« 3/30-31:砂漠でスキー!のち海水浴~須田鷹雄と行くドバイワールドカップツアー・第4、5日~ | トップページ | 4/2:おなか大終了 »

2008/04/01

4/1:たかがガソリン~おだやかなエイプリルフール~

◆横浜・東京:はれ時々くもり

 昨日は、22時半すぎに帰宅。NHKの福田首相会見でも見ようかと思うと、その前のミニ番組で、星新一のショートショートが始まった。アニメありドラマ仕立てありの3本でなかなかよかったのだが、「ボッコちゃん」って、あんな話だったっけ?確認しようと思ったら、初期の作品は全巻持っているつもりが一部行方不明とは遺憾。
 23時から福田首相会見の録画。誰に何を謝っているのか理解できず。ガソリンが下がることそのこと自体を謝るのは、おかしいのではないか。もっと他に謝ることがいっぱいあるだろう。
 休み明けだが気持ちを切り替えて新年度のスタート。いつものように「おはよう日本」をつけると、担当が島津アナに代わっている。前任の首藤アナも十分よかったのだけれど、つながるテレビとかいうつまらん番組から朝の表舞台に戻ってきてくれたのは、すばらしい。
 暫定税率期限切れ。パニックなんて起こるわけないと思っていたけど、やっぱり起きなかった。福田首相も認めたようだ。実際、ニュース9のトップは、北の大地の地吹雪でしたからね。
 そりゃあ、まわりをにらみながら何度も値段を変えるガソリンスタンドや、安いところへ並ぶクルマは出たけれど、その程度のことは、制度が変わるときはつきもので、消費税率アップなんかに比べれば些細なことである。現に、今日からは、後期高齢者医療制度なんていうのもスタートして、それだって多少の混乱はあったはずだ。いずれにしても、2000年問題しかり、ペイオフしかり、何かを変えるかどうか議論するときに、制度の是非を論じるのはよいけれど、変えることによるパニックを大げさに論じるのはやめていただきたいものだ。
 今回のガソリン減税、経済学的にもおもしろい実験になるはずなので、季節変動要因などもあるので難しいとは思うが、この4月の経済指標から効果をいろいろと測定して欲しいものである。個人的には、一種のお祭り効果としての景気刺激効果というのは案外あるのではないかという気がする。少なくとも地域振興券とか、2000円札よりは余計なお金やルールがいらないのだからよっぽどマシではないかと思う。
 ちなみに今日の時点では、昨日までに仕入れた高いガソリンなので、25円下げるのは体力勝負の面もあって、どっかの特定財源と特殊法人みたいのを活用して、それを救済するようなつまらん融資制度をまた考え出したらしいけれど、もうそういうくだらないことに役人の知恵とお金を使うのはやめてもらいたい。供給サイドと消費者サイドって、単純に分けられるものではないとは思うけれど、あまりにも視点が供給者に向いていると思わざるを得ない。仕入れへの課税と販売のずれがあって、今日から25円下げられないなら、再議決で税率が上がった翌日から25円上げられないことになるだけで、同じことである。公正取引委員会あたりが、談合や不当廉売の基準を示す程度で十分なはずだ。
 ファイターズが勝って、読売も負けておだやかなエイプリルフール。疲れがでたのか、朝からお腹が上も下も終了なので早めに帰宅。ヤクルトを飲んでヨーグルトとおかゆを食べて早々に就寝。

|

« 3/30-31:砂漠でスキー!のち海水浴~須田鷹雄と行くドバイワールドカップツアー・第4、5日~ | トップページ | 4/2:おなか大終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/40724244

この記事へのトラックバック一覧です: 4/1:たかがガソリン~おだやかなエイプリルフール~:

« 3/30-31:砂漠でスキー!のち海水浴~須田鷹雄と行くドバイワールドカップツアー・第4、5日~ | トップページ | 4/2:おなか大終了 »