« 12/14:美女と行く「平原綾香シンフォニックコンサート2007」 | トップページ | 12/16:ANA&ECOカーで行くよくばり旅行(2)~やるじゃんニッポン!~ »

2007/12/15

12/15:ANA&ECOカーで行くよくばり旅行(1)

◆横浜→神戸→宇野→直島→宇野→松山:はれのちくもり

 1時40分就寝、4時40分起床。さすがにねみぃ。しかも、二日酔いというか、胃がもたれているというか。昨日の夕食がそのまま消化されていない感じでどよーんと重い。YCAT5時33分発のバスで羽田へ。今年49回目のANAにて神戸へ。
 トヨタレンタカーさんにてプリウス号で出発する。2代目ECOカーの運転は初めて。エンジン(というかシステムといったほうが正確か)のスタートのやりかたやギアチェンジが変わっているが、基本的な原理は同じで、パネル上に燃費や充電の状況などが表示されるのは同じ。なつかしい感覚がよみがえってくる。
 阪神高速から第ニ神明道路、山陽自動車道と進む。料金所が多いので、ETCが実にありがたい。直島へ行くのに、カーナヴィは、大鳴門橋経由を指示するのだけれど、明日と同じになってはつまらないので、岡山回りを選択。ところが、あまりきちんと調べていなかったのだが、山陽自動車道は、ずいぶん北側を走っているようで、かなりの遠回り。予定していた11時のフェリーが危ぶまれる。ECOカーで劇走していは、ECOにならないのだが、高速を飛ばす。初代に比べれば、だいぶ馬力もついてきたし、燃費も20キロ/L以上は、確実に出るようだ。

D071215aD071215b
D071215cD071215d

 瀬戸中央自動車道・水島ICで降りて、宇野のフェリーターミナルへ。フェリーに乗るのは久しぶりで戸惑ったが、何とか11時のフェリーで直島へ渡ることができた。わずか22分の船旅。島は目の前だが、ここはもう香川県である。
 今回の旅は、なかなか確保できない道後温泉のオールドイングランド山の手ホテルを確保したのが10月で、その後、あまり検討していなかったのだが、直前になって、行きたいところがいろいろ出てきた。直島、さぬきうどん、鳴門、神戸など組み合わせるとなると、松山へ泊まるのはヘンなのだが、とにかく行きたいところを全部よくばってみた。そのためには、ECOカーがたよりである。

D071215eD071215f

 ベネッセの社長がアートの島として取り組んでいる直島。まずは、地中美術館へ。安藤忠雄さんの作品である。カメラ持ち越し禁止も残念だし、入場料は2000円。正直、お高くとまっている感は否めないのだが、それを差し引いてもなかなかよいところである。青森の現代美術館に行ったときに、せっかくのデザイン建築なのに、警備のカラーコーンや案内の手書きの看板が景観を台無しにしていると書いたが、ここはそういうこともない。(その代わり、初めての人は、駐車場がどこか、チケットはどこで買うのか、入口はどこかなど、実にわかりにくいとは思う。)
 建物は丘に埋め込まれてよく見えないが、海岸の傾斜を利用して、地下3階まである。モネとジェームス・タレル、ウォルター・デ・マリアの3つの作品だけだが、それぞれ趣向もちがっていておもしろい。タレルのオープン・フィールドは実に不思議な感覚になるのでおすすめ。そして、最後に地中カフェに到着すると、突然、目の前に海が広がってくるのもよい。写真で紹介できないのが残念。

D071215gD071215h

 さらに南下して、ベネッセハウスへ。こちらも安藤忠雄さんである。本来は、泊まってゆっくりするところなのだろうが、時間もないので、美術館だけ参戦。宿泊者以外は、遠くから歩かなくてはならず、風が冷たく寒い。こちらは、中は、普通の現代美術なので、小生にはご縁のないものが多く、早々に退場。ゲストハウスがあって、ビーチがあって、レストランもあって、暖かい季節にゆっくり泊まるのはよさそうだ。

D071215iD071215j

 島の中心部へ移動すると、今度は家プロジェクト。古い家を、建築家やアーティストがリフォームして、一般公開しているという。安藤忠雄の南寺、千住博の石橋、その他、碁会所、角屋などを散策。小さな島でずいぶんいろいろ取り組んでいるものだ。雰囲気のよさそうなカフェなどもある。ネコも多くていい感じである。

D071215kD071215l

 結論として、暖かい時期にゆっくりしたい島であるが、小生は先を急がなくてはいけない。14時20分のフェリーで高松へ渡る予定だったが、さすがに間にあわず、14時55分のフェリーで宇野へ戻り、瀬戸大橋で四国へ渡る。与島P.A.あたりは、夕陽が美しいはずなのだが、あいにく雲が多くなり、雨もぱらついてきた。再びECOカーにムチを入れて、高松道~松山道を劇走。最後は、松山市内の渋滞に巻き込まれてぐったりしたところで、ようやくオールドイングランド道後山の手ホテルに到着である。
 京セラとともに、年に1、2回は泊まりたいホテル。おしゃれな作りでありながら、温泉へのアプローチが楽なのもよい。さっそく入浴して400キロの運転の疲れをとりながら冷えた体を温めて、温泉街へ。歩いてすぐなのも便利だ。地ビール屋さんで、漱石とマドンナをグラスでいただき、温泉街を散策しながら、伊予柑シャーベットをいただいて宿に戻り、第2回入浴。あまりにも眠くなりブログの更新もできずに22時半就寝。

D071215mD071215n
D071215oD071215p

|

« 12/14:美女と行く「平原綾香シンフォニックコンサート2007」 | トップページ | 12/16:ANA&ECOカーで行くよくばり旅行(2)~やるじゃんニッポン!~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/17379417

この記事へのトラックバック一覧です: 12/15:ANA&ECOカーで行くよくばり旅行(1):

« 12/14:美女と行く「平原綾香シンフォニックコンサート2007」 | トップページ | 12/16:ANA&ECOカーで行くよくばり旅行(2)~やるじゃんニッポン!~ »