2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/6/19:プロ野球開幕!

◆横浜:あめ:4097歩

 明るい話題の少ない今日この頃であるけれど、都道府県をまたぐ移動が解禁になるとともに、無観客ながらいよいよプロ野球開幕!ということで、ふく西さんの天ぷらをテークアウトしてプレミアムモルツも用意して、万全の態勢でトゥェルヴィ(BS12)待機。副音声では、1-2-3に、幸雄さん、さらに牧野まりあちゃんも参戦ということで、楽しみにしていたのだけれど。。。

Image_20200707173601

Image10_20200707173501

Image12_20200707173601

 ところが、これが、あまりにもあんまりなつまらない試合。わずか2安打であっさり終了。寝よう。

Image1_20200707173501

 

2020/3/19:ファイターズ2020展望

◆横浜:はれ:9629歩

 せっかくポカポカ陽気になってきたというのに、今日も寄り天でずるずるの東証のことばかり書いていても仕方がない。というわけで、明日開幕するはずだったプロ野球、ファイターズの2020年の展望でも。 

Img_4829

Img_4833

<投手陣>

 マルティネスが帰ってきて、どうやら今年は計算できそう。新外国人のバーヘイゲンもやれそうな雰囲気はある。3年目のロドリゲスも安定してきた。3人でそんなにたくさん貯金を作ってくれる感じはないけれど、それなりに試合は作れそうだ。たぶんダメだと思うけど、ビアヌエバが打つなら、この3人は時々抹消しながらの併用になるのだろう。

 エース有原に、杉浦、加藤あたりも加わって、ローテーションの格好はつく。ルーキーの河野も楽しみで、ヘンな使い方しないで先発で回してほしい。本来なら、ここへ金子が加わって盤石と言いたいのだけど、本人も今やリリーフ志向なのかな。だったら、秋吉や石川直くんが出遅れ気味のようなので、いっそ8回か9回で固定して欲しい気もするのだけれど。

先発:有原、マルティネス、杉浦、加藤、河野、バーヘイゲン

(ロドリゲス、村田、上沢)

リリーフ:金子、宮西、秋吉、石川直、玉井、公文、堀

(西村、井口、浦野、長谷川)

 北浦くんや英斗くん、吉田輝くんが台頭するまでは、このあたりのメムバーで我慢。正直、優勝争いとなると、ちょっと物足りない感は否めないけれど、前半粘っていれば、上沢くんという切り札が使えるかもしれない。そして、育成の長谷川くんの支配下はあるかな?

<野手陣>

 昨年も投手陣はソコソコがんばった。問題は野手陣。かつてのような鉄壁の守備は望むべくもなく、にもかかわらず得点力もない。個人的には、四球ばかりの近藤くんは3番は向かないと思うんだよね。まだ西川の方が長打があるよ。あとは、王選手が、最低でも3割打って、そのうえで、長打がどのくらい出るか?でも上積みという点では、やっぱり清宮くんに期待したいね。彼が20本くらい打って、レギュラーを奪うくらいじゃないと優勝争いは無理じゃないかな。

7近藤

4渡辺

8西川 

3中田 

D王(清宮) 

9大田 

5ビヤヌエバ(横尾)

2清水(宇佐見)

6石井(平沼)(中島)

<リーグ展望>

 毎年、ホークスもそろそろ高齢化・・・ライオンズは○○が抜けた穴が・・・と言い続けている感じもするけれど、今年も状況は同じ。2016年のファイターズのようにブレイクするチームがあれば、ホークス絶対とは言えないと思うんだけど、じゃあどこがブレイクするんだ?と言われると悩ましい。

 いや、本来なら、バファローズしかないと思うんだけどね。今、12球団どこかの監督やっていいと言われたら、一番やりたいチーム。昨年だって、最下位はありえないと思ったけどねぇ。。。いかんせん監督が代わってないからね。

 イーグルスの下馬評が妙に高いようだけど、今さら涌井でもないだろうし、特に怖いとも思われない。マリーンズは若手の将来が楽しみな選手構成になってきたけど、今年はまだ早いか?でも案外、こういうときに一気にくるか?もたもたしているうちに、ライオンズの若手投手が育ってしまうとやっかいなことになってしまうよね。

順位予想:HーMーBーFーLーE

 

2020/3/6:東証暴落。。。

◆横浜:はれ:7741歩

 7時起床。ヨーグルト、メロンパン、コーヒー。

 NY暴落。東証暴落。1ドル105円台。。。下がるときだけよくつきあうね。。。いよいよPBR1倍割れかな。でも、まだ買えないよねぇ。。。2万円がメドか?

