« 3/9:美女と勝利の余韻 | トップページ | 3/15:パ・リーグ2008展望 »

2008/03/12

3/12:権力闘争のその先にあるもの~政治は楽しくなるか?・3~

◆横浜・東京:はれ時々くもり

 先週末から、「小説吉田学校」を再読。もう10回以上読み返しているのだけれど、何度読んでもおもしろい。どうしても吉田・池田・佐藤という吉田学校ラインを肯定的に読んでしまうのだけれど、今回、第2部をゆっくり読んだら、やはり、鳩山、三木、河野、岸という人たちも大したものである。この時代、権力闘争はすさまじいものがあるし、だからなのか、緒方竹虎や河野一郎のように、これからというときに死んでしまう人もいるし、石橋湛山のように病気になってしまう人もいる。あるいは、池田勇人のように完全燃焼して死んでしまう人もいるし、大平さんのように選挙中に突然死んでしまう人もいる。これは、竹下登くんの周辺で秘書が怪死したりするのとは違う。ただ、この時代、すさまじい権力闘争の一方で、権力を得た後には、それぞれの内閣は、やりたいことをしっかりやっていた。講和条約、日ソ共同宣言、安保改定、所得倍増、沖縄返還、日中国交回復。目的があるからこその権力闘争であったはずだ。三角大福中あたりから、権力闘争ばかりで何をやりたいのか怪しくなってきたが、小泉さんは、郵政民営化、安倍くんは、憲法改正、よいか悪いかはともかく、一応やりたいことはあった。しかし、福田氏は、親子二代揃って何をやりたいのかさっぱりわからない。
 日銀総裁人事不同意。制度がそうなっているのだから、何も気にすることはない。気に入らない人には反対すればいい。前回副総裁就任のときにも反対しているのだから、今回賛成したら、前回は、反対のための反対だったということを認めることになってしまう。ちなみに、小生、政策的なことはよくわからないが、あの顔は、中央銀行総裁には、あまりふさわしくないのではないかと思っている。
 それにしても、明日衆議院で同意の議決をするのは意味不明で時間の無駄だ。そんなひまがあったら、政府・与党は、次の人を探すべきで、まして、もう一度同じ人事を出すなんていうのはバカにしている。
 日銀総裁の空白を作る責任を野党に押しつけるのはおかしい。たかだか1週間やそこら日銀総裁が空白になったとしたって、あと1年も福田氏が首相をつとめることのマイナスに比べれば微々たるものだ。ガソリンの値段が一時的に混乱したって、そんなものは大したことないのも同じことだ。基本的に、政府・与党の権力が圧倒的に大きく、野党に打てるテは限られているのだから、倒閣のためにかなりのことをしても許されるべきだと思う。問題は、小沢氏が政権をとった後の1年間が、このまま福田氏に1年任せるのに比べてわが国にとってプラスになるかどうかである。
 道路特定財源問題、防衛省問題、株価の暴落、とにかく末期的な状態になってきた。福田氏では解散はできないし、だからといって、このまま任期満了したら大敗は必死。総辞職して麻生氏で選挙というのが自民党に残された最後の手段だろうか。しかし、いざとなったらウルトラCを使うのが自民党の強さ。気がついたら小池百合子首相なんていうのもありえないとは言えなくなってきた気がする。
 グータンヌーボを見て就寝。

|

« 3/9:美女と勝利の余韻 | トップページ | 3/15:パ・リーグ2008展望 »

コメント

空白期間を作ってもオペには影響しないでしょうし、マーケットを混乱させた方が、首相が去る確率は上がるかもしれませんが、異常事態に何一つ決められない国というレッテルは貼られるでしょうし、一度「For Sale」というラベルが貼られたら、はがしてもすぐに売りは止まらないでしょう。日本が沈没する方が相対的に他の国のプレゼンスが上がるので、他の国にしてみれば願ったりかもしれませんが。

どうして1年の間にこんなにダメになってしまったんでしょう。

投稿: ぐんぐん | 2008/03/13 01:57

元々ダメだったとはいえ、どうして1年の間にこんなにダメになったかといえば、やはり首相が代わったからとしかいいようがありませぬ。とにかく福田氏が終了しないことには何も始まりませぬ。森喜朗くん以下でしょう。

投稿: しんちゃん | 2008/03/16 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/40479682

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12:権力闘争のその先にあるもの~政治は楽しくなるか?・3~:

« 3/9:美女と勝利の余韻 | トップページ | 3/15:パ・リーグ2008展望 »