリーが少なくほとんど独占状態である。十分全国にアピールできる動物園だと思うのだが、旭山動物園に比べるとあまりにも知名度が低いのはもったいない限り。

D071111eD071111f
D071111gD071111h
D071111iD071111k
D071111lD071111m

 秋の日も暮れかかってきたので、先を急ぐ。市内中心部の渋滞に巻き込まれながら、今度は、水族館へ。一転して入場料1500円と聞いて驚く。エスカレーターを上ると、巨大な水槽がお出迎えしてくれるのだけれど、どうしても美ら海水族館と比較してしまうので、多少物足りなく感じるのもたしかである。閉館間際の入場ということで、イベントがほとんど見られないのも残念だが、指を突っ込むと集まってきて皮膚を食べる魚はおもしろかった、あとは、ニョロニョロみたいなやつも他ではあまり見たことがなかった。

D071111nD071111o

 天文館へ繰り出し、黒福多さんにて黒豚をいただき、しめくくりは、天文館むじゃきさんにて、白くまをいただく。何しろ大きいので、2人でひとつ食べられるかも心配であったが、思ったほど甘すぎず、なかなか美味である。店内にはグッズも売っていて、クマといえば、北の大地で待っているくまと呼ばれている方にくまTシャツを購入。
 充実した楽しい1日であったが、最後に、落とし穴が待っていた。むじゃきさんの壁には、芸能人の写真やサインがあるのだが、そこにある耳が大きくなるマギー何トカという方を小生が知らなかったことが衝撃を与えてしまったようである。師匠は、マギーシロウだとのことだが、名前を聞いたことがある程度でよくわからないというといよいよあきれられてしまった。ナカミー問題、かぶり物処分問題など過去にも事件は、いろいろあったが、コツコツと好感度をアップしてきても、油断すると、一気にダウンしてしまうから要注意だ。特に最近では、もがちゅーさんの好感度も急上昇中とのことで、まったくもって油断できない。
 穏やかな小春日和で暖かい1日だったが、日も暮れると気温も下がり、白熊をいただいたこともあって、シャツ一枚では寒くなってきた。ブルブル震えながらヴィッツ号で京セラへ戻り、ふだんは入らない「あつ湯」で体を暖めて盛りだくさんな1日を終えて就寝。

D071111pD071111q

|

« 11/10:美女オフのち京セラ!~鹿児島V旅行第1日~ | トップページ | 11/12:露天風呂の怪~鹿児島V旅行第3日~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/17083526

この記事へのトラックバック一覧です: 11/11:砂むし・そうめん・コアラ・ニョロニョロ・黒豚・白くま!~鹿児島V旅行第2日~:

« 11/10:美女オフのち京セラ!~鹿児島V旅行第1日~ | トップページ | 11/12:露天風呂の怪~鹿児島V旅行第3日~ »