 ひまっこ。気持ちよく晴れたので、散歩。公園には、けっこう人が出てるね。資生堂パーラーで昼ビア、ビーフカレー。

Img_4696

Img_4698

Img_4699

Img_4700

 スカイAで甲子園の無観客オープン戦。下柳さんの解説。案外普通ね。吉田輝星くん登板するも四球ばかりで冴えず。

Img_4707

 学校が休校な子どもたち向けの「ファイターズとおやくそく」。寺子屋ファイターズで、論語をおべんきょう。いやぁ、これは、すばらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=nrmtpvk8LMI

 

 

2020/2/9:ANA旅作で行く♪オクマリゾート&ファイターズキャンプ(3)

◆国頭→名護→那覇→横浜:くもり時々はれ一時あめ:7221歩:名護の最高気温=17.8度

 7時起床。北の大地ではマイナス36度とか大変なことになっているらしいけれど、こちらも北風が冷たい。あなたは何か聞いてないか?問題、卓田アナは浪人じゃなくて留年らしい問題など検討しつつ、今日もケチャップアートを堪能しつつ朝食を美味しくいただき、9時にチェックアウト。長袖にセーターにジャムパーにマフラーだから横浜を出たときと同じスタイルだよ。。。

Image3_20200212205001

 最終日は、国頭の2軍キャンプでヤングを見るのだけれど、球場に到着するとまた雨が降ってきてしまった。しばらくクルマで待機してキャッチボールが始まった10時頃にスタンドへ。

 今日も1軍の練習に何人か参加しているので、野手はルーキー中心。育成選手も含めてけっこう増えたので、背番号と名前と顔が一致しないけれど、ショートの上野くんの守備は楽しみだ。清宮くんは、まだ送球ができないようで、捕る練習だけ。

Image5_20200212205001

Image4_20200212205001

Image6_20200212205001

 ブルペンへ行くと、育成落ちした高山くんがひとりで投げていたところへ。田中瑛斗くんが登場。右の本格派として期待したいのだけれど、高卒3年目、まだもう少しかかりそうな感じだね。そうこうしていると、今度は、宮西が登場して軽く投球練習。オーラが違うねぇ。観戦OKエリアで見ていたのだけれど、サウスポーということもあって、「視界に入るから」と退場を命じられてしまった(@_@)

Image_20200212205001

Image9_20200212205001

Image8_20200212205001

Image1_20200212205001

 さらに上沢くんも登場。打球が膝を直撃する怪我から10ヶ月。まだ軽めではあるけれど、よくここまで来たよねぇ。本人も笑顔で何より。今シーズン中復帰くらいのつもりで焦らずに進んで欲しいものだね。

Image7_20200212205001

 瑛斗くんにうわっちとごひいき2人の投球を見られてkecoさんもご満悦ということで、そろそろ撤収の時間。寒いので、久しぶりに大宜味村の道の駅の美ゅうびゅうで温かいお蕎麦でもいただこうかと思ったら、遺憾ながら終了。仕方がないので、名護まで出て、昨年と同じく真打田仲そばを美味しくいただき、ランダムプレイなのにバリエーションの少ないkecoさんのiPhoneのミュージックを聴きながら、高速を飛ばして那覇へ。帰る頃になると太陽が出てくるのもおなじみのパターンだけど、リニューアルして広くなった那覇空港のラウンジでビアをいただき、帰りは2時間でひとっ飛び。宜野座の阪神戦では、佑ちゃんや、万波くん、エビちゃんが活躍というニュースも入ってきた。今年は開幕までもうあと1ヶ月ちょっと。楽しみだね。

