« 12/22:東京っ子の夢、中央環状新宿線奇跡の開通! | トップページ | 12/24:アルテピアッツァのホワイトクリスマス »

2007/12/23

12/23:美女とクリスマスパーティ@北の大地

◆横浜→札幌:はれ

 7時起床。いつもよりはだいぶゆっくりでYCAT発8時42分のバスで出発。2日連続で第2ターミナル内の千疋屋総本店さんで杏仁豆腐を購入して、ストロベリージュースをいただく。
 札幌行きのANA1401便は、なんとバスでのご案内だという。クリスマス休暇なので無料航空券がとれただけでラッキーなのだけれど、どうやら臨時便のようで、ゲートが確保できないようである。ジャムボのお客をバスで運ぶのは大変であり、あまりにもあんまりであるが、機内では、前の広いお席で、3人がけを独占ということで楽チン。まい泉をいただき、ひと眠りして無事に北の大地に到着。寒そうだけれど、よいお天気。
 快速エアポートで札駅入りして、大通のオークラさんへ初参戦。クリスマス連休の中日ということで、どのホテルもさすがにお値段は安くないので、どうせどこも高いならということでオークラさんへ。13時チェックインということで、味の時計台さんで時間調整をしてから参戦するも、お部屋の掃除ができていないとのことで待たされる。普通のホテルなら仕方ないけれど、オークラさんとしては、こういうのはやはり失態ではないかと思う。丁重なお詫びがあって、ラウンジでコーヒーが一杯サービスされたけれど、荷物も多いし、厚着もしているし、早く部屋でくつろぎたい。コンビニで買ってきたpinoも溶けてしまう。40分くらい待たされてスーペリアダブルだかに入場。たしかに広いけれど、インターネットはADSLモデムだし、ちょっと古い感じはする。まぁ、オークラファンには、それがまたよいのかもしれないけれど。
 有馬記念の検討。◎ロックドゥカンプ○ポップロック▲メイショウサムソン△ダイワスカーレット。平凡といえば平凡な予想である。ドリームパスポートは高田だし、インティライミもジャパンCの敗戦が不可解。あとは、ルメールのハイアーゲームを少々買ってみる。
 15時からケーキを食べたいというメッキーのお誘いをお断りして、テレビの前に陣取るが、誠に遺憾な結果。まぁ、毎年のことではあるけれど、大穴を買えば固く収まるし、固く買えば大荒れ。20年以上有馬記念に参戦しているけれど、ほとんど当たった記憶がない。あまりにもあんまりである。入浴して就寝。わざわざ北の大地まで来て、PATで馬券買って惨敗して、入浴して昼寝とは我ながら理解に苦しむけれど、やむを得ない。
 17時半に出発。大通公園のイルミネーションがすぐ。ルミナリエに1時間も並ぶより、ホワイトイルミネーションのすずらんやライラックを堪能する方がよいと思うのだけれど、あまり賛同は得られないようである。
 18時にかん姉妹宅に参戦。いきなりサンタが登場して驚く。衝撃的である。そして、トトロキャンドルに点火して、シャンパンを恐る恐る抜くとパーティー気分も盛り上がってくるというものである。クリスマスといえば、ケンタッキー。さらに、マンゴークリスマスケーキに杏仁豆腐。小島よしおは好きではないけれど不愉快でもない問題、ジャパンを応援しないのはすばらしい問題、イッキマン夫妻ジルベスター参戦でテリトリーを侵される問題、軌道修正勧誘問題、台湾のハローキティー偽物ではないか問題、もがちゅーさんが購入したユニは背番号が変わる問題などなど検討。プレゼント交換も盛大に。メッキーのTシャツは思い出がつまっているはずなのに、小生だけ思い出せずに窮地にたたされる場面があったものの、まずは楽しいクリスマスオフ。夜がお仕事のはずのサンタが途中で眠ってしまったので24時前にお開き。
 地下道を歩いて、ホテルの前に出たら、まだイルミネーションが点灯していたので、ラッキーと思ってカメラを構えたところで24時になって消灯。あまりにもあんまり。ホテルに戻って、日記を更新しようとして、デジカメをいじくっていたら全部画像が消えてしまって、あまりにもあんまり。でも、楽しい北の大地のクリスマスでありました。

D071223a_3D071223b_2

|

« 12/22:東京っ子の夢、中央環状新宿線奇跡の開通! | トップページ | 12/24:アルテピアッツァのホワイトクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/17460865

この記事へのトラックバック一覧です: 12/23:美女とクリスマスパーティ@北の大地:

« 12/22:東京っ子の夢、中央環状新宿線奇跡の開通! | トップページ | 12/24:アルテピアッツァのホワイトクリスマス »