« 1/27:源泉と離れのお宿「月」(2) | トップページ | 1/29:ハンドボールの時代は来るか? »

2008/01/28

1/28:ミソもクソも

◆横浜・東京:くもりのちあめ

 NHKの職員のインサイダー取引疑惑。本当ならば大問題であり、きちっと処罰してもらいたい。だけど、どうして会長が辞めなくてはいけないのかがよくわからない。勤務中の犯罪といっても、組織の犯罪ではなくて、個人の犯罪である。以前、オリックスの前川の無免許ひき逃げで球団社長が頭を下げるのはおかしいと書いたけれど、また同じことになっている。今回の場合、橋本会長は、その他の問題もあって、どうせ辞める予定だったので、責任をとった形にして世間の批判を少しでも和らげようと考えたと思われるが、謝る必要がないことで謝るのはよくない。
 その後の報道となるともうめちゃくちゃで、勤務時間中に株取引をした職員が何人、株取引をしたことのある記者が何人いるとか全然関係ないことばかり。勤務時間中の株取引がよいか悪いかは、所詮は、NHK内部のルールの問題で、世間に迷惑をかけるわけでもなく、NHKの規程で処分すればよい。基本的には、私用電話をしたとか、携帯でプライベートのチケットの予約をしたとか、ちょっと買い物にでかけてしまったとかと同じレベルで、インサイダー取引の悪さに比べたらゴミみたいなものだ。まして、記者が株取引の経験があるかないかなどは、まったくもってどうでもよいことで、むしろ一度も株取引のないような人が経済記事を書いているようではまずいのではないかと思う。
 こういう重箱の隅をつつくというかトンチンカンな方向にばかり話を持っていくから、昨年の株価の上昇率が、主要国でビリから2番とかなるわけで、本日もまた暴落。今月は、給料よりも含み損の発生の方がはるかに多い。あまりにもあんまり。

|

« 1/27:源泉と離れのお宿「月」(2) | トップページ | 1/29:ハンドボールの時代は来るか? »

コメント

会長がやめるのは無限責任=無責任体系の変奏で、精神構造と危機に直面した時の対応は戦前とほとんど変わっていないとうんざりする一方で、これを個人の問題とあっさり切り捨ててよいものかどうかは疑問の残るところだと思います。インサイダー情報にアクセスできる状態にありながら、発表前に簡単に外部と連絡がとれて売買ができるような状況を放置していることにも全く問題はないとはいえないのでは?組織に属しているからこそ情報を知り得る訳で、そういう情報を扱える以上、組織も相当厳重に注意しておかなければならないのは当然で、全く組織上の問題がなかったかというと、そんなことは無いのでは?と思います。個人の判断に任せている時点で脇が甘いと言われても仕方が無いです。

日本市場がもはや誰からも相手にされなくなりつつあるのは明らかですが、閉塞的状況は全く改善しそうにないですね。マスコミと共に沈没するしかなさそうです。

投稿: ぐんぐん | 2008/01/29 17:29

マスコミほどでなくても、普通に仕事をしていれば、たいていの人はインサイダー情報を入手する機会はありますし、携帯で株が買える時代ですから、管理しろといっても無理だと思います。管理できないからこそのインサイダー情報であり、だからこそ、インサイダー取引の罪は重いということではないでしょうか?

投稿: しんちゃん | 2008/01/29 22:11

完全に管理はできないでしょうし、企業価値を毀損するようなコストはかけられないでしょうが、普通はそんなことがオープンになると会社の株価が下がって訴訟問題になるので、経営者は何らかの事前策を打っておくのが普通です。(NHKは上場していないですが・・・)

投稿: ぐんぐん | 2008/01/29 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/17879310

この記事へのトラックバック一覧です: 1/28:ミソもクソも:

« 1/27:源泉と離れのお宿「月」(2) | トップページ | 1/29:ハンドボールの時代は来るか? »