Image2_20200212205001

 

2020/2/8:ANA旅作で行く♪オクマリゾート&ファイターズキャンプ(2)

◆国頭→名護→国頭:くもり一時あめ:15158歩:名護の最高気温=18.5度

 7時起床。雲の切れ間から薄日ものぞいているけれど、微妙なお天気。

Image10_20200212083701

 今回は、朝食もビーチサイドの専用会場でいただく。和食がない分品数は少ないけれど、お肉から野菜、フルーツ、パン、ジュースとなかなか充実していて、卵職人もケチャップで盛大にやってくれて楽しい。朝からスパークリングワイン!も提供されていて、運転がなければ飲めるんだけどこれは残念。

Image24_20200212083701

Image17_20200212083701

 9時すぎに出発。至れり尽くせりで、フロントに電話をすると、駐車場からロータリーまでクルマを回してくれる。

 雨が降ったり止んだりの中、10時すぎに名護到着。あらためて新球場タピックスタジアム名護をチェック。いやぁ、すばらしい球場ができたねぇ。よくがむばったよ。海がみえるレイアウトはそのままに、屋根がついて、座席もよくなったし、かなり問題のあったトイレも劇的に改善、コンコースには、エレベーターもついた。そして、外周のあたりに、なつかしい写真なんかが展示されているのもいい。まだ、ライト側のアプローチからブルペンのあたり少し工事が残っているけれど、ホントすばらしいよ。

Image12_20200212083701

Image9_20200212083701

Image1_20200212083701

Image15_20200212083701

Image14_20200212083701

Image3_20200212083701

Image21_20200212083701

Image20_20200212083701

Image4_20200212083701

 本日は、午後から紅白戦なので、早めにお昼ということで、街の方向へ歩いて、「麺やKEIJIRO」さんへ。これも適当に選んだのだけれど、沖縄そばのつけ麺タイプというのがあって、なかなか美味しかった。我らの遠征にしては、今回は食がなかなか充実している。

Image11_20200212083701

Image25_20200212083701

Image18_20200212083701

 スタジアムに戻って、13時から紅白戦。まだ第2クールということで、翔さんなどの主力はおやすみ。先発は西村、生田目で、以下、宮台、吉田侑、柿木、福田といった微妙な顔ぶれ。このあたりから誰か一人でもブレークしてくれれば大きいのだけれど、正直そういう感じでもなかった。全般にあまり見せ場のない試合だったけれど、育成落ちした高浜くんがホームランで意地を見せたのはちょっとうれしかったね。

Image_20200212083701

Image22_20200212083701

 15時前に試合が終わって、例年ならもう全体練習は終了となるのだけれど、ガッツがコーチとして戻ってきた今年のファイターズは、ここからさらに練習が続く。打撃練習の時も待っている時間を無駄にせず、水の入った袋をかついだり、裸足でマットの上でトスバッティングとか、いろいろ工夫されていて、見ている分にはおもしろいけれど、選手はかなりしんどそうだ。新練習の効果がどう出るのか楽しみだね。

Image23_20200212083701

Image19_20200212083701

Image5_20200212083701

Image6_20200212083701

Image7_20200212083701

 午後はなんとかお天気も持ってくれて、17時近くまで練習を堪能して、漁港の駐車場まで海辺を歩く。お酒も飲んで4510JPYのお寿司はぜいたくではないぞ問題、補聴器で世界が変わってよかった問題など検討しながら58号線でオクマへ。

 さっそく大浴場へ行くと、さっきまで名護で練習していた海老原くんと石川亮くんの姿が。2人とも本来は国頭組だけれど、紅白戦ということで今日は名護へ呼ばれていたのだ。

 高卒7年目の石川くんと大卒~BCリーグ経由2年目の海老原くんは同級生のようだけれど、今日の反省など、石川くんがいろいろとダメ出し。これが、説教モードで熱く語るんだけど、実におもしろい。ちょっとここへ書けないような話も多いけれど、海老原選手は、見た感じのとおりのキャラだね。サインも全然わかってないみたいで、湯船の縁に座って、石川くんのサイン講座も始まったよ。後から、難波くんともうひとり入ってきたのだけれど、巻き込まれないように早々に退場してしまった(^^)

 湯上がりは、今日も潮風のラウンジ。スパークリングワイン、赤ワインをいただいてから、和食処いじゅに転戦して、お肉をじうじうと焼いて、充実の1日をしめくくり、早々に就寝。

Image16_20200212083701

Image8_20200212083701


 

2020/2/7:ANA旅作で行く♪オクマリゾート&ファイターズキャンプ(1)

◆横浜→那覇→名護→国頭:くもり時々あめ一時はれ:12153歩:横浜の最低気温=0.0度/名護の最高気温=22.0度

 5時起床。この冬一番の冷え込みの中、薄着で駅までかけこむ。風がないので助かった。京急で羽田空港へ。荷物検査が厳しくなっていて、保安検査場で上着を脱がされる。ラウンジでおこわをいただいて搭乗、機内でkecoさんと合流して、今年も恒例の沖縄キャンプツアーのスタートだ。

Image4_20200210112901

 向かい風でたっぷり3時間かかって、那覇空港到着。おなじみのトヨタレンタカーさんへ。やはりアジアの方がまったくいないようで、空いていて、受付もすぐに終わった。

 那覇空港道から沖縄道を北へ飛ばすけれど、早くも雨がパラパラ。例年のことながら、今年も空模様に一喜一憂することになりそうだ。

 おなじみの名護漁港に到着する頃には、かなりの雨。シャトルバスもほとんどお客さんがいない。待望の新球場へ到着したものの、どうやら、午後は室内練習になってしまったようで、選手はほとんどいない。こちらもきれいになったブルペンで佑ちゃんだけ見て、球場の見学は明日のお楽しみとして、早々に撤収。

Image_20200210112901

Image8_20200210112901

 球場グルメは今イチな感じだったので、近くの宮里そばさんへ。特に下調べして行ったわけではないのだけれど、地元の人気店のようで、もう2時近くだというのに、ひっきりなしにお客さんが入ってくる。ソーキそば600JPYは、素朴な味で美味しい。なぜかカレーとスパゲッティがあって、スパゲッティには、トーストがつくらしいのだけれど、食べてる人は見当たらなかった。

Img_4187

Image10_20200210112901

 美味しいお蕎麦で一息ついていると、外は豪雨に。。。漁港の駐車場に着く頃には、靴の中もびしょびしょでテンションいよいよ下がる。

 本部半島や古宇利島へドライブする気分にもなれず、58号線で国頭へ直行。すると、今度は、雨が止んで薄日も差してきた。せっかくなので、チェックイン前に、選手も御用達という、Seaside Cafe LUANAへ。海辺で夕陽を眺めながら、パンケーキとグァバジュースをいただくと、リゾート気分も高まってくる。

Image3_20200210112901

 おなじみのオクマリゾートさんへチェックイン。今年は、プラチナ早トク・連泊割とやらで、グランドコテージさんに泊まれる。毎年いろいろなタイプのコテージに泊まっていて、いまだにお部屋のランクの違いはよくわからないのだけれど、今年のプランは、専用ラウンジが使えるとのことで、これはちょっと楽しみだ。

Image9_20200210112901

Image7_20200210112901

Image6_20200210112901

 サンセットを見届けて、おなじみの大浴場を堪能してから、潮風のラウンジへ。夕方の時間帯は、フリードリンクの他に、アンティパストが提供ということで、さっそく、ビア、スモークサーモン、サラミなどつまんで満喫。これはいいね。

Image1_20200210112901

 20時から居酒屋おかめさんに転戦。ホテル内のレストランでは一番リーズナブルということもあって、いつも予約がとれないのだけれど、金曜夜というのに今年はガラガラ。やはりアジアからのお客さんが激減して、リゾート全体がかなり空いているような感じ。元々ここはのんびりしたリゾートだけれど、今年は、特にゆったり時間が流れる感じだね。ラウンジでけっこうつまんでしまったので、フーチャンプルー、海ぶどうなどをつまみに、シークァーサーサワーなどいただいて、早々に就寝。

Image2_20200210112901

Image5_20200210112901


 

2019/9/24:ファイターズ2019シーズン回顧

◆横浜・東京:はれのちくもり時々あめ:11238歩

 ラグビーも盛り上がってきたところで、今日1日でパ・リーグの全順位が突然確定したようなので、ファイターズシーズン回顧。

◆ピッチャーはそんなに悪くない

 ショートスターターで物議を醸したりしたけれど、上沢くん離脱、マルティネス終了の中で、有原が最多勝の活躍、金子もソコソコやってくれたし、宮西は健在で抑えには秋吉がはまった。中継ぎでは、玉井くんの成長もあったし、ロドリゲス以外の外国人が活躍しない中で、まぁまぁよくやったといえる。

 ただ、来年以降への若手の底上げとなると、今季1軍を経験した吉田くん、北浦くんなどもまだまだ時間かかりそうだし、期待の田中くんは、イースタンでも勝てなくなってしまった。大卒組も今ひとつぱっとしないので、伸びしろがあまりなさそうなが心配。堀くんも、先発なのか中継ぎかそろそろはっきりしてあげたいよね。いずれにしても、木田コーチのお腹をなんとかするのが最優先課題だろう。

◆4番が打てなすぎる。

 開幕戦サヨナラ満塁ホームラン、第2戦では起死回生の同点タイムリー。今年の翔さんはちがう!と思ったら、そこまでだった。。。2割4分の打率もさることながら、上位争い佳境の大事な時期や連敗で苦しいときに、まったく打たない4番ではチームも浮上しないよ。最後はいっぱいになったけど、ベイがGに迫ったときなんて、筒香は打ちまくったものねぇ。。。

 レアード放出には個人的には賛成だった。王、淺間、横尾、清宮の誰かをブレークさせるには、枠を空けないと、と思ったんだけど、全員だめ。やっぱり、枠は、空けるものじゃなくて、勝ち取らせるものなのかしらん。。。

 渡邉くん、平沼くんが育ってきたので、彼らが二遊間ならそれなりの厚みになるけれど、サードやDHは、長打力が欲しい。コンちゃんは、ホームラン2本なら3割3分打ってくれないと。

◆観戦6勝12敗1分。

 チーム成績以上に今年は観戦成績が悪かった。6勝といっても最初の4試合で3勝してるから、その後は、3勝12敗。それも先制されて、そのままあっさり終了という無気力な負けが多くて、敗戦処理に井口、西村という試合が多くて、見ていてあまりおもしろくなかった。来年は五輪に伴う変則日程で、東京ドームが少ない分、沖縄やら静岡やら鹿児島やら遠征候補は多い。監督の去就もまだ不明だけれど、とにかく、各地に足を運びたくなるような楽しいシーズンにして欲しいね。

 東京 3勝7敗

 札幌 2勝1敗1分

 横浜 1勝1敗

 西武   1敗

 千葉   1敗

 熊本   1敗

 

 

2019/9/12:田中賢介東京ドームラストゲーム快勝♪

◆横浜・東京:くもり:9420歩:横浜の最高気温=28.4度

 7時起床。野菜ジュース、ハムエッグ、鮭フレーク、漬物、豚汁、玄米。

 ZOZOの前澤氏も隠居表明。月旅行に専念とはすばらしいね。

 東証続伸を確認して、ディアナでお当番。少し秋の空気が混じっているようにも感じられるけれど、涼しいというほどでもないと思ったら、午後からさらに涼しくなってきた。閉店間際にお客様が来てくれてノーフォーラはまぬがれる。

 横浜駅でシウマイ弁当を購入して、東海道線、中央線、総武線と乗り継いで今日も水道橋。田中賢介の東京ドームラストゲーム。なつかしい映像が流れて、デビュー当時の監督だった大島康徳さんから花束贈呈。本人は、6番DHでスタメン。今日は絶対勝つぞ!!

Image1_20190913101601

Image2_20190913101601

Image3_20190913101601

Image4_20190913101601

◇2019/9/12:○F 4-2 E(東京)

 初回、淺間くん2ベースから大田選手2ランで先制。しかし、期待の先発の北浦くんがぴりっとしない。正直、まだ1軍レベルではないと思う。拙攻に助けられて、なんとか3回1失点だけど、内容はかなりひどい。

 3回裏にまた上位打線で追加点。押せ押せのところで、翔さんは、しょぼい犠牲フライだけど、結果的にはこの1点が大きかった。

 北浦くんに見切りをつけて4回から玉井くん。不運な当たりもあって1点とられて2点差。まだ5イニングある。宮西、石川、秋吉までにあと2人。村田か井口かと思ったら、なんと西村だよ。しかも上位打線。。。もはやこれまでかと思ったが、西村くんが奇跡的に踏ん張るよ。

「選手が弱気だとか言っておきながら、あんたの方が弱気じゃないか!」

 とkecoさんに喝を入れられる。まったくもっておっしゃるとおりだ。。。実は、今日のブログも負けた時のタイトルだけ決まってるんだよね。。。

 点数の割にやたら長い試合でどうなることかと思ったけど、5回以降、急に早くなった。安楽も打てず、青山も打てず、久保も打てず。せめて、久保くらいは打ってほしかったよね・・・

 6回公文、7回宮西。ピンチを招くけど、ゲッツゥーでしのぐ。さすがだね。8回石川直くん。昨日がよすぎたので心配だったけど、上位打線3人で討ち取る。すばらしい!

 8回裏、翔さんが地味に四球を選んで、賢介に回してくれたけど無念。でも、フルカウントまで粘ったので、何度も賢介コールして、何度も応援歌を歌えたよ。「僕らは待つよ輝く瞬間♪」ホント、ずいぶん待ったけど、北の大地へ行って、バントも上手くなって、守備も上手くなったら、打率もどんどん上がって、レギュラーつかんだらチームも日本一。常勝ファイターズの中心選手として、すばらしいシーンをたくさん見せてくれたよね。お疲れさま。

Image6_20190913101601

 そして9回、秋吉がリベンジで締めてついにはむほー!!!観戦試合勝利はなんと6月のハマスタ以来だよ・・・今季東京ドーム最終戦、賢介東京ドーム最終戦、勝って終わってホントによかった。終わりよければすべてよし。ドームの外は涼しい秋の風。今年の野球は終わり。ラグビーの季節♪

Image7_20190913101601

Image8_20190913101601

 

 

2019/9/11:今日も今日とて弱すぎる。。。

◆横浜・東京:くもり時々はれ夜雷雨:9090歩:横浜の最高気温=32.2度

 運動して、野球観戦して、昼ビア、寝ビアということで、さすがに6時近くまで熟睡。野菜ジュース、鮭、たくわん、豚汁、納豆、玄米、コーヒー。

 空は曇っているものの、今日もかなり暑くなりそう。残念ながらスカイスパは今日も休業。ラ・クーアというテもないわけではないけれど、スカイスパじゃないと、ラウンジにPC持ち込んで事務処理っていう気分にはならないものねぇ。。。仕方がないので、東京マーケットワイドを見ながら、自宅で事務処理、遠征の計画を済ませて、水風呂。東証続伸7連騰。出遅れていた商社などが上昇して、リートの下げをおぎなう。

 後場も順調に始まったところまで見届けて、東海道線で上京。八重洲地下街へ出て、久々に但馬屋さんで野菜の補給。牛豚ミックス、120JPYしかちがわないから200gにしちゃったけど、150gで十分だった。たっぷり野菜をいただき、〆のうどんに、コーラ、コーヒーまでいただいて、これで、税込み1290JPY。しかもカード払い。儲けがあるのか心配になるよ。。。

Image1_20190912112701

Image2_20190912112701

 今日も懲りずに東京ドーム到着。何やら黒い雲が立ち込めてきたけれど、まだだいぶ早いので、久々に野球殿堂博物館へ。ファイターズデーということで、ファイターズ関係の展示がいつもより増えているようだ。殿堂入りした方々のレリーフも、ファイターズ関係者には、リボンがついているのだけれど、張本さんはまぁいいとしても、上田監督とか、落合はねぇ。。。

Image3_20190912112701

Image4_20190912112701

Image9_20190912112701

Image10_20190912112701

Image11_20190912112701

Image12_20190912112701

Image13_20190912112701

Image14_20190912112701

Image15_20190912112701

◇2019/9/11:●F 1-3 E(東京)

Image17_20190912112701

 イーグルスは則本。絶好調とまではいえないかもしれないが、やはり渡邉くん、清宮くんあたりでは、全くタイミングが合わず格の違いを見せられる。一方、加藤くんも好投。しかしながら、ブラッシュに一発。

 1点が重くなりかかってきた6回、西川くんヒット、牽制で誘い出されて万事休すかと思ったら、これがボーク!近ちゃんタイムリー!これしかないというところでつながって同点。しかし後が続かず。

 追いつけば、石川直、宮西と投入して3人ずつで片づけて、8回裏。ブセニッツの乱調につけこんで2死満塁で清宮くん!則本よりは打てるのではないか?ここは、満塁ホームランでも叩き込んで鬱憤を晴らそう!と期待したけれど、セカンドゴロで終了。

 9回表、秋吉。島内に四球は痛い。バントの下手なオコエに決められたのも痛い。しかし、ここで浅村を敬遠しちゃダメだよ。左の銀次も怖いじゃないか。それにまだ裏があるんだから1点と2点の差も大きいよ。案の定、銀次2点タイムリーで終了。万事休す。采配が全体に弱気すぎるし、選手も弱気すぎる。3ボールからでも果敢に打ちに行って1494安打目を放った賢介を見習ってほしいよ。

 1ヶ月前のマリーンズ戦のVTRを見ているような連敗で観戦6連敗。まぁ、この時期、目標のあるチームとないチームの差は露骨に出るものだけれど、明日はいよいよ賢介最後の東京ドームだよ。何とかしてくれ!

Image18_20190912112701

 

2019/9/10:あいもかわらず弱すぎる。。。

◆横浜・東京:はれ:9306歩:横浜の最高気温=34.2度

 例によって、未明に目が覚めてツイッターをチェックすると、スカイスパの男性浴場の天井に水が溜まって、屋根も落ちて、今日は休業だという。今日も1日暑くなりだし、メンズデー割引で1日ゆっくりしながらラウンジで事務処理でもしようと思っていたのに遺憾である。しかも、メンズデーは今月で終了(ということはもう終了)で、来月からは、消費税相当分以上の値上げだという。あまりにもあんまりである。

 仕方がないので、ジェクサーに行って、1000m。52.6kg。天やで昼ビア。

Image1_20190911093701

 東証6連騰。朝イチで指値するも買えず。一方で、リートはちょっと頭打ち感が出てきた。

 夕方から上京。今日から今シーズン最後の東京ドーム3連戦。たまったファンポイント引き換えで2階自由席へ。

Image2_20190911093701

Image3_20190911093701

◇2019/9/10:●F 2-10 M(東京)

 あまりにもあんまりだった前回の東京ドーム3連戦から1ヶ月。連敗ストップ後にまた連敗。オリ以外にはほとんど負けている。

 先発のロドリゲスは、立ち上がりなかなかいい感じに見えたのだけれど、2回に四球後にホームランでもったいない2点。そして、kecoさんが到着した4回に盛大に崩れて終了。井口も火に油を注ぎ、西村。今シーズンの東京ドームは、いつも西村、ということは、いつも負けてるということだ。。。

Image4_20190911093701

Image6_20190911093701

 あまりにもあんまりすぎて、特に書くこともないのだけれど、9回には、翔さんと渡邉くんが交錯して、翔さんが脳震盪で退場。こんなどうしようもない消化試合で怪我とは目も当てられない。ホント、たまにはいい試合、いやなんでもいいから勝ちゲームがみたいよ。たのむよ。。。

Image7_20190911093701

Image8_20190911093701

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録